-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年06月10日

報道、特に捜査機関側の情報に依存した報道が裁判員に強く影響を及ぼす危険性

2010-06-08 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」[セミナー・シンポ]日本刑法学会第88回大会(東北大学)

午後のワー クショップでは、「裁判員裁判と報道」をのぞいてみて、報道、特に捜査機関側の情報に依存した報道が裁判員に強く影響を及ぼす危険性等について、改めて考える機会を得て勉強になりました。

 こういう警鐘を鳴らしている人は、弁護士以外にも沢山いるはずで、ちょこちょこ見かけることがありますが、私の発信している情報に関心を持つ人はほとんどいないようです。情報を公開する私の側から見ればが基本的なところは、平成15年当時と変わっていません。

 情報公開の場として、よりよい場を構築しており、ほぼ出来かけています。コンテンツ(内容)の入れ物としてのコンテナを作り、それを運ぶコンベアの連携を強化しているところです。コンテナという言葉を聞くと、私は真っ先にTomcatのjavaサーブレットコンテナが頭に浮かびますが、今日は落合弁護士のブログで、そのコンテナについても理解を深める記事に出会えました。

 数年前、個人サーバでTomcatのjavaサーブレットコンテナを使って情報公開をする準備を進めていましたが、結局頓挫し、その前に個人サーバで使っていたPHPで動く、XOOPS Cubeでその機会を得たというのも、不思議な巡り合わせという気もしています。WebアプリにおけるPHPの技術にも高い定評があることは存じておりましたが、これまで使う機会もなかったからです。

 ちなみにFaceBookもPHPを使っているみたいです。また、現在のことは確認していませんが、gooのブログもPHPで動いているみたいでした。javaのサーブレットならURLの外見はなんでも偽装できそうです。以前試してみたことがありました。
posted by hirono at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法

2010年04月18日

新潟合同法律事務所 » 「2ちゃんねる」に対する損害賠償金を回収!

新潟合同法律事務所 » 「2ちゃんねる」に対する損害賠償金を回収!
裁判所は,名目上印税債権を持っているのはA社とされているものの,実際に印税債権を持っているのは「2ちゃんねる」の管理人だとして(つまり,A社は「2ちゃんねる」のダミ−会社だということ),出版社に印税の支払いを勧め,出版社が当方に印税を支払うということで解決することとなりました。
「2ちゃんねる」の管理人からまとまった損害賠償金を回収したのは珍しいことだと思います。これからも「2ちゃんねる」ほかの掲示板などでの被害を受けた人の権利救済のために戦っていきたいと思います。

弁護士  齋  藤   裕(新潟県弁護士会所属)


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法

2010年04月07日

【業界インサイド】映画化された袴田事件の意外な支援者 - 芸能 - ZAKZAK

【業界インサイド】映画化された袴田事件の意外な支援者 - 芸能 - ZAKZAK
 足利事件の「再審無罪」で改めて冤罪事件への関心が高まるなか、1966(昭和41)年6月30日未明に起きた静岡県清水市の一家4人殺害事件の「犯人無罪」を主張する映画が完成、5月下旬からユーロスペース(東京・渋谷)などで劇場公開される。

 犯人は元プロボクサーの袴田巌。静岡県警は、殺害された味噌製造会社専務一家に関わりがある従業員の袴田に、当初から目をつけて逮捕、拘留期限切れ寸前、自白に追い込んだ。公判で袴田は無罪を主張するものの地裁判決は死刑。以来、袴田は42年の長きにわたり死刑囚として獄につながれている。

 「BOX袴田事件 命とは」と、題されたこの映画の特異な点は、袴田を裁いた静岡地裁の熊本典道元判事が「無罪」を主張、映画製作に全面協力していることだ。

(中略)

この元裁判官の告白を、重く受け止め、広く世に知らしめるべきだと考えたのが、企画し、3億円といわれる製作費を出資した忠叡(ちゅうえい)こと後藤忠政 元組長だ。武闘派で知られる山口組系の指定暴力団を率いてきたが、堅気となって、昨年4月8日、神奈川県伊勢原市の浄発願寺で得度(出家)、忠叡は法名で ある。

