-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年04月02日

GnoMenu - consolidated menu for gnome

GnoMenu - consolidated menu for gnome in Launchpad

Ubuntu通信
UbuntuのテーマをカスタマイズしMac風にする方はいても、Vista風にする方は少ないと思います。
メニューの表示方法上、Gnomeだと難しいからでしょう。
KDE4ならVista風にするのは簡単ですが、それではKubuntuになってしまいます。
どうしてもGnomeパネルのUbuntuでVistaにしたいとうい方の為のアプリケーションの紹介です。

ダウンロード先はこちら。launchpad.net/gnomenu

Gnomenuのプログラムとテーマをダウンロードします。debパケージですのでクリックするだけでインストール完了です。
次にプログラムの起動方法ですが、これはメニューには追加されません。


パネルのアプレットに追加されていますので、
パネル上で右クリックしGnomenuを追加します。

gnomenu_20100402
gnomenu_20100402 posted by (C)hirono-hideki

 インストールはダウンロードして解凍したtarアーカイブのディレクトリに入り、sudo make installをするだけでした。これで「パネルの追加」の選択肢に追加されていました。同じくmakeでアンインストールもできるみたいです。コンパイルは不要でした。

 debのパッケージというのは見あたりませんでした。それにVistaのアイコンも設定の選択に含まれていませんでした。



Powered by ScribeFire.




posted by hirono at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntu

2009年12月07日

easy_installインストール(Ubuntu9.10)とSubversionの問題

environment2 - Memo - Trac
curlインストール

$sudo aptitude install curl

easy_installインストール

$sudo curl -O http://peak.telecommunity.com/dist/ez_setup.py

上記コマンドを叩くと下記が表示される。

% Total % Received % Xferd Average Speed Time Time Time Current
Dload Upload Total Spent Left Speed
100 8960 100 8960 0 0 11375 0 --:--:-- --:--:-- --:--:-- 22683

最後に下記コマンドを叩いてインストール完了

sudo python2.5 ez_setup.py

docutilsインストール

Pythonで書かれたテキスト処理ツール群。 reStructuredTextという簡単な構文で、 構造化されたテキストファイルを「HTML,XMLやLaTeX」 などのフォーマットに変換することができる。

$sudo easy_install-2.5 -U -Z docutils


 「libsvn_ra_dav-1.so ubuntu」という検索をしていて、たまたま訪問したページだったのですが、「easy_install」というのを見かけて、前にもどこかで見かけすごく便利だというようなことが書いてあったのを思い出しました。その時は他に目的もあったので内容にしっかり目を通さなかったのですが、今回、googleで調べたところ、Rubyのgemや、PerlのCPANに相当するpythonのモジュールインストールツールだということがわかりました。
 先ほど、Subversionの文字化けの問題で、Subversionがpythonと深い関わりがあるということを知り、改めてpythonを見直していたのですが、今度余裕のあるときにじっくり調べてみたいと考えつつ、とりあえず、インストールだけしておきました。
 Ubuntu9.10のpythonはバージョンが2.6になっているみたいなので、その部分だけ変更して実行してみたところ、短時間ですんなりうまくいったみたいです。PerlのCPANのインストール時の出力の量と時間には圧倒されましたが、本当に簡単に入ったみたいです。

u9@u9-vmx:~/Aptana Studio Workspace/apt% sudo python2.6 ez_setup.py
Downloading http://pypi.python.org/packages/2.6/s/setuptools/setuptools-0.6c11-py2.6.egg
Processing setuptools-0.6c11-py2.6.egg
Copying setuptools-0.6c11-py2.6.egg to /usr/local/lib/python2.6/dist-packages
Adding setuptools 0.6c11 to easy-install.pth file
Installing easy_install script to /usr/local/bin
Installing easy_install-2.6 script to /usr/local/bin

Installed /usr/local/lib/python2.6/dist-packages/setuptools-0.6c11-py2.6.egg
Processing dependencies for setuptools==0.6c11
Finished processing dependencies for setuptools==0.6c11
u9@u9-vmx:~/Aptana Studio Workspace/apt% python -c "import svn.repos"

