-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年02月18日

RESTFul な I/Fにする

大場寧子のホームページ - コントローラをRESTfulにする
コントローラのI/FをRESTful にするには、roots.rb で map.resource または map.resources を使います。((-ここでいうリソースは、扱うモデルインスタンスのことであると考えると理解しやすいと思います。-))次の例では、ProjectsController の I/F を map.resources を使って RESTful にしています。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 05:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Ruby
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35381188

この記事へのトラックバック