 大物右翼の故・野村秋介氏との交遊が示すように、もともと政治社会などへの関心が高かったが、除籍を機に社会貢献活動に力を入れ るようになり、映画の企画制作はその一環で、取り調べを録画録音する可視化も、冤罪防止のために訴えている。また、後藤組の本拠が静岡県富士宮市であった ことも、背中を押した。

 再審請求は認められず、熊本の告白、「袴田巌さんを救う会」などの支援活動も実ってはいないが、死刑囚の身で42年を過ごさせるという過酷な現実が、袴田を拘禁症にし、現在、精神に変調をきたしているという。

 元判事と元暴力団組長−−立場も生きてきた背景も違うものの、冤罪への強い怒りで結ばれた。映画は完成、テーマは重いが、正義や権力の“正体”を問い、「命とは何か」を深く考えさせられる内容となっている。



Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法

2010年04月06日

「名張毒ぶどう酒事件で、最高裁が高裁に審理を差し戻し 」:イザ!

「名張毒ぶどう酒事件で、最高裁が高裁に審理を差し戻し 」:イザ!
三重県名張市で昭和36年、農薬入りぶどう酒を飲んだ女性5人が死亡、12人が中毒症状となった「名張毒ぶどう酒事件」で、殺人罪などで死刑が確定した奥西勝死刑囚(84)が無罪を訴え、再審を求めていた裁判の特別抗告審で、最高裁第3小法廷(堀籠幸男裁判長)は、名古屋高裁の再審開始決定を取り消した同高裁の決定をさらに取り消し、審理を同高裁に差し戻した。高裁で改めて、再審開始の是非が審理される。決定は5日付。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法

2010年04月01日

「明石歩道橋事故で指定弁護士が元副署長を聴取へ」:イザ!

「明石歩道橋事故で指定弁護士が元副署長を聴取へ」:イザ!
平成13年に11人が死亡した兵庫県明石市の歩道橋事故で、神戸第2検察審査会が榊和晄(かずあき)元明石署副署長(63)について業務上過失致死傷罪で起訴議決したことを受け、神戸地裁が検察官役として選任した指定弁護士が、榊元副署長を4月中にも事情聴取する方針を固めたことが31日、関係者の取材により分かった。指定弁護士らは今年2月の選任以降、記録の読み込みなどを行っていたが、今後、強制起訴に向けた捜査が本格化するとみられる。


記事本文の続き 改正検察審査会法は、「検察官と同様の職務を行う」として、指定弁護士も被疑者の取り調べなどの補充捜査を行えると規定。

 関係者によると、指定弁護士3人は、取り調べの過程を全て録音・録画する「全面可視化」用の機材を、4月中に榊元副署長の事情聴取のために使用することを神戸地検に打診したという。指定弁護士はすでに、「被疑者の人権にも配慮する」として、補充捜査に全面可視化を導入する方針を示していた。


posted by hirono at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法

2010年03月26日

歴代3社長が強制起訴されることが決まった。

「起訴議決に涙 遺族「息子と一緒に確かめたかった」 JR福知山線事故」:イザ!
 JR福知山線脱線事故をめぐり26日、JR西日本の歴代3社長が強制起訴されることが決まった。事故の原因究明と経営トップの責任追及を求め、審査を申し立てた遺族らは、神戸第1検察審査会の議決内容を評価するとともに、今後、神戸地裁で行われることになる公判に期待を寄せた。


posted by hirono at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法

2010年03月25日

「無罪教諭のわいせつ行為、2審も認定し賠償額増額」:イザ!

