-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年03月23日

JavaScriptインタプリタ(Rhino)

JavaScript+Java:Rhinoの導入と基本的な利用法 - page2 - builder by ZDNet Japan

  rhinoというものがあると知り、Fedora8のyumでインストールしたのですが、うまく起動しませんでした。jarファイルにクラスパスを通し、
java org.mozilla.javascript.tools.shell.Main

</span>と実行すればよいとのことですが、バージョンの違いからかパッケージ内のパスが違っているのかもしれません。yumでインストールしたものの、コマンド自体が見あたりませんでした。
js.jarというファイルをlocateコマンドで探し、/usr/share/java/js.jarにあったもので試しました。


 他にOpenOfficeのなかに同名のファイルがあったので次のようにすると、うまく起動して使えました。</span>
java -jar /usr/lib/openoffice.org/program/classes/js.jar

F8H:[~]% java -jar /usr/lib/openoffice.org/program/classes/js.jar
Rhino 1.5 release 4.1 2003 04 21
js> help()

Command                Description
=======                ===========
help()                 Display usage and help messages.
defineClass(className) Define an extension using the Java class
                       named with the string argument.
                       Uses ScriptableObject.defineClass().
load(["foo.js", ...])  Load JavaScript source files named by
                       string arguments.
loadClass(className)   Load a class named by a string argument.
                       The class must be a script compiled to a
                       class file.
print([expr ...])      Evaluate and print expressions.
quit()                 Quit the shell.
version([number])      Get or set the JavaScript version number.

js>


 Rubyのirbのようなものを期待したのですが、コマンドを履歴をさかのぼることも出来ないみたいです。あまり高機能ではないみたいで少し残念ですが、手軽にコードを試したり、動作確認ができそうです。



posted by hirono at 04:54| Comment(0) | TrackBack(0) | JavaScript
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36612279

この記事へのトラックバック