-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年04月07日

[GIMP]床に刷り込むメタリックな文字をつくる

床に刷り込むメタリックな文字をつくる
床に刷り込むメタリックな文字をつくる posted by (C)hirono-hideki


 「インプレスムック GIMP徹底活用ガイド2010」という本を参考にしました。

posted by hirono at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

2010年04月02日

KDE高機能エディタKate

Ubuntu Weekly Recipe:第33回 テキストエディタの活用(2):Kate|gihyo.jp … 技術評論社

kate_20100402
kate_20100402 posted by (C)hirono-hideki

 今朝方、この記事を読んでkateの便利さを見直しました。コンソールの別枠ウィンドウの表示は以前使ったことがありましたが、改めて知った機能が多く、とりわけ便利に思えたのがviモードと、HTML保存でした。HTML保存はバッファを保存していない「タイトルなし」の文書でも保存できましたが、色分けされたソースコードがそのままHTMLとして保存されます。vimも同様の機能がありますが、より見やすいような気がしました。
 残念ながらスニペットの機能はないみたいで、「定型表現」というものはありますが、貼り付け用のクリップみたいです。
 プログラム言語に応じて、関数やタグの折りたたみ機能があり、これが見やすく、気に入りました。矢印ボタンに、黄色いグラデーションがかかっています。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

KDEuBlog

KDEuBlog_20100402
KDEuBlog_20100402 posted by (C)hirono-hideki

  ミニブログ用みたいです。これを試したくて、Twitterを始めました。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

Quanta+の日本語入力問題

820LL, Debian/Etch, KDE Tips
*Quantaのエディタ部でも変換中の語が取られる現象が発生するが、こちらはウィンドウメニュー>MDIモード>タブページモードを選べばその現象を回避できる。

 初めてQuanta+を使ったのは3年前ぐらいでしょうか。ちょうど正月休みの時であったと思います。そのとき、日本語入力の問題を解消できたのですが、たぶんこのページを参考にしたように思えます。
 Quanta+もずいぶん便利なのですが、開発も止まっているみたいで、使っている人もあまりいないのか、情報も少ないので残念です。HTMLの編集にはWindowsのフリーソフトを使った方がよいのかもしれません。以前かなり高機能なものを使ったこともありましたが、WindowsXP環境ではコピペが面倒(高機能なクリップボードツールもありますが)なので、マウスで範囲選択したまま中ボタンクリックで貼り付けできるLinux環境での作業がほとんどになります。

 これでゆっくり日本語を打ち込んでも、途中で消えなくなりました。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

2010年04月01日

[wine]winetricks

Ubuntu 8.04でWineを使う | ブーログ
winetricks

winetricksはWineの補助的なプログラムで、Windowsのアプリが必要とするランタイムライブラリのインストールを補助してくれるものです(マイクロソフト直接リンク)。使い方は簡単で、以下のようにダウンロードして実行すれば使えます。

$ wget http://www.kegel.com/wine/winetricks
$ sh ./winetricks

cabextractのエラーが出る場合は、sudo apt-get install cabextractを実行すればよいです。

しかしこれらの機能が上記のライブラリの設定とどう噛み合ってくるのかはなかなかわかりずらいです。いずれにしてもこれらの設定をうまく使えばいままで動かなくて諦めていたアプリも動かせるかもしれません。

 環境を変えてから使っていなかったのですが、改めてwineをインストールしました。目的はタイピングソフトを使うだけです。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

2010年03月24日

Mozilla Japan - Firefox アドオン - goo 辞書

Mozilla Japan - Firefox アドオン - goo 辞書
goo辞書で検索した語句の履歴が表示され簡単にアクセスできます。履歴は英和、和英、国語の辞書別に表示。検索回数の多い上位10件が「よくひかれる項目」として表示されます。
またページ上の文字を選択して右クリックから辞書を利用できます。


posted by hirono at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

2010年03月10日

Bulefish(HTMLエディタ)

u9-bulefish_20100310
u9-bulefish_20100310 posted by (C)hirono-hideki

 だいぶんまえからちょこちょこと使っています。日本語の使用も問題なく、めにゅー日本語化されていますが、残念ながらPHPはあるものRubyのサポートがされていないみたいです。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

Quanta

u9-quanta_20100310
u9-quanta_20100310 posted by (C)hirono-hideki

 Quantaですが、Ubuntu9.10では珍しく、日本語化されていないようです。Fedora8でも使っていますが、こちらは日本語化されています。KDEの3.5のQtをベースにしているみたいで、そのまま開発が止まっているみたいです。日本語を入力するとき、すぐに入力メソッドが切れてしまうという問題も改善されていません。よくできているところもあるので、少し残念です。

 日本語の入力などは別のエディタで行い、Shift+F5で再読込をさせたりしています。マウスのドラッグでの移動操作も安定して移動の状態がわかりやすいので気に入っています。
 Railsのerbファイルを認識してくれないHTMLエディタもあるのですが、Quantaは、シンタックスハイライトの色づけもある程度しっかりできていて、特にコメントアウトした部分が薄めのねずみ色になるのでわかりやすく、Rubyのコードも同様以上の効果があるので、視覚的にも使いやすい感じです。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

