-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年04月18日

[重要] 「勤務ストレスでうつ」 元児童相談員が北広島市を提訴−北海道新聞[道内]

「勤務ストレスでうつ」 元児童相談員が北広島市を提訴−北海道新聞[道内]
勤務中のストレスなどでうつ病になったのに、公務災害として認定しなかったのは違法だとして、北広島市の家庭児童相談員だった女性(50)が、市に対し、公務外認定処分の取り消しと930万円余りの損害賠償を求めて札幌地裁(石橋俊一裁判長)に提訴した。第1回口頭弁論が16日、同地裁で開かれ、市側は「対応・手続きに問題はなく、勤務とうつ病の因果関係も明らかでない」として、請求棄却を求めた。

 訴状によると、女性は1999年、北広島市の非常勤職員として雇用され、家庭児童相談室の相談員として勤務。虐待やいじめなど、相談員にとっても精神的に負担となる相談に1人で対応し続けたことで2005年夏にうつ病症状が現れ、翌年うつ病と診断された。

 女性は07年に退職し、公務災害の認定を求めたが、市の審査会は請求を棄却した。

 原告代理人によると、05年度の児童福祉法改正で、国の児童相談所が受けていた不登校や発達障害の相談が自治体の業務として明文化され、相談件数が急増。多くの自治体が複数の相談員を配置し対応しているという。

 法廷で女性は「相談員の仕事は非常にストレスが強い。法改正後の05年度の相談件数は、それまでの4割弱増の968回。心の負担に配慮した司法判断を」と訴えた。

 よくあることですが、数日前に読んでいました。知ったのは「ボツ2ネタ」。
 今読み直して、気がついたのですが、単純に広島県と勘違いしていました。北海道なんですね。そういえば思い出しました。昭和60年に長距離トラックの仕事で行ったことがあり、その北広島市(恵庭市か千歳市だったかも)の近辺でポテトチップスのお菓子を積んで、秋田市内まで運んだことがありました。
 先日観た「mother」という児童虐待をテーマにした印象的かつ衝撃的なドラマの舞台も同じ北海道の室蘭でした。室蘭にはその前年になるのか昭和59年の7月に根室の花咲港に行った時の通過点でしたが、夜景や街並みがとても素晴らしく最も印象的な街でした。新日鉄の大きな工場があり、潤った街に思えましたが、ポテチを積んだところは周囲に民家もほとんどなく、大自然の真っ只中という印象でした。それだけ住む人の生活も厳しそうに思えました(実際は札幌市のベットタウンなのかもしれません)。

 2chの掲示板で、ドラマの虐待が数年前の秋田県での虐待死事件を連想させる、というような書き込みを見て、なるほどと思い出したということもあります。
 さらに、テレビで印象的な場面のひとつに、栄養失調状態の女の子が、家の中でポテチを見つけ、必死に袋を開けようとするが、力が足らず袋を開くことができないという箇所がありました。同じく、先生のアパートで、煎餅かクッキーのようなものをもらい、その半分をかわいがっていたハムスターに食べさせたあと、物凄い勢いで貪り食うという場面もありました。

 どういう事なのか、放送された翌日ぐらいから、ドラマのビデオが無料で見れるようになっています。ただし、拡大すると画質が極端に落ち、音質もよくない感じです。このドラマの特徴は、ストーリーや役者さんの卓越した演技のみならず、ものすごく美しい画像の風景だと思いますし、掲示板等でもそのような評価がたくさん寄せられていました。
 全体的にカットされた部分は多くないのですが、上記二つの場面がそれぞれ含まれておらず、自分がカットされていると気がついたのもこの二つの場面だけでした。とにかくこの怜南/継美役の芦田愛菜には圧倒されました。5歳ということですが物凄い表現力です。末恐ろしい女優という評価も散見されます。

 全体的には見た感じ、悪く言えばとろい感じのする子役ですが、上記二つの場面では、ダイナミックで素早い迫真の演技をするのです。天性というものだと思いますが、もっと大きな運命的なものも感じます。ちなみに室蘭の地球岬のことも連想してしまいました。

 ついでに書きますと、同じ頃北海道には数回行ったことがあり、半月ほど生活した経験もあるのですが、当時、本州とは隔絶したような貧富の格差を肌で痛感しました。例えば、札幌市内で古い映画にしか出てこないようなボンネット付きの大型トラックが走っている姿をみたり、具体的な給料水準の低さにも驚きました。今回の映画の場面でも怜南の家のそばにトタンの塀があり、陸の孤島、寒村といえそうな能登半島でも、すっかり記憶から消え去っていた40年ほど前の風景でした。

 昔、憧れて行った北海道ですが、その大自然の素晴らしさも、新たに思い起こさせてくれたドラマでした。海岸線の国道から見えた室蘭付近の夜景は幻想的なぐらいで、今でも強烈に脳裏に焼き付いています。自分は長距離トラックの仕事で北海道を除き、ほぼ全国を巡りましたが、一番素敵な風景だったと思っています。

 このドラマ第一話の数多い名場面の中でも、自分が一番印象的で気にいったのが夜行列車北斗星に乗り込む場面だったのですが、これも掲示板の中で、ひとつだけ、銀河鉄道999みたいだったという書き込みがあり、なるほどと思うと同時に、室蘭の夜景も、銀河系の宇宙の世界みたいだったという印象が蘇りました。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37201692

この記事へのトラックバック