「無罪教諭のわいせつ行為、2審も認定し賠償額増額」:イザ!
担任だった教諭(50)=依願退職=にわいせつ行為をされたとして、千葉県浦安市の市立小学校に通っていた知的障害のある女性(18)と両親が、元教諭と県、市に計約2000万円の賠償を求めた訴訟の判決が24日、東京高裁であった。一宮なほみ裁判長は、県と市に60万円の支払いを命じた1審千葉地裁判決を変更、賠償額を330万円に増額した。


記事本文の続き 元教諭は強制わいせつ罪で起訴されたが無罪判決が確定している。民事では1審に続き刑事裁判と食い違う結論となった。


posted by hirono at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法

2010年03月24日

え゛、判検交流って法的根拠も書面による確認もないままに行われていたのか…唖然 - 情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)

え゛、判検交流って法的根拠も書面による確認もないままに行われていたのか…唖然 - 情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)
●判検交流については、最高裁から法務省に出向している裁判官は、平成21年度で29人もいる。判検交流は昭和20年、30年代というのは非常に少なく、検察からの出向も合わせて、1人、2人だったが、30年代、40年代に、だんだんふえ、40年代の後半に2けたになり、ついには、50人を超えるまでに至った。その理由は、中島政希議員によると、40年代後半になって、国を相手にした訴訟がふえ、民事に強い検事がいないので裁判官から補充するためだったという。

●判検交流については法的根拠、書面による合意はないらしい。この点、中島議員も指摘しているが、戦前は、司法省の中に裁判所もあり検事局もあったが、戦後、憲法ができて、司法権と行政権と分かれて、三権分立になった。戦前のように、知らない間に判検交流が何十人もふえていって、判事と検事が行ったり来たりしている状況なのに、法務省と最高裁で話し合った文書とか、あるいは最高裁の中で裁判官会議で決めたとか、何もないのだという。

【ヤメ蚊】判検交流が法的根拠のみならず、文書によるルールすらないまま行われていることについては、まったく、知らなかった。国が訴えられた時に、検察官では民事に台頭できないからというのなら、補充は弁護士からなすべきだろう。事件単位で依頼すれば済む話ではないのだろうか。裁判官が国側の代理人として出てくれば、同僚の裁判官はどうしても人情から国側に有利な判決を下してしまいがちとなるのは避けられない。
 中島議員も、この後、【行き来するについて口約束ですか。法務省の方から、国を相手にする訴訟が多くなって民事がわかる人がいないからちょっと検察に人を出してくれよと裁判所に頼んで、はいそうですかと、こうやって裁判所がこたえたのか。こんな口約束で三権のうちの二権の人のやりとりをやっていていいものなんですかね。私は、これは法治国家として、また憲法の建前からいって、まことにおかしな話だなと思いますね。】と痛烈な批判を加えた。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法

2010年03月20日

asahi.com(朝日新聞社):判決間に合いません 開廷2時間半前に延期 名古屋高裁 - 社会

asahi.com(朝日新聞社):判決間に合いません 開廷2時間半前に延期 名古屋高裁 - 社会
ギリギリまで頑張ったんですが、どうしても間に合いません——。名古屋高裁で19日に判決が予定されていた民事事件で、開廷の2時間半前、裁判所側の都合で突然言い渡しが延期された。先月も延期され、これで2回目。裁判長からの釈明の電話に、原告代理人の弁護士も「えっ」と絶句した。

 原告は愛知県内の女性。夫(当時37)の病死をめぐり、過労死と認めずに遺族補償年金などを不支給としたのは違法として、国を相手に訴えている。2月25日に判決予定だったが、その1週間前に延期されていた。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法

2010年03月13日

「時効改正法案を閣議決定 答申通り殺人罪は廃止ヘ」:イザ!

「時効改正法案を閣議決定 答申通り殺人罪は廃止ヘ」:イザ!
 政府は12日、殺人罪の公訴時効廃止を柱とする刑事訴訟法と刑法の改正案を閣議決定した。今国会に提出、成立すれば公布と同時に施行する。

 改正案は2月24日の法制審議会の答申通りで、人を死なせた罪のうち、殺人など最高刑が死刑の罪は時効を廃止し、懲役・禁固の罪は一部を除き期間を2倍に延長する。過去に発生した事件でも、施行時点で時効が未成立の事件には適用する。


 先ほど報道番組ZEROでやっていましたが、殺人未遂は適用されないそうです。


posted by hirono at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法

2010年03月01日

昨年の起訴人数約1200人のうち判決まで行けたのはたった138人

2010-02-21 - 銀座のマチ弁(弁護士遠藤きみのブログ)
最近お会いした元検事さんとの会話です。

 私「昨年の起訴人数約1200人のうち判決まで行けたのはたった138人、1000人以上の人が拘置所で年越し、酷過ぎますよ。こうなることは、裁判所の人たちは、皆判っていたはずなのに・・・。」

