-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年12月22日

09取材帳から:「推定無罪」の原則 「慣れ」が生んだ驚き /山梨(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

’09取材帳から:「推定無罪」の原則 「慣れ」が生んだ驚き /山梨(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
 国内の刑事裁判の有罪率は99%以上。取材歴10年以上のベテラン記者でさえ「聞いたことがない」と言うくらい、無罪は珍しい。有罪判決に比べ、長い時間をかけて読み上げられる判決理由を聞き逃すまいと、緊張でペンを握りしめる指先が白くなった。  刑事裁判では、有罪が確定するまで被告は推定無罪とされる。記者も新人研修などで習う基本原則だ。だが、何件もの裁判を取材するうち、検察官の立証の正確さと有罪判決への「慣れ」が生じ、「起訴されたから有罪なのでは」と思いがちになるのも事実だ。  岡田裁判官はこの事件で、被告の供述について「信用できる目撃者の供述と矛盾せず、ある程度の信用性が認められる」と判断。身を守ろうとしたという被告の主張を認め、「正当防衛であるという疑いが残る」として無罪を言い渡した。  「被告の有罪は検察官が立証する」という原則にのっとり、検察側の立証の不十分さを指摘したのだ。甲府地検は控訴を断念。10月22日に男性の無罪が確定した。  判決後、事件現場を歩いた。甲府市中心部の静かな住宅街。近くの商店の男性に案内され、裁判で示された場所を確認しながら、こんな思いが浮かんできた。「暴行の事実にとらわれ、自分も検察側の主張をうのみにしていたのではないか−−」


posted by hirono at 18:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 刑事裁判
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34339558

この記事へのトラックバック

「推定無罪」を含むニュースと関連グッズの紹介
Excerpt: イマナビでは「推定無罪」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「推定無罪」に興味があれば是非ご覧ください!
Weblog: イマナビ!News&Shopping
Tracked: 2009-12-23 21:18