-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年04月18日

日本の警察のデフォルトなので、今後も、警察が適切に動かず人が死んだり怪我をしたりする、ということは日本全国で次々と起きるでしょう。

2010-04-17 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100417-00000007-mai-soci

警察実務の現場では、この種のトラブルについて相談があっても、放置、適当にあしらう、被害届は受けない、のらりくりと対応し、そういった怠慢が重大な結果を招いたりしたら責任を回避して逃げる、というのが基本で、警察庁が騒いでも、そういった長年の悪癖は、容易には改まらないでしょうね。

面倒なことは避け、適当に、気楽に過ごしていれば、出世はできなくても、公務員なのでクビになることはない、上にへつらい下に威張り散らし自分さえ良ければ幸せ、というのが、日本の警察のデフォルトなので、今後も、警察が適切に動かず人が死んだり怪我をしたりする、ということは日本全国で次々と起きるでしょう。


posted by hirono at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

2010年04月10日

証拠不足を理由に取り合ってもらえず、警察署から出てきたのを待ち受けていたのは別の暴力団関係者だった。

「覚醒剤密売人の被告「子供と住もうと」裏家業ズルズル…」:イザ!
 検察側の冒頭陳述などによると、もともと、被告は元妻と8〜15歳の3人の子供との5人暮らし。しかし、約2年前、養育上の問題を理由に児童相談所の職員が被告宅から子供を引き取ろうとした際、これを止めようとしてもみ合いに。職員の歯が折れるなどしたため被告は傷害容疑で逮捕され、子供たちも施設入りを余儀なくされたという。

 逮捕後も家族と再び暮らす日を夢見ていたという被告は、なぜ薬物犯罪に手を染めてしまったのか。

 コンピューターソフトの開発技術を持っていた被告は、留置場で知り合った暴力団関係者の男に、経営するスナックの売り上げ管理ソフトの作成を依頼される。仕事を探していた被告はこれを快諾したが、男からの要求は徐々にエスカレート。カードの決済処理を次々と頼まれるようになり、不正請求の片棒を担がされていたことに気づいた被告は、神奈川県警に通報したという。しかし、証拠不足を理由に取り合ってもらえず、警察署から出てきたのを待ち受けていたのは別の暴力団関係者だった。

 「もうかる予定だったものがもうからなくなった。(密売人として)働いて借金を返せ、と言われました」

 こうして、被告は密売人として働きだす。“パクられ要員”と呼ばれ、摘発される危険性が高い新規顧客への受け渡しを担当。一方、“借金”は減るどころかノルマ未達成を理由に増え続け、逮捕時は「所持金もなく、服もボロボロだった」(弁護人)という。