 元検「検察庁だって同じですよ。誰も、きちんとできるなんて思っていませんでしたよ。」


posted by hirono at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法

毎晩,官舎に戻るのは11時半頃,床に就くのは3時近く,朝出かけるのは,7時前

2010-02-22 - 銀座のマチ弁(弁護士遠藤きみのブログ)
 熊谷支部では,民事と家事の担当でしたが,前任者から引き継いだ民事の単独事件が345件というすさまじさだったため,毎晩,官舎に戻るのは11時半頃,床に就くのは3時近く,朝出かけるのは,7時前ということで,同じ建物のほかの入居者の方々と顔を合わせるのは,月1回の草取りの時くらいでした。


posted by hirono at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法

2010年01月12日

民事法律扶助制度で生活保護受給者は原則償還猶予・免除

民事法律扶助制度で生活保護受給者は原則償還猶予・免除されることになりました|新見の弁護士☆ブログ
本年1月より,民事法律扶助制度において,生活保護受給者は,立替金が原則償還猶予・免除されることになりました。 但し,援助の結果経済的利益が得られた場合(損害賠償が判決等で認められた場合など。)には,免除されませんので,ご注意を。 新規案件については,援助申請時に,生活保護を受給していれば,事件終結時まで償還が猶予され,事件終結時に生活保護を受給しており,かつ経済的利益が得られなければ,立替金の償還が免除されることになります。

 全然知りませんでした。知らないところで制度というのは変わっていくものです。テレビでも新聞でも見かけませんでした。

posted by hirono at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法

「法律扶助制度」

新見の弁護士☆ブログ
民事法律扶助とは、収入・資産が少ない人が,弁護士に相談する際に無料で法律相談を受けることができるよう,法律相談料を援助をしたり,弁護士に依頼する際の弁護士費用の立替え払いを行う制度です。 法律相談料については,無料になりますが,弁護士費用については,立替金を原則として,月々分割で返還していくことになります。 なお,先日書きましたが,生活保護受給者は,立替金の返還が猶予・免除されます。 月々の分割は,原則1万円で運用されています。収入が低い方は5,000円でも認められる場合もあります。

 制度についてわかりやすく書いてありました。

posted by hirono at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法

2010年01月07日

当時は法曹と言えば中央大で、司法試験の合格者も一番多かった。

受験と私:第3回 「チョコとチーズでストレス発散」 大橋充直さん(検事) - 毎日jp(毎日新聞)
 「受験」には苦労したクチです。中学、高校と受験を経験し、大学は一浪して早稲田大。司法試験も8回受けました。弁護士になりたかったので、(司法試験に受かる以外)他に方法がありませんから。大学受験の本命は、実は中央大でした。当時は法曹と言えば中央大で、司法試験の合格者も一番多かった。自分の偏差値では、ぎりぎり合格ラインでしたが、一浪してもダメだった。早稲田は、受かるといいなと思って受けたんです。




 偶然見つけた記事ですが、「ハッカー検事」として知られているそうです。そういえば、「ハッカー検事」という言葉は以前一度見かけた気もするのですが、4,5年前だったような気がします。

 中央大学出身の司法試験合格者が多いとは以前見かけていましたが、これほどだったとは少々意外でした。なんとなくのイメージでは早稲田の方が格上と思っていました。ただ2,3年前は早稲田大学の司法試験合格者が多く、はっきり覚えていませんが東大を抜いて1位だったような気がします。

 中央大学ですが、年々前になるでしょう。5年から10年前ほどの間だと思いますが、中央大学の出身者が初めて最高裁の判事になったというニュースを見かけたこともありました。ニュースになるぐらいですから、東大との格差も歴然としているのかと、なんとなくイメージしていました。

