-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年01月31日

東京新聞:裁判員 更生に期待  保護観察が急増:社会(TOKYO Web)

東京新聞:裁判員 更生に期待  保護観察が急増:社会(TOKYO Web)
 昨年八月に裁判員裁判が始まってほぼ半年。元被告が地域社会で更生できるよう保護司が手助けする保護観察付きの執行猶予判決が増えている。真の立ち直りを願う裁判員の思いの表れだ。「日の目を見なかった更生保護の取り組みが市民権を得るチャンス」とベテラン保護司。その半面、保護司の高齢化が進み、新しいなり手の発掘が急務だ。 (社会部・大西隆)  犯罪白書によると、二〇〇八年に確定した四万四千四百人の執行猶予判決のうち保護観察付きは三千七百人で過去最低の8・3%にとどまった。ところが、〇九年にあった百三十八件(被告百四十二人)の裁判員裁判では猶予判決を受けた三十二人のうち六割超の二十人に保護観察が付いた。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 14:10| Comment(1) | TrackBack(1) | 社会
この記事へのコメント
コメント、ご丁寧にありがとうございます!娘さんと一緒に写真を撮っていただいて、光栄でした。レポートもご覧になっていただいて、感謝しております!ご家族に、よろしくお伝えいただけませんか。
Posted by 中田ヤスタカ イベント at 2013年06月18日 19:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35033593

この記事へのトラックバック

初の裁判員裁判で手錠と腰縄「入廷前に外す」 
Excerpt: 8月3日から始まる全国初の全国初の裁判員裁判で、被告の方が裁判官と裁判員が入廷する前に法廷で手錠と腰縄を外すこと、弁護人席に着席すること等が決まったそうです。被告が犯人という予断を与える可能性があるか..
Weblog: 中年サラリーマンお父さんの日記
Tracked: 2010-02-11 21:15