posted by hirono at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

2010年04月06日

警察の告訴対応に不満高し|福岡若手弁護士のblog

警察の告訴対応に不満高し|福岡若手弁護士のblog
警察内のルールである犯罪捜査規範には(法律

ではない)、その63条1項に「司法警察員たる

警察官は、告訴、告発または自首をする者が

あつたときは、管轄区域内の事件であるかどうかを

問わず、この節に定めるところにより、これを受理

しなければならない。」と定めてあります。

つまり、告訴受理義務があるはずなのですビックリマーク

が、実際に告訴に赴くと対応がきわめーて鈍い。

弁護士が証拠を吟味して持参しても、結局、

コピーだけ置かされて追い返されちゃいます。

日弁連のアンケート報告は↓

http://www.nichibenren.or.jp/ja/committee/list/data/kokuso_report.pdf

50頁に及ぶのであっさりまとめてみました。

罪名は予想とおり、横領・詐欺がトップです。

出資法違反はヤミ金がらみであろうか。
不受理の理由のトップ3は「立件困難」「証拠

不十分」「多忙」と、よく聞く組み合わせ。

とはいえ、弁護士が受けた印象のトップ1が

「やる気がない」だったことがなんともはや。

起訴不起訴に関する検察審査会と同様、

告訴不受理に関する審査会の設置が提案

されていたが、わたくしもまさに同感です。

税金を使って生きている人たちは、案外、

国民に食べさせてもらっていることを忘れ

がちで、組織内の方向しか目を配ることを

しないので、民間の監視は必要だと思う

 2006-05-22の記事みたいです。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

2010年03月26日

「一度しかない人生の多くを無為にさせてしまった」と沈痛な表情を浮かべる元幹部

足利事件再審無罪 菅家さん「感無量」 逮捕から6689日「自由」(産経新聞) - Yahoo!ニュース
■「申し訳ない」 元県警幹部謝罪 

 足利事件で当時の捜査を指揮した栃木県警元幹部は自宅で「申し訳なかった」と謝罪の気持ちを口にした。

 「一度しかない人生の多くを無為にさせてしまった」と沈痛な表情を浮かべる元幹部。適正な捜査をしたという思いは今でもある。「しかし、結果的に菅家さんには大変な思いをさせた。真犯人が野放しになっており、残念だ」

 元幹部は「今までを取り返して、健康で幸せな生活を送ってほしい」と菅家さんを気遣った。

 一方、被害者の女児が連れ去られた現場近くに住む60代主婦は「真犯人の存在に市民の多くが不安を抱えている。警察はしっかりと捜査すべきだった」。

 女児が通っていた竜泉寺保育園の源田俊昭園長は、事件や再審公判について「社会の教訓とし、二度とこのような事件が起こらないようにするのが女児の供養になる」と話した。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

2010年03月20日

「必要性や合理性がないのに起訴後の取り調べを強行しており公務とは言えない」

公務執行妨害罪:不当取り調べで成立せず 神戸地裁 - 毎日jp(毎日新聞)
 覚せい剤取締法違反容疑(営利目的所持)などで兵庫県警に逮捕され、起訴後の取り調べ前に捜査員にけがをさせたなどとして、同法違反罪や公務執行妨害罪、傷害罪などに問われた雑貨商の尾谷春男被告(52)=同県明石市=に対する判決が19日、神戸地裁であった。岡田信裁判長は「必要性や合理性がないのに起訴後の取り調べを強行しており公務とは言えない」として不当な取り調べと認定。公務執行妨害罪は成立しないとし、その他の罪で懲役5年8月、罰金50万円(求刑・懲役8年、罰金50万円)を言い渡した。

 判決などでは、尾谷被告は長田署に拘置されていた09年1月25日、別件の取り調べで取調室に向かう際、同署の男性捜査員(当時35歳)の顔面を頭突きするなどし、鼻の骨を折る重傷を負わせた。岡田裁判長は傷害罪の成立を認める一方、「捜査員が先に被告の腰縄を故意に引っ張り挑発的な言動をした」と指摘。起訴後の取り調べも「被告の意思に反して取り調べ名目で呼び出した」と非難した。【吉川雄策】

 大路伸一・長田署副署長の話 判決内容を承知しておらずコメントを控える。


 「判決内容を承知しておらずコメントを控える。」とのことですが、とても奥深いものを感じました。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

2010年03月17日

「北海道警警視がスカートの中を盗撮 罰金30万円の略式命令」:イザ!

「北海道警警視がスカートの中を盗撮 罰金30万円の略式命令」:イザ!
 札幌区検は17日、女性のスカート内を盗撮したとして、北海道迷惑防止条例違反の罪で、道警の元釧路方面本部十勝機動警察隊長、佐藤清警視(60)を略式起訴した。札幌簡裁は同日、罰金30万円の略式命令を出した。

 
道警によると、佐藤警視は3月末に定年退職の予定で、休暇を取って自宅のある札幌市に戻っていた。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

2010年03月15日

巡査は「軽い気持ちで、本当に恥ずかしいことをした」と話しているという。

asahi.com(朝日新聞社):巡査、被留置者のお菓子盗み食い 被害30円、依願退職 - 社会
 被留置者が買ったお菓子を盗み食いしたとして、静岡県警は12日、磐田署の20代男性巡査を県警の服務規定違反を理由に減給10分の1(3カ月)の処分にしたと発表した。巡査は事実関係を認め、同日付で依願退職した。勝手に食べたのはチョコレートとあめ玉計5個で、被害総額は計30円という。