2010年02月08日

強力な無料のデフラグ・ツール「UltimateDefrag」 - 注目のフリーソフト/シェアウエア:ITpro

強力な無料のデフラグ・ツール「UltimateDefrag」 - 注目のフリーソフト/シェアウエア:ITpro
■「UltimateDefrag」はフリーソフトながら,高機能なディスク・デフラグ・ツールである。デフラグ機能に加え,よく使うファイルをハードディスクの高速なエリアに配置するなどの機能も併せ持っている。
■最初は派手なユーザー・インタフェースに驚かされるが,ディスク上の状態をわかりやすく把握しながら操作できる。ビギナーズからパワーユーザーまでにお薦めのツールである。


posted by hirono at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

2010年02月02日

ATOK X3 for Linuxでキーバインドの変更

/インストール先ディレクトリ/atokx3up2/bin/IIIMF/iiimf-gtk_trunk_r3104-js3_i386.deb

というファイルを探し出して、
dpkg -i iiimf-gtk_trunk_r3104-js3_i386.deb
でインストール。

うまくいかない場合
 これで、iiim-propertiesという起動コマンドが使えるようになるはずですが、今回はライブラリが足らなかったのか、エラーは出なかったもののなぜかコマンドがインストールされていませんでした。

tar zxvf (ATOK X3 for Linuxのパッケージディレクトリ)bin/tarball/IIIMF/iiimf-properties-trunk_r3104-js3.i386.tar.gz

 tarアーカイブを展開すると「usr/bin/iiim-properties」という実行ファイルができているので、このiiim-propertiesをコマンドサーチパスの通ったディレクトリに移動、もしくはコピー。たとえば、
sudo cp usr/bin/iiim-properties /usr/local/bin/
と実行。

 コマンドを実行すると、GUIが起動するので、そこで設定を変更。




Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

2010年01月20日

gitのリモートブランチを使った作業

gitのリモートブランチを使って作業を行う流れのメモ - 那由多屋 開発日誌
Git/リモートブランチの変更

 参考にしました。cvsやsvnでは、コミットもチェックアウトもリモートを対象に行う操作ですが、gitではローカルで管理情報を持っていて、リモートにはあくまでpushで変更点を反映させるみたいです。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

2010年01月11日

[git]gitのエイリアス

さくらインターネットで git push するとgit-receive-pack: Command not found. と言われる問題の応急処置 | 半年前の私への教科書
を参考にしました。

~/.gitconfig
[alias]
        sakura-push = push --receive-pack=/home/hirono-hideki-01/local/bin/git-receive-pack \
        ssh://hirono-hideki-01@hirono-hideki-01.sakura.ne.jp/home/hirono-hideki-01/git/git-test.git
    sakura-clone = clone --upload-pack=/home/hirono-hideki-01/local/bin/git-upload-pack \
        ssh://hirono-hideki-01@hirono-hideki-01.sakura.ne.jp/home/hirono-hideki-01/git/git-test.git

 .bashrcにコマンド全体のエイリアスを書いた方が良さそうな気もしますが、gitのコマンドと一体化するので役立つこともありそうです。「git sakura-push」というような使い方になります。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

git(ソースコードの分散型バージョン管理システム)

参考:http://apple-tart.net/dokuwiki/doku.php?id=development_tool:vc:git
   http://ja.wikipedia.org/wiki/Git

 どうもgitでは、CVSやSubversionのようにチェックアウトとという概念自体がないみたいです。cloneというコマンドがそれに相当するみたいですが、複製という意味合いが強い感じです。ローカル側からサーバのgitコマンドを操作するみたいで、git-upload-packなどというコマンドにパスが通っている必要があるみたいですが、サーバ側の.bashrcなどの設定ファイルは読み込まないので、whichでコマンドにパスが通っていてもエラーが起こる場合があるみたいです。さくらインターネットでは、インストール先の/home/ユーザ名/local/binからgitのコマンド一式を、/home/ユーザ名/binにシンボリックリンクを張ることで対処出来ました。
 覚え書きの具体例ですが、主要なコマンドだけ、色づけをしておきます。はっきりしたことは確認していませんが、 サーバではgit-test.gitのディレクトリを丸ごと消せば、何もなかった状態に戻せるのだと思います。cloneの作業ファイルは、そのまま別のリポジトリでも使えそうです。

サーバ側
[sakura git] % mkdir git-test.git
[sakura git] % cd git-test.git/
[sakura git-test.git] % ls
[sakura git-test.git] % git --bare init
Initialized empty Git repository in /home/hirono-hideki-01/git/git-test.git/
[sakura git-test.git] % ls
HEAD        config      hooks       objects
branches    description info        refs
[sakura git-test.git] %

