-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年12月20日

「法廷は劇場」

「【裁く時・第5部】(1)法廷の劇場化 説得力で変わる量刑」:イザ!
「法廷は劇場」。陪審制度の歴史が長い米国のNITA(全米法廷弁護技術研究所)の指導者はこう位置づけ、視覚資料の活用や陪審員の感情を被告に移入させることを奨励している。日弁連も数年前から、裁判員制度の開始に向けて全国でNITA方式の研修を繰り返してきた。  弁護側にとってこの方式が成功したといえるのが大阪地裁初の裁判員裁判だ。弁護人は、覚醒(かくせい)剤密輸事件の男性被告(57)を、スナックのマスターとして普通の暮らしを送ってきた「普通のおじさん」と表現し、84歳の母親を出廷させた。母親が涙ながらに「犯した罪は償って、私が元気なうちに元気な姿を見せてほしい」と話すと、被告は涙を流し「ごめんね…」と謝った。  結局、被告には懲役10年の求刑に対して半分の懲役5年が言い渡された。裁判員の1人は会見で「お母さんにすごい衝撃を受けた」と振り返り、別の裁判員も被告への共感を口にした。    × × ×  検察の衝撃は大きかった。大阪地検は控訴を検討したが、上級庁の意向もあり断念した。検察幹部は苦々しく振り返る。「『お涙ちょうだい』がこれほど裁判員に影響を与えるとは思わなかった」。


posted by hirono at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員制度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34300724

この記事へのトラックバック