 県警監察課によると、巡査は同署の留置管理課監視係だった2009年8月、被留置者の菓子を回収してロッカーにしまう際、あめ玉1個を食べた。さらに、同年12月までに、チョコレート4個を盗み食いした。被害にあった被留置者は計3人という。

 被留置者が自腹で買った菓子は留置所内で食べられるが、就寝前には監視係が回収。翌日の昼食後に再び配られる仕組みとなっている。

 今年1月、別の被留置者がこの巡査が仕事中に菓子を食べているのを目撃し、「被留置者のお菓子を食べているのではないか」と別の監視係に報告した。被留置者の1人が「返してくれ」と申し出たため、巡査が同じチョコ1粒を弁償したという。

 県警は窃盗の疑いがあるとみて調査をしたが、証拠不十分で立件できなかったとしている。巡査は「軽い気持ちで、本当に恥ずかしいことをした」と話しているという。


posted by hirono at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

2010年03月09日

「奈良県警の金品受領問題 警部補が組長通じ借金」:イザ!

「奈良県警の金品受領問題 警部補が組長通じ借金」:イザ!
奈良県警の男性警部補(48)と男性巡査部長(56)が暴力団関係者から金品を受け取っていたとされる問題で、警部補が暴力団組長を通じ、組長の知人から250万円を借金していたことが9日、分かった。

 知人は警部補らの紹介で組長と知り合ったとみられ、県警監察課は、警部補が借金をした経緯や便宜供与などの不適切な関係がなかったかなどを詳しく調べている。

 捜査関係者によると、警部補は暴力団幹部を通じて、知人から200万円と50万円に分けて借金。50万円は返済したが、200万円は現在も返済していない。

 警部補と巡査部長はこれまでに現金や腕時計などを受け取った疑いがあるとして、監察課の聴取を受けた。それぞれ約3年前と約5年前、暴力団犯罪の捜査などを担当する県警組織犯罪対策2課に所属していた。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

2010年03月08日

万引の誤認逮捕相次ぐ 「目撃証言」過大評価、裏付け怠る (1/2ページ) - MSN産経ニュース

万引の誤認逮捕相次ぐ 「目撃証言」過大評価、裏付け怠る (1/2ページ) - MSN産経ニュース
 東京都足立区のスーパーで昨年12月に発生した万引事件で、警視庁西新井署は40代の女性を誤認逮捕した。同署は逮捕後約1カ月間の捜査を経てようやく「誤認」を認めたが、目撃証言を過大評価するあまり、現場に真犯人が残していた自転車の捜査を尽くさないなどの初動捜査のミスが、背景にはあった。全国で相次ぐ万引の誤認逮捕。捜査の現場で何が起きているのか。

 ■目撃証言うのみ

 足立区の事件は同月20日午後7時20分ごろ、東武伊勢崎線西新井駅前のスーパーで起きた。女が手提げバッグにコードレスアイロンなど計15点(約3万円相当)を入れて店外に持ち出す姿を警備員が目撃。駐輪場の自転車に乗ろうとした女に警備員が声をかけると、女は自転車と、被害品が入ったバッグを残して逃走した。

 警視庁によると、西新井署員が警備員に事情を聴いたところ、以前スーパーを訪れたことがあり、顔を認識していた都内の40代の女性が犯人であると警備員が名指し。同署は店の防犯カメラの映像で警備員に確認を求めたが、「間違いない」と繰り返した。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

2010年03月06日

富山県警警部補を近く釈放 「逃亡の恐れない」 - MSN産経ニュース

富山県警警部補を近く釈放 「逃亡の恐れない」 - MSN産経ニュース
2010.3.5 21:17

 女子高生につきまとったとして軽犯罪法違反の疑いで現行犯逮捕された富山県警公安課警部補坂越正明容疑者(42)について、石川県警は「容疑を認めており、身元も明らかで逃亡の恐れはない」などとして任意捜査に切り替え、近く釈放することが5日、石川県警への取材で分かった。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