ローカル側
u9@u9-vmx:~/tmp % mkdir project
u9@u9-vmx:~/tmp % cd project/ 
u9@u9-vmx:~/tmp/project % ls  
u9@u9-vmx:~/tmp/project % rails pj0001
      create                         
      create  app/controllers        
      create  app/helpers            
      create  app/models             
      create  app/views/layouts      
      create  config/environments    
      create  config/initializers    
      create  config/locales         
      create  db                     
      create  doc                    
      create  lib                    
      create  lib/tasks              
      create  log                    
      create  public/images          
      create  public/javascripts     
      create  public/stylesheets     
      create  script/performance     
      create  test/fixtures          
      create  test/functional        
      create  test/integration       
      create  test/performance       
      create  test/unit              
      create  vendor                 
      create  vendor/plugins         
      create  tmp/sessions           
      create  tmp/sockets            
      create  tmp/cache              
      create  tmp/pids               
      create  Rakefile               
      create  README                 
      create  app/controllers/application_controller.rb
      create  app/helpers/application_helper.rb       
      create  config/database.yml                     
      create  config/routes.rb                        
      create  config/locales/en.yml                   
      create  db/seeds.rb                             
      create  config/initializers/backtrace_silencers.rb
      create  config/initializers/inflections.rb       
      create  config/initializers/mime_types.rb        
      create  config/initializers/new_rails_defaults.rb
      create  config/initializers/session_store.rb     
      create  config/environment.rb                    
      create  config/boot.rb                           
      create  config/environments/production.rb        
      create  config/environments/development.rb       
      create  config/environments/test.rb              
      create  script/about                             
      create  script/console                           
      create  script/dbconsole                         
      create  script/destroy                           
      create  script/generate                          
      create  script/runner                            
      create  script/server                            
      create  script/plugin                            
      create  script/performance/benchmarker           
      create  script/performance/profiler              
      create  test/test_helper.rb                      
      create  test/performance/browsing_test.rb        
      create  public/404.html                          
      create  public/422.html                          
      create  public/500.html                          
      create  public/index.html                        
      create  public/favicon.ico                       
      create  public/robots.txt                        
      create  public/images/rails.png                  
      create  public/javascripts/prototype.js          
      create  public/javascripts/effects.js            
      create  public/javascripts/dragdrop.js           
      create  public/javascripts/controls.js           
      create  public/javascripts/application.js        
      create  doc/README_FOR_APP                       
      create  log/server.log                           
      create  log/production.log                       
      create  log/development.log                      
      create  log/test.log                             
u9@u9-vmx:~/tmp/project % git init                     
Initialized empty Git repository in /home/u9/tmp/project/.git/
u9@u9-vmx:~/tmp/project % git add .                          
u9@u9-vmx:~/tmp/project % git commit -m "initial commit"     
[master (root-commit) 82f37ce] initial commit                
 42 files changed, 8461 insertions(+), 0 deletions(-)        
 create mode 100644 pj0001/README                            
 create mode 100644 pj0001/Rakefile                          
 create mode 100644 pj0001/app/controllers/application_controller.rb
 create mode 100644 pj0001/app/helpers/application_helper.rb       
 create mode 100644 pj0001/config/boot.rb                          
 create mode 100644 pj0001/config/database.yml                     
 create mode 100644 pj0001/config/environment.rb                   
 create mode 100644 pj0001/config/environments/development.rb      
 create mode 100644 pj0001/config/environments/production.rb       
 create mode 100644 pj0001/config/environments/test.rb             
 create mode 100644 pj0001/config/initializers/backtrace_silencers.rb
 create mode 100644 pj0001/config/initializers/inflections.rb       
 create mode 100644 pj0001/config/initializers/mime_types.rb        
 create mode 100644 pj0001/config/initializers/new_rails_defaults.rb
 create mode 100644 pj0001/config/initializers/session_store.rb     
 create mode 100644 pj0001/config/locales/en.yml                    
 create mode 100644 pj0001/config/routes.rb                         
 create mode 100644 pj0001/db/seeds.rb                              
 create mode 100644 pj0001/doc/README_FOR_APP                       
 create mode 100644 pj0001/log/development.log                      
 create mode 100644 pj0001/log/production.log                       
 create mode 100644 pj0001/log/server.log                           
 create mode 100644 pj0001/log/test.log                             
 create mode 100644 pj0001/public/404.html                          
 create mode 100644 pj0001/public/422.html                          
 create mode 100644 pj0001/public/500.html                          
 create mode 100644 pj0001/public/favicon.ico                       
 create mode 100644 pj0001/public/images/rails.png                  
 create mode 100644 pj0001/public/index.html                        
 create mode 100644 pj0001/public/javascripts/application.js        
 create mode 100644 pj0001/public/javascripts/controls.js           
 create mode 100644 pj0001/public/javascripts/dragdrop.js           
 create mode 100644 pj0001/public/javascripts/effects.js            
 create mode 100644 pj0001/public/javascripts/prototype.js          
 create mode 100644 pj0001/public/robots.txt                        
 create mode 100755 pj0001/script/about                             
 create mode 100755 pj0001/script/console                           
 create mode 100755 pj0001/script/dbconsole                         
 create mode 100755 pj0001/script/destroy                           
 create mode 100755 pj0001/script/generate                          
 create mode 100755 pj0001/script/performance/benchmarker           
 create mode 100755 pj0001/script/performance/profiler              
 create mode 100755 pj0001/script/plugin                            
 create mode 100755 pj0001/script/runner                            
 create mode 100755 pj0001/script/server                            
 create mode 100644 pj0001/test/performance/browsing_test.rb        
 create mode 100644 pj0001/test/test_helper.rb                      
u9@u9-vmx:~/tmp/project % git remote add origin ssh://hirono-hideki-01@hirono-hideki-01.sakura.ne.jp/home/hirono-hideki-01/git/git-test.git                                        
u9@u9-vmx:~/tmp/project % git push origin master
Counting objects: 63, done.
Delta compression using up to 2 threads.
Compressing objects: 100% (55/55), done.
Writing objects: 100% (63/63), 79.40 KiB, done.
Total 63 (delta 10), reused 0 (delta 0)
To ssh://hirono-hideki-01@hirono-hideki-01.sakura.ne.jp/home/hirono-hideki-01/git/git-test.git
 * [new branch]      master -> master
u9@u9-vmx:~/tmp/project % mkdir ../git-test-work
u9@u9-vmx:~/tmp/project % cd ../git-test-work/
u9@u9-vmx:~/tmp/git-test-work % ls
u9@u9-vmx:~/tmp/git-test-work % git clone ssh://hirono-hideki-01@hirono-hideki-01.sakura.ne.jp/home/hirono-hideki-01/git/git-test.git
Initialized empty Git repository in /home/u9/tmp/git-test-work/git-test/.git/
remote: Counting objects: 63, done.
remote: Compressing objects: 100% (55/55), done.
remote: Total 63 (delta 10), reused 0 (delta 0)
Receiving objects: 100% (63/63), 79.23 KiB, done.
Resolving deltas: 100% (10/10), done.
u9@u9-vmx:~/tmp/git-test-work % ls
git-test
u9@u9-vmx:~/tmp/git-test-work % ls git-test/
pj0001
u9@u9-vmx:~/tmp/git-test-work % ls git-test/pj0001/
README  Rakefile  app  config  db  doc  log  public  script  test
u9@u9-vmx:~/tmp/git-test-work %


