-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年12月20日

Google サイト

home (toyamakokubai)
富山冤罪国賠を支える会



 昨夜知った「富山冤罪国賠を支える会」のホームページですが、よく見ると「Google サイト」を利用されていることに気がつきました。
 私自身、「Google サイト」でホームページを立ち上げ、メールでマスコミ関係者にもご紹介したのですが、反応があまりにも乏しかったので、やる気もなくしそのまま放置していました。そして、9月になって、「一般公開」をしないように設定変更しました。
 ずいぶんと便利な無料のサービスなのですが、ささいなところにこだわると設定の変更が出来ない部分もあり、少々不満にも感じていたのですが、やはり効率よく短時間でサイトの運営をすることが出来、いずれに違った形で、再開し、活用したいとも考えています。
 余り知られてはいないようで、利用者も多くないサービスみたいですが、グループでの管理も出来、閲覧の範囲も限定しやすく、ある面ではこれ以上ないぐらい充実したサービスだと思いますので、どんな感じかご紹介します。

 トップページです。ガジェットを埋め込む感じで編集できたと思います。HTMLのソースを直接編集することがほとんどなかったと記憶していますが、個人的には編集できない点が不満でした。最後に編集してから9ヶ月ほど経っているので、現在では編集できる項目もあるいは増えているのかもしれません。
google-sites_1
google-sites_1 posted by (C)hirono-hideki


 トップページの下の方です。
google-sites_2
google-sites_2 posted by (C)hirono-hideki


 別のホームページを埋め込んだ画面だと思います。
google-sites_3
google-sites_3 posted by (C)hirono-hideki

 添付ファイルの公開が容易です。
google-sites_4
google-sites_4 posted by (C)hirono-hideki

 サイトをツリー上に管理します。
google-sites_5
google-sites_5 posted by (C)hirono-hideki


 お知らせの管理もしやすいです。 
google-sites_6
google-sites_6 posted by (C)hirono-hideki


 サイトの更新履歴の確認です。
google-sites_7
google-sites_7 posted by (C)hirono-hideki


 ここで一般非公開の設定をしました。
google-sites_8
google-sites_8 posted by (C)hirono-hideki

 編集履歴が一目でわかります。
google-sites_9
google-sites_9 posted by (C)hirono-hideki



 普通にアクセスすると次のようにログインを求められます。
google-sites_10
google-sites_10 posted by (C)hirono-hideki


 エクセルなどの表計算のファイルも埋め込めたと思います。
google-sites_11
google-sites_11 posted by (C)hirono-hideki

Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 18:11| Comment(0) | TrackBack(1) | ソフト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34303348

この記事へのトラックバック

「Googleサイト」を含むニュースと関連グッズの紹介
Excerpt: イマナビでは「Googleサイト」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「Googleサイト」に興味があれば是非ご覧ください!
Weblog: イマナビ!News&Shopping
Tracked: 2009-12-21 21:51