2010年02月19日

■[話題]警察庁が警察相談の全件記録指示 事件防止に管理も徹底/落合弁護士のブログ

2010-02-18 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」■[話題]警察庁が警察相談の全件記録指示 事件防止に管理も徹底
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010021801000262.html

警察庁によると、これまでは警察署を訪れた相談者が話しているうちに納得して相談自体を取り下げたり、警察の所管外であるとして対応しなかった場合は、最初に受け付けた署員らだけで処理し、文書記録を残さないことがあった。

警察庁の新方針では、交番や夜間の当直も含め相談すべてを文書に記録した上、専従担当者に連絡して集約・管理する。

記事では「納得して」とありますが、日本の警察の得意技は、被害相談等で訪れた人に、何だかんだと難癖をつけ嫌々、渋々、そのまま持ち帰らせること(こういうものは、常識的に「納得」」とは言わないと思いますが、警察側では「納得」の中に入れられてしまいます)、あるいは、表面上は親切に話を聞いた振りをしておいて、その後は徹底的に放置して時間の経過の中であきらめさせることで、両者をうまく使い分けながら面倒な仕事はできるだけしない、昇進にプラスになるような、点数稼ぎになるようなことは一生懸命(一生懸命に見えるように)やる、というのが日本の警察官の基本中の基本と言っても過言ではないでしょう。桶川ストーカー殺害事件のような警察官の怠慢事例は、こういった事情の中で起きてきているものです。

警察庁が一生懸命に旗を振ったところで、こういった悪弊は現場の警察官の身体の隅々まで染み込んでいますから、一朝一夕に改めるのは無理でしょう。

文書を作成して管理、と言っても、文書を適当に書いたり、でっち上げたりするのも警察の得意技の1つである以上(桶川ストーカー殺害事件のように)、どこまで実効性があるのか、はなはだ疑問です。

警察へ被害相談等で行こうとする人は、こういった悪弊の巣窟へ行く、という意識を予め持っておくべきではないかと思います。


 なるほどと、うなずける、納得性の高いお話ですが、元検察官の評価であるだけに、いっそう複雑な思いもあります。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 03:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

2010年01月29日

影響の大きさを県民に自分のこととしてとらえてほしい

「後悔の日々…」飲酒ドライバー20人の文集(読売新聞) - goo ニュース
 講習を受け持つ県警運転管理課が、昨年1年間に県内で起きた飲酒運転による死亡事故件数が全国ワースト2位となったことを受け、「免許を取り消されたドライバーの切実な心情に触れてもらい、飲酒運転の影響の大きさを県民に自分のこととしてとらえてほしい」と、受講者の協力を得て“復刊”させた。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

「美少女フィ「美少女フィギュア万引きの警部を略式起訴」:イザ!

「美少女フィギュア万引きの警部を略式起訴」:イザ!
 土浦区検(茨城県)は28日、美少女フィギュアを万引したとして窃盗罪で逮捕された、千葉県警木更津署の元刑事1課長の警部、楠見和彦容疑者(42)=千葉県木更津市潮見=を略式起訴した。土浦簡裁は同日、罰金30万円の略式命令を出した。

 42歳で刑事課長とはかなり意外でした。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

県警の捜査に不審を抱き続けた。

「鳥取連続不審死 他殺に無念さにじます遺族」:イザ!
 乗り物好きの賢治さんと趣味が同じだった円山さん。会話を交わせば自然と趣味の話題に移ったという。賢治さんは、最愛の父の死を「水死」とした県警の捜査に不審を抱き続けた。事情を知る関係者が見つかれば会いに行き、自分の目で確かめたこともある。県警から逮捕の報告を受けたときには「遺体を目にした場面が思い浮かんだ」という。

 一方、円山さんと同居していた女性(62)は、事件後眠れない日々が続いている。2人の思い出が残るアパートを出て生活保護を受けながら暮らしているが、持病の心臓病に加え、最近はうつの症状にも苦しんでいるという。