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

2009年12月29日

無料とは思えないぐらい多機能なアンチウイルスソフト「avast! antivirus Home Edition」

無料とは思えないぐらい多機能なアンチウイルスソフト「avast! antivirus Home Edition」 - GIGAZINE
常駐による各種ファイルのリアルタイム保護、特別な設定が不要な電子メールの常駐保護、各種メッセンジャーからの感染保護、WinnyなどのP2Pネットワークからの感染保護、ネットワーク内からの攻撃を防御するIDS(Intrusion Detection System)機能、IE・Firefox・Opera・Safari・Chromeなどの各種ブラウザで見ているページが感染していないかどうかチェックするWebシールド、差分更新による自動更新、右クリックメニューからのスキャン、スクリーンセーバー起動時にスキャン、ブートタイム検査、アンチスパイウェア・アンチルートキット、自己防衛システム、「VRDB」というウイルス修復データベースファイルなどといった各種機能をこれでもかというぐらい詰め込んでいるのがこのアンチウイルスソフト「avast! antivirus Home Edition」です。 家庭での非商用利用においてのみ無料で、Windows95/98/Me/NT/2000/XP/Vista/7に対応しており、Linux版も無料で提供されています。開発はチェコ共和国のプラハに本拠を持つALWIL Software社となっており、ソフトウェア会社がシリコンバレーになくても成功できるという生き証人的存在として非常に有名です。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

CVS (Concurrent Versions System)をEmacsで使う(pcl-cvs)

CVS コマンドを Emacs から使う方法 (pcl-cvs)



 必要が出て、久しぶりに使ってみました。基本的な使い方は上記のサイトに書いてありますが、自分はM-x cvs-statusから呼び出して使いました。

 今日の早朝まで丸二日がかりぐらいで、Railsのユーザ認証をメールで行えるように設定したのですが、さくらのサーバの方で、チェックアウトした作業ファイルを編集したのです。なかなかうまくいかなかったので、なんども作業ディレクトリを消し、チェックアウトし直したのですが、ようやくうまくいったのでリポジトリの更新、つまりコミットをしようとしたのですが、複数のプラグインをインストールしたこともあり、追加のファイルが多すぎて、どうしたものかと考えました。
 Subversionだとちょっとしたスクリプトできることなのですが、CVSだとネットで調べても方法が見つかりませんでした。そこで使ったのがEmacsのpcl-cvsです。CVSの状態が一目でわかるので、登録されていないファイルをaでフラグを立て、cでコミット、コメントの入力を求められるので、適当に書いて、C-c C-cで完了です。

 これをUbuntu9.10のAptanaでチェックアウトし直すと、ほぼそのままで(無視すべきファイルは登録してあります。)、Railsアプリが、本稼働のサーバと同じように実行できました。もっと手間取るかと思っていたのですが、すんなりいけて、時間も掛かりませんでした。restful_authenticationプラグインの導入には、難儀して(メールを使わなければずっと簡単です。)時間も大幅に費やしたので、その分浮いたような感じです。

 Emacsはさくらのレンタルサーバで、あらかじめインストールされているものを使いました。パスは/usr/local/bin/emacsになっています。バージョンは、
GNU Emacs 22.3.1 (i386-portbld-freebsd7.1) of 2009-02-02
と出ました。

コミット前
u9-pcl-cvs_20091229
u9-pcl-cvs_20091229 posted by (C)hirono-hideki

コミット後
u9-pcl-cvs-up_20091229
u9-pcl-cvs-up_20091229 posted by (C)hirono-hideki

認証メール(動作確認をかねて)
u9-yahoo-mail_20091229
u9-yahoo-mail_20091229 posted by (C)hirono-hideki

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

2009年12月26日

FenrirFS ファイル管理ソフト

フェンリル | フリーソフト | FenrirFS ファイル管理ソフト
ラベル・フィルタで自由自在。効率の良いファイル管理を体験してください。 ファイルを直接入れるだけ ファイルを直接入れるだけ デスクトップやメールソフトから、ファイルをフォルダに入れるように直接 FenrirFS にドラッグ・アンド・ドロップするだけで、簡単に素早くファイル管理ができるようになります。ファイルを FenrirFS に移すことで、スマートにファイルを管理できます。

