-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年04月02日

Quanta+の日本語入力問題

820LL, Debian/Etch, KDE Tips
*Quantaのエディタ部でも変換中の語が取られる現象が発生するが、こちらはウィンドウメニュー>MDIモード>タブページモードを選べばその現象を回避できる。

 初めてQuanta+を使ったのは3年前ぐらいでしょうか。ちょうど正月休みの時であったと思います。そのとき、日本語入力の問題を解消できたのですが、たぶんこのページを参考にしたように思えます。
 Quanta+もずいぶん便利なのですが、開発も止まっているみたいで、使っている人もあまりいないのか、情報も少ないので残念です。HTMLの編集にはWindowsのフリーソフトを使った方がよいのかもしれません。以前かなり高機能なものを使ったこともありましたが、WindowsXP環境ではコピペが面倒(高機能なクリップボードツールもありますが)なので、マウスで範囲選択したまま中ボタンクリックで貼り付けできるLinux環境での作業がほとんどになります。

 これでゆっくり日本語を打ち込んでも、途中で消えなくなりました。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36826017

この記事へのトラックバック