 女性は遺影代わりのネクタイピンとセーターを前に「ごめんなさい」とつぶやいた。「主人の無念を晴らすためにも残る5人についての一刻も早い全容解明を望みます」と話した。

記事本文まで戻る



Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

不審死事案の捜査状況などについては「ノーコメント」を繰り返す、歯切れの悪い会見となった。

「鳥取連続不審死 「ノーコメント」繰り返す県警」:イザ!
 上田美由紀容疑者の逮捕を受け鳥取県警は28日、鳥取署で記者会見を開き、事件の概要については説明した。上田容疑者周辺に男性6人が不審な死をとげている疑惑が浮上してから長期間が経過したことがあってか、上田容疑者の供述内容や他の不審死事案の捜査状況などについては「ノーコメント」を繰り返す、歯切れの悪い会見となった。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

県警の捜査に不審を抱き続けた。

「鳥取連続不審死 他殺に無念さにじます遺族」:イザ!
 乗り物好きの賢治さんと趣味が同じだった円山さん。会話を交わせば自然と趣味の話題に移ったという。賢治さんは、最愛の父の死を「水死」とした県警の捜査に不審を抱き続けた。事情を知る関係者が見つかれば会いに行き、自分の目で確かめたこともある。県警から逮捕の報告を受けたときには「遺体を目にした場面が思い浮かんだ」という。

 一方、円山さんと同居していた女性(62)は、事件後眠れない日々が続いている。2人の思い出が残るアパートを出て生活保護を受けながら暮らしているが、持病の心臓病に加え、最近はうつの症状にも苦しんでいるという。

 女性は遺影代わりのネクタイピンとセーターを前に「ごめんなさい」とつぶやいた。「主人の無念を晴らすためにも残る5人についての一刻も早い全容解明を望みます」と話した。

記事本文まで戻る



Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

2010年01月24日

金沢西警察署署長のご挨拶

金沢西署長あいさつ
 今春の人事異動により金沢西署長に着任しました谷和之です。今回の異動により、約3分の1の署員が入れ替わり、新たな体制の下、署員一丸となって市民生活に不安を与える事件・事故の解決や社会的反響の大きい事件の検挙・解決に全力をあげて取り組み、住民の方々の安全と安心の確保のため、日夜署の総力を挙げて取り組んでまいります。
 金沢西警察署といたしましては、

1. 交通死亡事故抑止を目的としたアンダー50作戦の継続実施
2. 犯罪抑止活動の推進
3. 振り込み詐欺の防止                                

を重点に掲げ、管内の皆様から寄せられる、意見・要望等を受け、住民が安心して暮らせる地域作りに努めます。
 署内にあっては、融和団結、誠意・創意・熱意の三意を持ち、付加価値を付けた仕事を推進し、住民の皆様と共に歩む金沢西警察署を掲げ完全燃焼するため努力致しますので、ご支援ご指導の程よろしくお願い申し上げます。

 半年か、一年ほど前にも見ましたが、当時と内容は変わっていないみたいです。


kanazawanisisyo20100124
kanazawanisisyo20100124 posted by (C)hirono-hideki


Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

2010年01月23日

小隊長は警部補

九州管区機動隊員、上司の暴行を苦に自殺未遂(読売新聞) - Yahoo!ニュース
1月23日7時50分配信 読売新聞
 九州各県の警察官で編成する九州管区機動隊の早良小隊(福岡県警早良署)で昨年10月、男性隊員(巡査)が上司の小隊長(警部補)の暴行を苦に自殺を図っていたことが分かった。

 巡査は病院に搬送され、一命を取り留めた。小倉南小隊(同県警小倉南署)では、男性隊員が小隊長から繰り返し叱責(しっせき)され、うつ病状態になって病院で治療を受けていた。福岡県警は、それぞれの小隊長を除隊させ、傷害容疑などで調べている。

 捜査関係者によると、早良小隊の隊員は昨年10月6日午前、福岡市内の寮の自室で、手首を切って血を流して倒れていたところを同僚に発見された。病院で手当てを受け、その日のうちに退院。現在は除隊し、別の部署で勤務している。

 同県警監察官室が隊員に事情を聞いたところ、自殺を図る直前、小隊は長崎県に派遣されており、この隊員は移動中のバスの中で、小隊長から顔面を殴られ、唇を切った。担当していた無線機の通信がうまくいかなかったため、殴られたという。

 さらに宿泊先でも、酒を飲んでいた小隊長から胸ぐらをつかまれ、転倒させられたりしていた。隊員は「暴行が恐ろしかった」と自殺を図った動機を説明し、小隊長は「指導が行きすぎた」と話しているという。

 一方、小倉南小隊では昨年夏から同年10月頃にかけ、小隊長が隊員2人に対し、「お前なんかやめてしまえ」とどなったり、2人に荷物の見張り役を命じたりしていた。うち1人は精神状態が不安定になり、通院治療を受けたという。県警はパワーハラスメント(職権による人権侵害)とみて調べている。



 機動隊での話みたいですが、警部補という階級は軍隊の小隊長に相当するみたいです。隊長は警部で、警察署の刑事課長にあたりそうです。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

2010年01月22日

「警視庁警部、電車内で女性の太もも触り書類送検

「警視庁警部、電車内で女性の太もも触り書類送検 「気持ちエスカレート」」:イザ!
 電車内で女性の太ももを触ったとして、警視庁は22日、東京都迷惑防止条例違反などの疑いで、同庁訟務課の警部(45)=埼玉県上尾市=を書類送検するとともに、停職1カ月の懲戒処分とした。警部は同日付けで辞職した。  送検容疑は、1月16日午後10時半から同50分ごろの間、JR横浜駅から大崎駅に走行中の電車内で、右隣で眠っていた20代の女性の太ももをジーンズの上から触ったとしている。
 手が触れていることに気がついたが、女性が寝ていると思い、気持ちがエスカレートしたそうです。先日も警部の刑事課長が万引きで逮捕されたばかりですが、似たようなことが続くものです。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

2010年01月20日

千葉県警刑事1課長が美少女フィギュア万引き

2010-01-17 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」■[不祥事][刑事事件]千葉県警刑事1課長が美少女フィギュア万引き
 この事件は初め中日新聞で見たような気がしますが、そこに警部と書いてありました。刑事課長の役職が警部クラスというのは、初めて知りました。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

2010年01月11日

「110番通報モラルどこへ…「要望、相談」急増で苦慮」:イザ!

「110番通報モラルどこへ…「要望、相談」急増で苦慮」:イザ!
 通報内容別でみると、パトロールの要請や身内間のトラブルに関する相談など、警察に対する要望・相談が前年比4314件(32・1%)増の1万7741件と大幅に増加した。

 具体例として、「ぐれた息子を更生させるにはどうしたらいいか」「ガス欠で立ち往生している」「火災報知機の音が止まらない」−など困り事の相談や要望などで110番通報するケースがあり、利用者のモラルが問われそうだ。同課は「警察官が限りなくいるわけではない。事件事故への対応にも影響する」と、苦慮している。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

2010年01月05日

警察は無実の人を犯人に仕立て上げる怖い組織・・・

2009-12-29 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」■[話題]山口組 一般の子どもたちに「お年玉」 神戸の総本部
イメージを良くする、アップさせるということでは、この世の中は様々な人々による熾烈な闘いの場ですから、山口組もその例外ではなく、彼らは彼らなりに必死に考えて実行に移しているということでしょうね。

以前、ヤフーに勤務していた当時に、あることで、ある警察の暴力団対策担当者と会って話したことがありますが、私のことを知らないのはやむを得ないとしても、ちょっと話せばそれなりに捜査、実務経験があるという程度のことはわかりそうなものなのに、この私に(笑)、暴力団というのは市民を食い物にして生きているんですよ、などと、表面的な通り一遍のことを、いかにも自分は詳しいんだ、と言いたげに自慢げに話していて、この程度の浅さ(人を見る目のなさを含め)では、とても効果的な暴力団対策などできないだろうな、この程度で給料がもらえればお気楽なものだ、と感じたことがありました。