 「2009年 窓の杜大賞」で知りました。

posted by hirono at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

タスクトレーの時計を改造するソフトTTClock

ちひろのページ - software
TTClockはタスクトレーの時計を改造するソフトです。
 TTClockは「Task Tray Clock」の略で、同種のソフトであるKazubon氏の「TClock」およびその派生ソフトとは全く異なるソフトウェアです(紛らわしくて申し訳ないです)。



 「2009年 窓の杜大賞」で知りました。

posted by hirono at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

2009年12月21日

画面動画キャプチャーソフト CamStudio 日本語版

画面動画キャプチャーソフト CamStudio 日本語版 | twk @ ふらっと

 今までこの手のソフトはLinuxで使うことがほとんどでしたが、WindowsXPで使ってみました。かなり使い易い感じです。

 動作確認でYouTubeにアップロードしました。





 VMware PlayerのLinuxも録画再生できました。


posted by hirono at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

MP4 FLV 動画再生 フリーソフト GOM PLAYER

MP4 FLV 動画再生 フリーソフト | GOM PLAYER 【ゴムプレイヤー】
FLV再生のためにインストールしました。完全無料とありますが、かなりいい感じです。

posted by hirono at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

2009年12月20日

Google サイト

home (toyamakokubai)
富山冤罪国賠を支える会



 昨夜知った「富山冤罪国賠を支える会」のホームページですが、よく見ると「Google サイト」を利用されていることに気がつきました。
 私自身、「Google サイト」でホームページを立ち上げ、メールでマスコミ関係者にもご紹介したのですが、反応があまりにも乏しかったので、やる気もなくしそのまま放置していました。そして、9月になって、「一般公開」をしないように設定変更しました。
 ずいぶんと便利な無料のサービスなのですが、ささいなところにこだわると設定の変更が出来ない部分もあり、少々不満にも感じていたのですが、やはり効率よく短時間でサイトの運営をすることが出来、いずれに違った形で、再開し、活用したいとも考えています。
 余り知られてはいないようで、利用者も多くないサービスみたいですが、グループでの管理も出来、閲覧の範囲も限定しやすく、ある面ではこれ以上ないぐらい充実したサービスだと思いますので、どんな感じかご紹介します。

 トップページです。ガジェットを埋め込む感じで編集できたと思います。HTMLのソースを直接編集することがほとんどなかったと記憶していますが、個人的には編集できない点が不満でした。最後に編集してから9ヶ月ほど経っているので、現在では編集できる項目もあるいは増えているのかもしれません。
google-sites_1
google-sites_1 posted by (C)hirono-hideki


 トップページの下の方です。
google-sites_2
google-sites_2 posted by (C)hirono-hideki


 別のホームページを埋め込んだ画面だと思います。
google-sites_3
google-sites_3 posted by (C)hirono-hideki

 添付ファイルの公開が容易です。
google-sites_4
google-sites_4 posted by (C)hirono-hideki

 サイトをツリー上に管理します。
google-sites_5
google-sites_5 posted by (C)hirono-hideki


 お知らせの管理もしやすいです。 
google-sites_6
google-sites_6 posted by (C)hirono-hideki


 サイトの更新履歴の確認です。
google-sites_7
google-sites_7 posted by (C)hirono-hideki


 ここで一般非公開の設定をしました。
google-sites_8
google-sites_8 posted by (C)hirono-hideki

 編集履歴が一目でわかります。
google-sites_9
google-sites_9 posted by (C)hirono-hideki



 普通にアクセスすると次のようにログインを求められます。
google-sites_10
google-sites_10 posted by (C)hirono-hideki


 エクセルなどの表計算のファイルも埋め込めたと思います。
google-sites_11
google-sites_11 posted by (C)hirono-hideki

Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 18:11| Comment(0) | TrackBack(1) | ソフト

2009年12月13日

mysql-gui-tools-5.0-r17-win32.msiのダウンロード

MySQL :: Select a Mirror

 mysql-gui-tools-5.0-r17-win32.msiのダウンロード

 いちいち、
net start mysql
net stop mysql
とコマンドを打って、起動・停止するのもやりきれないのでダウンロードしました。ずいぶん懐かしい気持ちになりましたが、タスクトレイのアイコンとかちょっと変わったみたいです。


posted by hirono at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

CygwinのMySQLクライアントとRailsのMySQLドライバのインストール

cygwinのperl設定方法 - comput_ventureのジオログ - Yahoo!ジオシティーズ
./configure --prefix=/usr/local/mysql --without-server --without-libedit


 昨日(12日)は長い時間、このコンパイルにてこずっていましたが、この記事のおかげで、夕方にようやくうまくいきました。WindowsXPにMySQLをインストールしたのは、その前の晩でしたが、WindowsXPにMySQLをインストールしたのは、2,3年ぶりのことで、CygwinからMySQLにログイン出来ず、とまどっていました。