 東大と言えば、昭和の時代と比べればそのブランド力のようなものは比較にならないほど落ちていると思います。以前は、雲上であり畏敬の念を持って眺めるはるか向こうの世界だったという思いがありますが、最近の若い人には想像するのも少し難しいかもしれません。まるで神話のような存在だった、といっても過言ではなさそうな気がします。

 ちなみに、東大生はかなりの割合で、精神に病的な問題があるとも言われていました。



Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法

2010年01月05日

事件処理の過程をオンラインと連携する刑事司法情報システム

donga.com[Japanese donga]
2010年からは裁判の手続きが分かり易くなる。インターネットで事件を処理する電子訴訟時代が本格的に始まる一方で、家庭内紛争を住所から近いところで解決できるよう、家庭裁判所も全国に拡大される見通しだ。 最高裁判所は、今年から検察などの捜査機関とともに、捜査や裁判、刑の執行など、事件処理の過程をオンラインと連携する刑事司法情報システムを本格的に稼動する。今年2月まで試験運営したあと、3月からは南部地裁で適用される。これを通じて、誰でも、オンラインを通じて事件の処理結果を一目で確認することができるようになる。 またいつ、どこでもインターネットで訴訟書類を提出する電子訴訟の時代が幕開けする。判決文を電子文書を送達し、裁判過程での期日の通知や答弁書などもオンラインで行われる。最高裁は、今年、特許訴訟を始めに11年には行政訴訟と個人回生・破産、12年には民事訴訟と、順次電子訴訟を導入する計画だ。

 韓国のお話みたいです。ボ2ネタで知りました。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法

2009年12月20日

権力犯罪を生む富山の心的風土(美谷克己)

スミヤキスト通信ブログ版 : 氷見冤罪事件国賠訴訟
 詳しくは(首尾よくことが運べば、だが)国賠訴訟においてその経緯が明かされることになるだろうが、警察・検察の立場に立ってみれば、氷見冤罪事件は避けようと思えば避けられた事件であったように思われる。しかし、捜査当局はなぜか踏みとどまることはせずに突っ走ってしまった。  ひとり暮らしであった柳原さん宅の電話の通話記録によって、氏が犯行時刻に自宅で電話をしていたという蓋然性が極めて高いという有力なアリバイがある。物証であるパスケットシューズのサイズが柳原さんの足と極端に違う。また、柳原さんが氷見署に逮捕拘留されていた最中にも管内および近隣で同一犯と思われる全く同じ犯行様態の事件が発生している。  あるいは、この種の事件では当然行っているはずのDNA鑑定によっても柳原さんが犯人でないことは分かったはずだ。(もっとも、警察はDNA鑑定については、なぜか行なったことを今に至るも明らかにしてはいない)。そのような、柳原さんの犯行とするには大きな疑問があるにもかかわらず、警察は暴走した。  マスコミは今も「誤認逮捕」という表現を使い続けている。当初はともかく、途中からは、警察は多分「シロ」としりつつ、あるいは、少なくとも、「シロ」なのではないかと疑いながらも、押し切った。取り調べ官が筋書きを作りそれに合うように自白を創作し柳原さんに強制した。従って「誤認逮捕」ではなく「確信犯的証拠の捏造」であり「でっち上げ捜査」というべきである。すなわち、警察権力が犯した犯罪である。しかも、普通では考えられないような「大胆不敵な犯行」である。  こういうことがどうして起きるのか? 自白に至る心理プロセスの検証は私の任ではないが、当地の県民性とでもいうようなことで、常々感じていることがあるのでそれを書いてみる。  私の観察によれば、富山県人の行動原理には3つの際だった特徴が見出される。すなわち、 1.事大主義(寄らば大樹の陰・長いものには巻かれろ) 2.功利主義(損か得かを最優先) 3.形式主義・権威主義(見かけ見せかけが大事)  富山県における社会や政治にまつわる事象のほとんどはこの観点から分析することができると私は考えている。  上のようなメンタリティーからは、庶民(被統治者)には過剰な体制順応意識が生み出されるだろうと推測することはたやすい。  親や祖父母が子どもに言い聞かせる言葉に、「カタイもんになっとろ!」というのがある。 「カタイもん」とは「いい子」という意味であるが、単純にものごとの良し悪しをいうのでなく、目上のもののいうことに従順であれ、ということである。この教訓はいまも現役である。子どもだけでなく、むしろ大人たちに対してこそ、潜在意識も含めてしっかりと機能している。目上のものの言うことに従順に従っていれば利益にもなるし、世間体もいい。  そのことは反射的に、役人(権力者)がわにおいて愚民視とパターナリズム(父権主義)を生むであろうことも見やすい。上の三原理が貫徹している社会は支配する側にとっては非常に都合がいい、支配しやすい社会である。(この原理の淵源をどこに求めるかについては、加賀藩の統治政策や近世の浄土真宗の影響力など、手がかりは多くあると思うが、これも私の手に余ることなので深入りすることは避ける。)  強権的な統治者ときわめて従順な被統治者。目上の人間から、白いものを黒いと言われれば、さほど抵抗なく「はい、黒うございます」という回路に嵌っていく素地は既にあるのである。  一般的に(特に外部と遮断された異常な肉体的心理的状況に追い込まれた時などには)「自白の心理学」ともいうべき心的機制はもちろん存在するだろうが、特殊富山県的に、上のような機微もまた存在するだろうというのが私の考えである。  そういう心的風土に加えて、警察情報は絶対外部に漏れることはないという、情報コントロールに対する絶大な自信があるから、「大胆な犯行」はだんだんエスカレートすることになる。  そういう点から言えば、富山県にはもっと多くの自白強要による冤罪事件が存在するのではないかと疑う必要がある。 Tags:柳原浩 氷見冤罪事件 国賠訴訟

