-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年01月23日

国家公務員の重大犯罪を容認する日本経済新聞 - 植草一秀の『知られざる真実』 - BLOGOS(ブロゴス)

国家公務員の重大犯罪を容認する日本経済新聞 - 植草一秀の『知られざる真実』 - BLOGOS(ブロゴス) - livedoor ニュース
国家公務員法の服務規定に定められた守秘義務違反は、紛れもない法律違反であり犯罪である。罰則規定も設けられている。

検察庁職員が「職務上知ることのできた秘密を漏らすこと」は紛れもない重大な犯罪である。日本が法治国家であるなら、法の遵守が厳格に守られる必要があり、犯罪が存在している可能性が高いなら、政府は犯罪の摘発に努めなければならない。

この当たり前の事柄に反対しているのがマスメディア=マスゴミである。

日本経済新聞1月23日朝刊3面。見出しは

「民主「介入」止まらず」

である。

民主党が国会公務員による犯罪を適正に追及しようとすることに対して、この新聞は「介入」と表現するのである。あきれてものも言えない。

飲酒運転をしている者が多数存在しているとの確かな情報があったとしよう。政府がこのような法令違反は問題であるとして、飲酒運転を根絶するために対策を講じてもこの新聞は、政府が飲酒運転に「介入」と表現するのだろう。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34903839

この記事へのトラックバック