 普通に、
mysql -u root -p
で、コンソールからログインを試みると、そのままプロンプトが返らず、待機状態のようになっていました。また、 あとでわかったのですが、Cygwinへのインストールがうまくいき、MySQLからパスワード要求の表示が出ても、ログインできませんでした。それはlocalhostだとMySQLがUNIXソケットとしての接続を試み、それで失敗していたみたいです。
 いずれにせよCygwin内部からMySQLに接続できないことには、RailsのMySQLドライバがインストールできず、WindowsXPにインストールしたMySQLのサーバとは別に、CygwinにMySQLのクライアントをインストールする必要があるとわかりました。
 しかしながら、ソースコードのコンパイルがうまくいかず、「--without-libedit」というオプションを付加したことでうまくいったみたいです。configureは事前の環境設定のようなもので、必要なライブラリの存在などをチェックする作業のはずですが、これまでに経験のないぐらい長い時間が掛かっていました。
 configureでエラーが出なければ、makeでコンパイルを行いますが、これはそれほど長くなく、30分もかかっていないかもしれません。Emacsのコンパイルでも1時間は掛かっていたので、比較的短く感じましたが、通常はmakeでエラーが出なければ、短時間ですむはずのmake installも結構時間が掛かっていました。
 もっともCygwinなので、Linuxのコンパイルと比較するのが相当ではないのかもしれません。

 2,3年ほど前はjavaのMySQLドライバを使うことが多く、Cygwinからも普通にMySQLにログインしていたはずですが、何が変わったのか、コンソールからの接続でも、
mysql -h 127.0.0.1 -u root -p
のように、localhost以外のホスト指定が必要で、さくらインターネットのサーバ以外で、こんなオプションを使ったのも、初めてのはずです。
 Railsではありませんが、RubyのMySQLドライバもインストールして使ったことがありましたが、やはりこのようなホスト指定のオプションを使った覚えはありません。

 とにかく最近のWindowsXP版のMySQLでは、TCPソケットというものを使っているようです。
 とにかく、これで、MySQLのドライバが次のようにオプションをつけることもなくgemからインストールできました。
gem install mysql

 効果があったのかわからないのですが、ユーザの登録の方も、localhostとは別に次のように127.0.0.1をホスト名として作成しておきました。
grant all on データベス名.* to ユーザ名@127.0.0.1 identified by'パスワード';

 あとは、Railsのdatabase.ymlですが、これも自動生成された雛形自体、Linuxとは少々違ったものになっていて、次のようにすると、うまくいきました。
development:
  adapter: mysql
  encoding: utf8
  reconnect: false
  database: データベース名
  pool: 5
  username: ユーザ名
  password: パスワード
  host: LOCALHOST


 LOCALHOSTという大文字は、こちらを参考にしたのですが、127.0.0.1でも接続できました。
 Scaffoldで作成したテーブルで、テストをしましたが、日本語の扱いも大丈夫でした。もっとも本稼働のサーバにあわせて文字コードをUTF-8のままにしてあるので、コンソールからログインしたMySQLでは、????になっています。
 デフォルトで文字コードは次のようになっています。MySQLではdatabaseごとに文字コードの指定も出来るはずですが、当面Rails以外でMySQLを使うことはないので、このままでも不都合はなさそうです。
 しかし、よく考えてみると、database.ymlで「encoding: utf8」という指定があるので、MySQLをsjisにしておいても、大丈夫なのかもしれません。いずれにせよ、Railsで作成したデータをコンソールで見ると、文字化けしていそうですし、へたなことをすると、文字コードが壊れる場合もあるみたいです。

mysql> show variables like 'character_set%';
+--------------------------+---------------------------------------------------------+
| Variable_name            | Value                                                   |
+--------------------------+---------------------------------------------------------+
| character_set_client     | latin1                                                  |
| character_set_connection | latin1                                                  |
| character_set_database   | utf8                                                    |
| character_set_filesystem | binary                                                  |
| character_set_results    | latin1                                                  |
| character_set_server     | utf8                                                    |
| character_set_system     | utf8                                                    |
| character_sets_dir       | C:\Program Files\MySQL\MySQL Server 5.1\share\charsets\ |
+--------------------------+---------------------------------------------------------+
8 rows in set (0.00 sec)

posted by hirono at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

2009年12月12日

Aptana Studio(WindowsXP)

http://d.hatena.ne.jp/dodoya/20080331/1206958255
http://mosquito7.blogspot.com/2009/01/cygwin-rails.html

 主に上記二つのサイトを参考にさせていただきました。WindowsXP版では、AptanaとRadRailsが一緒になっているみたいでした。
ダウンロードサイト

 Rails本体のインストールは、Cygwinが入っているので、結構楽でしたが、gccのコンパイラも必要みたいなので、Cygwinがないと難しいか、あるいは無理なのかもしれません。
 注意点は、WindowsXPの環境変数で、/usr/binにコマンドサーチパスを通しておくことぐらいでしょうか。あとはLinuxとあまり変わりがなかったと思いますが、環境やバージョンによって、いくつか問題の起きうることも同じだと思います。ある程度の開発環境が整っていないとうまくいかないので、調べてそろえる必要がありますが、ネットで調べれば情報は見つかりやすいはずです。

 LinuxのAptanaとは、見た目にも少し違いがありますが、使ってみた感じ、Linuxより動作も速く安定しているような気がしました。もっともUbuntu9.10固有の問題もあるのかもしれません。
 たとえば、Ubuntu9.04のときには、起きなかった問題ですが、ダイアログボックスのOKボタンが反応しないという現象があり、オプションをつけて起動する必要がありました。それでも、チェックボックスのON、OFFの状態が見た目にわかりにくく、レ点にはなっていません。