 なかなか参考になる点があるのでご紹介しました。同じ北陸でも石川県とは比較するのに難しい点もあるような気がしますが、「かたいもん」という言葉は、石川県にもあるし、昔はよく耳にしていたような記憶もあります。

posted by hirono at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法

147名という大弁護団が結成されて訴訟に臨むことになった国家賠償請求

スミヤキスト通信ブログ版:柳原浩
 柳原浩氏は、明らかに警察・検察が無理やりでっち上げた「権力の犯罪」の被害者であるから、それによって蒙った有形無形の損害を国家賠償請求することになったのであるが、日弁連も全面的にバックアップすることになって147名という大弁護団が結成されて訴訟に臨むことになったのである。  8月19日が第一回弁論期日なので、それまでに何とか本を出版しようということになり、地元富山の桂書房が発行を引き受けるといいうことから、私も少しお手伝いすることになったのである。(といっても、最近は原稿のやり取りは全てネットでやるので、たいしたことをしたわけではない。)  また、原稿は、柳原氏の書いたもの、ジャーナリストの鎌田慧氏によるロングインタビューの他、同志社大学教授(メディア論)の浅野健一氏、奥村主任弁護人や国賠ネットの支援者などに加えて、地元支援者も何人か書いている。事件の経過年表や訴状の全文などの資料も巻末に載せた。

 最近、ほとんどテレビで話題をみかけませんが、どういうわけでしょう。

posted by hirono at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法

2009年11月14日

大阪家裁書記官 事務処理を放置 28事件、戒告処分:産経関西(産経新聞大阪本社公式ニュースサイト)

大阪家裁書記官 事務処理を放置 28事件、戒告処分:産経関西(産経新聞大阪本社公式ニュースサイト)
 大阪家裁は13日、担当していた少年事件28件の事務処理を行わずに放置したとして、堺支部の30代の男性書記官を戒告の懲戒処分としたと発表した。今後、監督責任を怠ったとして主任書記官や裁判官も処分する方針。書記官は「忙しくて後回しにしてしまった」と話している。  家裁によると、書記官は平成18年9月〜21年4月、少年審判22件について、裁判官に提出する審判結果の書類を作成せず、さらに今年1月の定期点検でもこの事実を隠していた。  また、20年5月〜21年4月、別の少年事件6件で家裁調査官からの調査結果を処理せず放置した。この結果、事件の処理が6カ月〜11カ月間遅れたという。

 似たような問題は割と高い頻度で見かけますが、それだけ裁判所は忙しく、人手も足りていないということのようです。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法