-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年02月17日

明石歩道橋事故、取り調べ全面可視化 検察官役の弁護士方針

NIKKEI NET(日経ネット):社会ニュース−内外の事件・事故や社会問題から話題のニュースまで
 元兵庫県警明石署副署長の強制起訴が決まった同県明石市の花火大会事故で、検察官役を務める弁護士が今後の元副署長らへの取り調べの全過程を録音・録画(可視化)する方針であることが16日、神戸地検関係者や県弁護士会関係者への取材で分かった。  取り調べの一部を可視化する試みは始まっているが、全面可視化が実現すれば初めてのケースとなる。

「3人が所属する県弁護士会は昨年12月、「直ちに取り調べの全過程の可視化を求める」とする会長声明を発表している。」、そうです。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 捜査・取り調べ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35376280

この記事へのトラックバック