-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年12月29日

「僕自身はどうしても被害者寄りになってしまう。(犯行状況の)供述調書を読み、怒りを抑えるのに必死だった」

時事ドットコム:「法律とギャップ感じた」=強姦事件判決で裁判員−神戸
自分の経営する会社の女性従業員に性的暴行をしてけがを負わせたとして、強姦(ごうかん)致傷罪に問われた藤原淳被告(49)の裁判員裁判で、神戸地裁(東尾龍一裁判長)は18日、懲役6年6月(求刑懲役7年)の判決を言い渡した。  判決後、裁判員を務めた男性(27)は取材に応じ、「僕自身はどうしても被害者寄りになってしまう。(犯行状況の)供述調書を読み、怒りを抑えるのに必死だった」と話した。  性犯罪の量刑に関し、「自分自身と法律上の考えの間にギャップを感じた。法律は国民感情についていけていないのではないかと思った」と述べた。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員制度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34449350

この記事へのトラックバック