-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年01月11日

刑事裁判の傍聴などを通じて、事故物件情報を入手。

「押尾事件の舞台も? “事故物件”紹介する不動産サイト 」:イザ!
 ■刑事裁判などで情報収集  サイトは、不動産賃貸・管理業の「株式会社大島てる」(東京都練馬区)が管理する「大島てる − CAVEAT EMPTOR」。事故物件を「殺人事件や火災による死亡事故等の嫌悪すべき歴史的事実があった物件」と定義し、東京23区、東京都下、横浜市、川崎市の4地区分を掲載している。  「Google Maps」のシステムを使い、事故物件は炎のマークで表示。クリックすると、住所と部屋番号、どのような「事故」だったのかが示される仕組みだ。  同社では刑事裁判の傍聴などを通じて、事故物件情報を入手。一般から寄せられた情報については、現地調査などを行い、裏づけをとっているという。

 裁判の膨張が情報収集に使われているとは、初めて知りました。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34668943

この記事へのトラックバック