 ありがたいのは、WindowsXP版でも言語環境の標準がUTF-8になっていることです。3,4年前、WindowsXPのEclipseでUTF-8を使うと、様々な場面で問題が起きた記憶があるのですが、改行も含め、いまのところ、問題なく使えているようです。

 KompoZerでファイルを編集したためか、Xボタンが出ていますが、問題なく動作はしているみたいです。
xp-RadRails
xp-RadRails posted by (C)hirono-hideki

posted by hirono at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

2009年12月11日

WYSIWYG HTMLエディタKompoZer

KompoZer - downloads

 Ubuntu9.10にインストールしました。初めapt-getでインストールしたのですが、メニューが英語のまま。以前にも日本語化するプラグインをインストールしたことがあったので、少し調べると今年の1月30日付の記事で方法が書いてあるサイトがみつかりました。
 しかし、プラグインのインストールに失敗する。さらに調べると、どうやら新しいバージョンには対応していないようでした。
 KompoZer - downloadsには、日本語のインストーラーがあったのでダウンロードしました。
 ダウンロードしたkompozer-0.8b1.ja.gcc4.2-i686.tar.gz を解凍すると、実行ファイルがあり、そのまま使えました。


Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

2009年12月02日

Eclipse Galileo (3.5.1) 日本語化言語パック (サードパーティ版)(Ubuntu9.10)

nlpack.eclipse.galileo-SR1-I200911271200 - blanco Framework Wiki - blanco Framework - SourceForge.JP

 apt-getでEclipseをインストールしました。いつの間にかバージョンが上がっていて、インストールされたのは3.5.1でした。

インストールの方法は、これまでと同じですが、zipを解凍したディレクトリに入り、次のようにプラグインをコピー。
%sudo cp -r features/* /usr/lib/eclipse/features/
%sudo cp -r plugins/* /usr/lib/eclipse/plugins/

起動時の初期化 %eclipse --clean

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

2009年11月30日

bkrename 0.9.1(ファイル名を一括変更)

bkrename - BK class

 WindowsXPを再インストールしましたが、変更したのはCドライブだけで、他のドライブはそのままでした。元のドライブの中に入れていたのですが、そのまま使えました。レジストリは使っていないみたいです。

 まだ使っていないのですが、Linux版もあるみたいです。



posted by hirono at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

2009年11月24日

VMware Playerで仮想マシン切り替えのホットキーを変更

ttt: VMware Playerのhotkey(Ctrl + Alt)を変更する
C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\VMware\preferences.ini とかにあります。 このファイルをテキストエディタで開いて、 pref.hotkey.shift = "true" pref.hotkey.control = "true" pref.hotkey.alt = "true" と書き足すと、hotkeyが、Ctrl+Shift+Altになります。

 前からに気になっていたので、調べたところ情報が見つかりました。
 すぐには有効にならなかったのですが、念のためホストのWindowsXPを再起動してから設定し直すとうまくいきました。VMware Playerの特徴として、稼働中に設定ファイルを変更しても、自動的に内容が書き換わってしまう場合が多々あります。
 スワップファイルとの同期がなされているのかもしれません。
 それと、今回気がついたのですが、仮想マシンを起動中に強制的に終了させると、サスペンドの状態になり、再度起動させると元の状態に復帰するようです。そういえば、設定メニューの中で、「サスペンド」という箇所がありました。メモリの状態を、ファイルに保存し、それを読み込むようです。
 これが災いして設定の変更が有効にならないこともありますが、OSの再インストールの時は、vmx、vmdk以外のファイルをすべて削除しています。それでもキャッシュされた情報が残っているのか、うまくいかないことがありました。

 おかげさまで、ゲスト側でCtrl+Altが使えるようになりました。Fedoraで試したところ、ターミナルの端末はCtrl+Alt+F1に割り当てられた一つだけで、Xのグラフテック画面はCtrl+Alt+F2になっていました。これで、Xがおかしくなっても、ターミナルからログインして、再起動できそうです。

 Ubuntu9.10だと、Xのグラフテック画面はCtrl+Alt+F7で、これまでのLinuxと同じで、複数のターミナルが起動していました。

posted by hirono at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

2009年11月18日

シンプルなテキスト・HTMLエディタ Crescent Eve (フリーソフト)

シンプルなテキスト・HTMLエディタ Crescent Eve (フリーソフト)

 見た目はシンプルですが、HTML編集に特化しているみたいです。タグや属性の自動補完が出来ます。さらにページ内の入力済みキーワードでも補完候補が出るみたいです。定型文補完(スニペット)も出来ますが、登録は10件までみたいで、内容を判別する見出しも付けることが出来ないみたいです。

posted by hirono at 00:05| Comment(1) | TrackBack(0) | ソフト

2009年11月17日

It's All Text! 1.3.1

ダウンロード&インストール
https://addons.mozilla.jp/firefox/details/4125

http://d.hatena.ne.jp/algochem223/20090319/1237472043
 文字化けを起こしたので、上記URLを参考に変更してみました。It's All Text!はこれまでUTF-8が標準のLinux環境で使っていたので、文字化けの問題は起きなかったのです。「Shift_JIS」を指定しています。
 WindowsXPでの使用です。テキストエディタに「Crescent Eve」を使いました。


posted by hirono at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

2009年11月16日

WindowsXPでのjavaのインストール

http://www.java.com/ja/download/manual.jsp

Windows 7/XP/Vista/2000/2003/2008 オンライン

をダウンロードして、ファイルをダブりクリック。

 実に簡単でした。この記事はxfy Blog Editorで書いていますが、javaが必要でした。今まではjava開発環境をインストールすることが多く、開発環境にはjavaの実行環境も含まれていたのですが、今回は実行環境(jre)のみです。

posted by hirono at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

2009年11月12日

vym - view your min<マインドマップ>

vym - view your mind プロジェクト トップページ - SourceForge.JP
 メニューも全部英語で、おまけにネットでも日本語の情報が少なく、手こずりましたが、なんとかある程度の使いこなしは出来そうになりました。便利な機能が沢山あるみたいなのですが、英語ばかりなので使いこなせそうにもなく、ちょっともったいない感じです。

 Texへのエクスポートが出来るのですが、プリアンブルは生成されず、別のTexファイルからimportというかたちになるみたいです。Texのスタイルがarticleになっていないので、文書スタイルとして変換も必要になりました。たぶんBoookスタイルになっているように思われます。スクリプトで置換をすればなんとかなりそうです。

 先に試していた「kdissert」では本格的なプリアンブルが生成されるものの、日本語の扱えないpdflatexでコンパイルする仕様になっていて、プリアンブルをplatex用に置き換えても、Texコードが勝手に変換されて不具合の起こることがあり、困っていました。こちらでは、本文中のコードだけが生成されるので、あとあと面倒の起こる可能性は少なそうです。

f8-vym_20091112
f8-vym_20091112 posted by (C)hirono-hideki

kdissertとの比較
http://sourceforge.jp/magazine/07/08/08/0053253

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

2009年11月11日

FreeMind

FreeMind 0.8.1 を Ubuntu "Gutsy" にいれてみた - morphine diary

 以前何かで見たおぼえのあるソフトです。プロジェクト管理なんかに使うんじゃないかと思われます。今回たまたま見付けて、試しにインストールしてみました。用途によって便利に使えそうです。動作も軽快です。まだ何も使い方を調べていませんが、適当にやってみました。


freemaind--1_20091111
freemaind--1_20091111 posted by (C)hirono-hideki

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

2009年10月20日

[wine]Wineで使うランタイム等を簡単インストール

Linux Mint 7: winetricks - Wine で使うランタイム等を簡単インストール | 221B Baker Street
ほとんどの人が知っているように Wine は Linux 上で Windows 用アプリケーションを実行するために使われます。しかし、実際使うにはいつも面倒がつきまといます。例えばインストールしたい Windows 用アプリケーションが Wine 導入時に導入されないランタイムやアプリを必要とする場合ネット上で探しまわらなければなりません。例としてはマイクロソフトのコアフォント、Internet Explorer、DCOM 等があります。そこでこの記事では Linux Mint に winetricks をインストールする方法を説明します。



 こちらにまとめてわかりやすく書いてありました。コピペもさせていただきました。

 paraflaを起動させる上で必要と思われるのは、次ぐらいではと思われます。wsh56jsなどはいらないのかもしれません。MS コモンコントロールはFlashをインストールする上で必要でした。

 suzukaをインストールしたという記事も参考にしたのですが、
http://d.hatena.ne.jp/acaaN/20090911/1252670341

 どちらも起動はするもののすぐにクラッシュしてしまいます。Suzukaの場合は一時的に、日本語の入力も出来ました。

  • comctl32 - MS コモンコントロール 5.80.
  • comctl32.ocx - MS comctl32.ocx + mscomctl.ocx, comctl32 wrappers for VB6.
  • corefonts - MS Arial, Courier, Times fonts.
  • mfc40 - MS mfc40 (Visual C++ 4.0 の Microsoft Foundation Class).
  • mfc42 - MS mfc42 (上の vcrun6 を参照).
  • wsh56 - WSH 5.6.
  • wsh56js - WSH 5.6, jscript only, no cscript.
  • wsh56vb - WSH 5.6, vbscript only, no cscript.
  • native_mdac - odbc32 + odbccp32 をオーバーライドする.
  • winxp - Windows のヴァージョンを XP に設定.


 Flashは、Adibeのサイトから Flash Player 10 for Windows Internet Explorerをダウンロードし、次のようにインストールしました。

wine install_flash_player.exe


 VB6のランタイムは、
http://hirono-hideki.sblo.jp/article/33050360.html
の記事にあるものをインストールしました。これもwineコマンドに、exeの実行ファイルを引数で渡すだけです。winetricksで入れたVB6のランタイムだとダイアログボックスのメニューが文字化けしていました。comdlg32.ocxが入らないのが原因かもしれません。


 フォント周りは次のページを参考にさせていただきました。
http://d.hatena.ne.jp/kakurasan/20070620/p1


Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

2009年10月17日

無料セキュリティソフト「AVG Anti-Virus 9.0」日本語版公開

無料セキュリティソフト「AVG Anti-Virus 9.0」日本語版公開 -INTERNET Watch
 株式会社コージェンメディアは15日、オランダのAVG Technologiesが開発したセキュリティソフト「AVG Anti-Virus Free Edition 9.0」日本語版を公開した。同社サイトから無料でダウンロードできる。対応OSはWindows 7/Vista/XP/2000。64bit版もサポートする。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト