-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年04月25日

「検察は刑事責任を問う以上、正確な証拠に基づいて過失を判断している。審査会も同様であるべきだ」

「「ともに泣く検察」実現できず JR西の歴代3社長が強制起訴」:イザ!
「検察は刑事責任を問う以上、正確な証拠に基づいて過失を判断している。審査会も同様であるべきだ」。慎重に言葉を選びながらも、この後、再審査に移る審査会に異例ともいえる注文をつけた。

 ある地検幹部は捜査の結果を覆した「民意」への戸惑いを「これだけの事故なんだから、経営トップは起訴されるべきだという結論ありきだ。起訴をする機関が、われわれとは別にできたみたいだ」と話した。


posted by hirono at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37357818

この記事へのトラックバック