警察は無実の人を犯人に仕立て上げる怖い組織、山口組のおじさんはお餅やお菓子やお金をくれる親切な人たちといった、イメージ作戦での敗北にならないよう、警察も工夫が必要でしょう。



Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

一生懸命やっています、というアリバイ作り、時効成立へ向けた地ならしをしている可能性

2009-12-30 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」■[刑事事件]世田谷一家殺害 丸9年 犯人は南欧系混血か DNA型鑑定 犯人像と矛盾せず
犯人の母親か祖母が南欧出身の可能性、という程度では、雲をつかむような話で、とても犯人が特定できそうにはないですね。事件発生後何周年、というこの時期になると、この種の話題が報道で流れますが、警察が、私たちはさぼっていません、一生懸命やっています、というアリバイ作りのため意図的に流しているという疑いもあります。そういうアリバイ作りは得意な人間がそろっている組織ではあるので、徐々に時効成立へ向けた地ならしをしている可能性もあります。そもそも、今になっても「基本的な捜査をして」などと捜査幹部が言っているくらいですから、解決への道はかなり遠そうです。今頃になって、犯人は南欧系混血か、という程度の捜査しかされていないことを、亡くなった被害者が聞いたらどのように思うのでしょうか。



 元検察官のお話ですが、現役・現場の検察庁の職員も同じような目で、警察を見ているのかと、ふと考えました。


Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

2009年12月23日

警部補が「風俗ばらす」と200万円要求

「警部補が「風俗ばらす」と200万円要求 」:イザ!
2009/12/03 22:38
鳥取地検は3日、恐喝未遂罪で、鳥取県警自動車警ら隊東部分駐隊小隊長の警部補、木山浩一容疑者(39)を起訴。県警は同日、木山被告を懲戒免職とした。

 起訴状によると、木山被告は11月、鳥取市の男性に電話をかけ、風俗で遊んでいるのを公表すると脅し、200万円を要求したとしている。


posted by hirono at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

2009年12月18日

「警部補、暴力団員から借金 「200万円返せ」の電話で発覚 福島県警が処分」:イザ!

「警部補、暴力団員から借金 「200万円返せ」の電話で発覚 福島県警が処分」:イザ!
 県警監察課によると、警部補は郡山署に勤務していた平成20年3月、暴力団員からワイシャツの仕立券5万円分をもらい、組織犯罪対策課に異動した後の今年2月には同じ暴力団員から現金を借りた。便宜を図るなど見返りは行っていないという。  監察課によると、6月に郡山署に「貸した200万円をまだ返してもらっていない」と電話があり発覚。警部補は別の借金の返済に充てていた。現金は既に返済した。

 他県のことですが、現場にこのような職員がいるとなると公正な捜査を期待出来そうにありません。

posted by hirono at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

2009年11月08日

asahi.com(朝日新聞社):鳥取県警が警察官の自殺場所訂正 「署内」を「山中」に - 社会

asahi.com(朝日新聞社):鳥取県警が警察官の自殺場所訂正 「署内」を「山中」に - 社会
2009年11月7日20時23分  鳥取県で男性の不審死が相次いでいる問題で、鳥取県警は、詐欺容疑で逮捕した元スナック従業員の女(35)と交際していて、08年2月に死亡した同県警の男性警察官の遺体発見現場を「警察署内」と説明していたが、7日、県内の「山中」と訂正した。発見当時、山には雪が積もっており、警察官が首をつった状態で見つかった場所まで、この警察官のものとみられる足跡しかなかったことから、「自殺」と判断したという。

http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/508dd1f1673eda471a8823ada34168f1  1時間半ほど前、ヤメ蚊弁護士のブログで知ったニュースでしたが、関連記事のリンクも張ってなかったので、検索を掛けて調べました。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