Traceback (most recent call last):
  File "<string>", line 1, in <module>
ImportError: No module named svn.repos

u9@u9-vmx:~/Aptana Studio Workspace/apt% sudo easy_install-2.6 -U -Z docutils
Searching for docutils
Reading http://pypi.python.org/simple/docutils/
Reading http://docutils.sourceforge.net/
Best match: docutils 0.6
Downloading http://prdownloads.sourceforge.net/docutils/docutils-0.6.tar.gz?download
Processing docutils-0.6.tar.gz
Running docutils-0.6/setup.py -q bdist_egg --dist-dir /tmp/easy_install-dTAl7K/docutils-0.6/egg-dist-tmp-Y3E4si
zip_safe flag not set; analyzing archive contents...
docutils.writers.newlatex2e.__init__: module references __file__
docutils.writers.odf_odt.__init__: module references __file__
docutils.writers.html4css1.__init__: module references __file__
docutils.writers.pep_html.__init__: module references __file__
docutils.writers.latex2e.__init__: module references __file__
docutils.writers.s5_html.__init__: module references __file__
docutils.parsers.rst.directives.misc: module references __file__
Adding docutils 0.6 to easy-install.pth file
Installing rst2html.py script to /usr/local/bin
Installing rst2s5.py script to /usr/local/bin
Installing rst2latex.py script to /usr/local/bin
Installing rst2newlatex.py script to /usr/local/bin
Installing rstpep2html.py script to /usr/local/bin
Installing rst2xml.py script to /usr/local/bin
Installing rst2pseudoxml.py script to /usr/local/bin
Installing rst2man.py script to /usr/local/bin
Installing rst2odt.py script to /usr/local/bin
Installing rst2odt_prepstyles.py script to /usr/local/bin

Installed /usr/local/lib/python2.6/dist-packages/docutils-0.6-py2.6.egg
Processing dependencies for docutils
Finished processing dependencies for docutils

 赤い色がコマンドの実行です。紫にしてあるのは、前の問題の部分です。この問題のために調べ物をしていました。
 RailsをSubversionで管理したところ、Ubuntu同士だと問題は起きないのですが、さくらインターネットだと不具合が発生します。さくらインターネットのサーバにSubversionのリポジトリを作成し、Ubuntuでコミットする分には問題ないのですが、同じさくらインターネットのサーバの中から、チェックアウトとし、編集してコミットするとUTF-8の日本語を受け付けず、コミットが出来ないばかりかリポジトリが壊れました。少し前まで、同じような作業をしていても問題は起きなかったのですが、一度、Ubuntuからコミットするときに日本語を使ったためでしょうか、そのあたりからおかしな現象が起こるようになりました。
 もともとさくらインターネットのサーバでは、svnコマンドを使うと¥233¥278というような文字化けが起きていました。調べると、環境変数LANGの値を「ja_JP.UTF-8」ではなく、「UTF-8」にすれば直るということが書いてあり、確かに文字化けはしなくなっていました。
 それでかれこれ3ヶ月ほど問題もなく使っていたのですが、Aptana(たぶんEclipseも同じ)のプラグインでSubversionを使うようになってから、おかしいことになったみたいです。
 「ja_JP.UTF-8」で文字化けを起こすのは同じですが、「UTF-8」でコミットを試みると、pngやjpegの画像ファイルをバイナリではなく、テキストとして認識し、エラーで拒絶するようになりました。
 これをコミットから除外すると、こんどは日本語のテキストを、ASCIIではないと拒絶するようになったのです。
 どうもSubversionの日本語の取り扱いはpythonが行っているらしいというところまで、わかってきたところでした。

 そもそもさくらインターネットのサーバでの、Subversionのインストールは不完全なのです。svnadimコマンドでリポジトリを作成し、クライアントとしてチェックアウトとコミットがとりあえずはできるという、方針でインストールしている人が多いようで、完全にインストールしたという記事は見つけることが出来ず、かなり難儀みたいでした。

 まだまだ調べる必要がありそうですが、このeasy_installを使えば、何とかなりそうな気がしています。apt-cacheで調べても、ぴったりくるようなパッケージ名は見あたらず、変なものを入れてしまって依存関係が壊れるというのも怖いので、よく調べてから実行したいと考えています。

 日付が変わっていますが、昨日の6日に、古いパソコン(Ubuntu8.04)を起動させて、AptanaのSubversionで双方のコミットとチェックアウトを試してみましたが、問題なくスムーズにやりとりが出来ました。

 さくらインターネットのサーバの言語周りのサポートが不完全なSubversionが、やはり障害になっているみたいです。




Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntu

2009年12月01日

KDEソフトの日本語化(Ubuntu9.10)

参考:KDE関連のパッケージのインストール

sudo apt-get install kde-i18n-ja

 今回は文字がばかでかくならずにすみました。前回はKDE4系の「kde-l10n-ja」を入れていたのかもしれません。あるいは組み合わせを間違えていたのかも。
 この仮想マシンではKubuntu化はしないつもりです。標準ということもあるのでしょうか、最近はGNOMEがなにかと使いやすく感じています。KDEもよいのですが、動作に不安定さもあるような気がします。

u9-desktop-2009-12-01_0518
u9-desktop-2009-12-01_0518 posted by (C)hirono-hideki


 別の仮想マシンのKDEです。何をやったかもよく覚えていないのですが、直ったような気もします。バランス的にまだ文字サイズが大きいみたいです。

a9-desktop-2009-11-30_2039
a9-desktop-2009-11-30_2039 posted by (C)hirono-hideki

Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntu

2009年11月29日

vmware-toolsのアップグレード

vmware-tools-upgrader

 これで使えなくなっていた共有フォルダが使えるようになりました。カーネルのアップデートで影響が出るのかもしれません。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntu

余計にできたネットワークデバイスの削除

通常はPCIポートに別のネットワークカードを差し込まない限り起こりえないはずですが、VMware Playerで設定をいじっているとよく起きる現象のようです。  このままでは、ネットワーク自体は使えるものの、eth0が使えず、 # /etc/init.d/networking restart でのネットワークの再起動ができません。 解決 # rm /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules でいったん削除して、システムを再起動。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntu

2009年11月26日

KDEディスクトップ環境でFirefoxのメニューフォントの大きさを直す。(Ubuntu9.10)

http://blog.ohgaki.net/firefoxa_ra_ia_a_ya_fa_a_ca_sa
を参考にしました。

/home/ユーザ名/.mozilla/firefox/固有ID.default/chrome/userChrome.css
の末尾に、以下のコードを追加。

@namespace url("http://www.mozilla.org/keymaster/gatekeeper/there.is.only.xul"); /* set default namespace to XUL */

* {
font-size: 12px !important
}

 仮に「固有ID」としましたが、これは複数あることがあります。現在使われているものは、
/home/ユーザ名/.mozilla/firefox/profiles.ini
を開くことで確認できるはずです。

変更前
u12a-kde-firefox-1_20091126
u12a-kde-firefox-1_20091126 posted by (C)hirono-hideki



変更後
u12a-kde-firefox-2_20091126
u12a-kde-firefox-2_20091126 posted by (C)hirono-hideki


http://city.hokkai.or.jp/~hachikun/FirefoxThunderbirdFontSize.html
によると同様にThunderbidも直せるそうです。



Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntu

2009年11月24日

NoteCaseのインストールと問題(Ubuntu9.10)

【レビュー】複数のメモを階層構造で管理する - オープンソースソフト「NoteCase」 (3) NoteCaseを使う.1 | パソコン | マイコミジャーナル


次のようにインストール
a9@u9-desktop:~/works/kdisser$ sudo apt-get install notecase
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています               
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  notecase
アップグレード: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
702kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 2,122kB のディスク容量が消費されます。
取得:1 http://jp.archive.ubuntu.com karmic/universe notecase 1.9.8-0ubuntu3 [702kB]
702kB を 0s で取得しました (992kB/s)
未選択パッケージ notecase を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 166779 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../notecase_1.9.8-0ubuntu3_i386.deb から) notecase を展開しています...
desktop-file-utils のトリガを処理しています ...
shared-mime-info のトリガを処理しています ...
Unknown media type in type 'all/all'

Unknown media type in type 'all/allfiles'

Unknown media type in type 'uri/mms'

Unknown media type in type 'uri/mmst'

Unknown media type in type 'uri/mmsu'

Unknown media type in type 'uri/pnm'

Unknown media type in type 'uri/rtspt'

Unknown media type in type 'uri/rtspu'

Unknown media type in type 'fonts/package'

Unknown media type in type 'interface/x-winamp-skin'

notecase (1.9.8-0ubuntu3) を設定しています ...


 Unknown media typeというエラーが出ていますが、このためか日本語化してもトピック名に日本語の入力ができません。Fedoraなら大丈夫なんですが。他のソフトのインストールでも同じエラーが出て、やはり一部の機能に問題が出ていました。何かが足りてないような気がするのですが、調べても情報を見つけることができませんでした。
 今後の課題の一つです。

 


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntu

(ATOK X3 for Linux)デスクトップへのログイン時に、自動的にIIIMF ステータス非表示ツールを実行

[037494]アプリケーションウィンドウや入力カーソルの下に表示される[ATOK]を非表示にしたい(参考情報)
Debian GNU/Linux 4.0/Ubuntu 7.10の場合

/etc/X11/xinit/xinput.d/iiimfをエディタで開きます。
最後の行に、以下の1行を追加します。
/opt/atokx3/sample/iiimf_status_hide



ダウンロードとインストール方法
http://support.justsystems.com/faq/1032/app/servlet/qadoc?QID=037494

 自動起動のアプリに、独自のスクリプトを入れたりしたことがあったのですが、うまくいかずこれまでログインするたびに毎回コマンドを打っていました。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntu