-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年04月28日

「法と証拠に基づき適正に処分した。被害者が納得しているかどうかはコメントできない」

「強姦致傷罪に切り替え起訴 裁判員裁判の対象に 大分地検」:イザ!
 裁判員法により、強姦致傷罪は最高刑が無期懲役のため裁判員裁判の対象だが、強姦罪は3年以上の有期刑で対象外。県警は、被害女性が「事件を知られたくない」と訴えたことから、強姦致傷容疑にしなかった。

 石垣光雄次席検事は、強姦致傷罪としたことについて「法と証拠に基づき適正に処分した。被害者が納得しているかどうかはコメントできない」としている。

記事本文まで戻る
Ads by Google

posted by hirono at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37418306

この記事へのトラックバック