2009年11月07日

あえてその資料を押収させ、捜査員に心理的圧力を加えることもあるとい

「弘道会捜索 捜査員の家族情報も収集…警戒強める当局」:イザ!
 捜査関係者によると、組員には捜査員への接触を禁じるなど組織統制を強化。取り調べを受ける際には完全黙秘を通し、家宅捜索では捜査員の立ち入りを拒否するなど、徹底した抵抗活動を展開している。捜査員の住所や家族に関する情報を収集し、家宅捜索であえてその資料を押収させ、捜査員に心理的圧力を加えることもあるという。  実際に押収資料の中に自分の家族の名前を見つけ、「そこまでやるのかと、愕然(がくぜん)とした」と周囲に話す捜査員もいるという。  こうした強硬姿勢に対し、捜査当局は活動資金を封じるために、供給源となる建設会社や不動産会社など関連企業への摘発を進める。大阪府警は10月に弘道会関連の在阪企業グループで幹事社を務める建設会社代表の男(54)を下請け参入に絡む詐欺容疑で逮捕し、他の関連企業の実態把握を進めている。  捜査関係者は「組の資金稼ぎが建設業や株取引といった合法的分野にも広がり、周辺者ら準構成員の認定がさらに難しくなっている」と指摘、「一般の企業活動を装った資金稼ぎを許せば、暴力団の勢力拡大につながり、今後も取り締まりを強化していかなければならない」と話した。

 近頃、暴力団関係のニュースや話題というのはネットでもテレビでもほとんど見かけたおぼえがないのですが、警察にはこういう事情もあるようです。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

2009年10月29日

警察の組織ぐるみの「過失」は明白、「組織を守る側」特有の視点

■法、刑事裁判、言語を考える
■副署長の過失は十分に構成できる/警察の組織ぐるみの「過失」は明白  検察庁の説明は納得できない。副署長は警備計画策定段階から歩道橋対策の不十分さを認識し計画の見直しを指示すべき責任があったし、事故直前にも警察署内で自らモニターで現場の状況を確認し、通信などの報告の検討を通じて事故の危険を容易に予測できた。だが、これをしていない。この点こそ重大な過失である。しかも、事故の危険を察知した上で署長や現場の地域官に的確な助言をし、場合によりみずから現場の部隊に命令を出すなど事故を防止するためにとることのできた手段はいくらでもあった。雑踏事故を警察組織として防ぐべき立場にある責任者の姿勢としてなにもしなかった副署長の態度はずさん極まりない。これを過失に問えないとする検察庁の判断は不当である。 ■二度目の検察審査会、「起訴議決」への期待/市民良識が活きるとき。  今後、二度目の検察審査会が開かれて再度不起訴処分を市民が検討することとなる。11名の市民の多数が再度「起訴相当」と判断すれば、今度は「起訴議決」を行なう。この市民の判断がそのまま公訴提起と同じ効力を持つ。  検察官が長年独占してきた「公訴」の壁を市民の判断で破るときが近づいている。裁判員裁判と並ぶ市民の新しい重責を果たすことが期待される。「市民主義」時代の第2の幕開けといってよい。 ■「組織犯罪」で市民が犠牲になることは許してはならない。  2度目の検察審査会では、プロの法律家と異なる視点で過失の成否を検討してほしい。  その場合、市民が警察組織に期待するものがなにかという視点も是非加えてほしい。検察官も官僚機構の側にいる法律のプロである。このため、警察内部の権限配分や署長と副署長の間の上下関係、地域官に現場指揮を委ねたことへの配慮等など「組織を守る側」特有の視点で組織犯罪ー組織の「過失」を見る癖がついている。  しかし、市民社会が期待するのは、「組織としての警察が一丸となって雑踏警備を防ぐこと」である。これをしなかった事実がある以上、副署長の責任は重い。  当日の歩道橋の状況を写したビデオが紛失した事実も重く見るべきだ。警察官を犯人とする犯罪捜査で迅速で適切な捜査がなされたのかも考慮した上で検察庁が嫌疑不十分とした判断が妥当か検討すべきだ。
 これも参考になるお話しです。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察