-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年03月20日

放火までは指示していなかったと判断。組員との共謀の成立を認めなかった。

asahi.com(朝日新聞社):「組員に放火指示」の被告に無罪判決 奈良地裁 - 社会
 起訴内容などによると、被告は組員=同罪で有罪確定=に放火を指示。組員が08年3月31日未明、奈良市三条栄町の工事現場のプレハブ平屋建ての休憩所にガソリンをまき、ライターで花火に火をつけて全焼させたとされた。

 判決は、被告が休憩所が使えなくなる程度に嫌がらせをするよう組員に依頼したことは認定したが、放火までは指示していなかったと判断。組員との共謀の成立を認めなかった。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事裁判
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36534956

この記事へのトラックバック