-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年01月07日

形式的で堅苦しい従来型の判決とは様変わり

裁判員で判決文が様変わり 工夫しわかりやすく(京都新聞) - Yahoo!ニュース
1月5日11時9分配信 京都新聞
 市民が刑事裁判に加わる裁判員制度の導入で、判決文の表現が変化している。専門用語を言い換えたり、評議で重視した項目を明示して量刑判断の透明化を試みるなど、さまざまな工夫がにじみ出てている。裁判員の思いを裁判長が被告に説諭で伝える事例も目立ち、形式的で堅苦しい従来型の判決とは様変わりした。
 検察官や弁護人が専門用語を避ける傾向は、判決文にも反映されてきた。京都地裁の判決では「量刑」を「刑の重さ」と言い換え、服役を繰り返す被告について「規範意識の鈍磨」という決まり文句を避けて「法を守る意識が低い」とした。
 刑を決める上で考慮した項目については、検察側、弁護側双方の言い分を「一番重視した」「執行猶予を選択する決め手にはならない」「判断には影響しない」など、それぞれ評価し、評議で何が議論されたかが明らかにされている。昨年に京都、大津両地裁であった計8件の判決に共通する傾向だった。
 従来は、有利、不利な事情を順番に挙げていくだけの判決が大半で、こうした変化に、京都地検の幹部は「裁判員の考え方が伝わり、今後の立証に生かせる」と評価する。
 一方、短時間で結論を出す裁判員裁判の限界が見えたケースもあった。暴行の回数で検察、弁護側に争いがあった京都地裁の裁判で、判決は理由を示さずに弁護側の主張を採用した。裁判員裁判では判決文をわずか1、2時間で書き上げるため、評議の内容を盛り込む余裕がなかった可能性もある。この裁判を担当した弁護士は「こちらの言い分通りだったので不満はないが、控訴を検討するような事案の場合は、もう少し厳密であるべきだ」と話した。



 人の人生を左右する裁判が、従来は堅苦しく形式的だった、というのは身にしみてうなずけるところがあります。ソクラテスとかプラトンとか、つかみがたく、意味のよくわからない神話の世界に通じるものもありました。


Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事裁判
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34598984

この記事へのトラックバック