-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年12月20日

裁判員を終えた人たちからは「長かった」「1回で十分」との感想が多く漏れ、

県内初の裁判員裁判 負担軽減に課題 審理尽くせるか疑問(琉球新報) - Yahoo!ニュース
12月18日10時10分配信 琉球新報 《解説》  殺人未遂事件をめぐる県内初の裁判員裁判は3日連日で開かれた。3日とも予定された時間を約30分〜1時間延長するなどし、裁判員を終えた人たちからは「長かった」「1回で十分」との感想が多く漏れ、心理的な負担感の大きさを印象付け、どのように裁判員の負担を減らすか、課題が残った。  最高裁は裁判員裁判の審理日程について、事件の7割が3日間で終えるとしている。ほとんどの事件で被告人が起訴事実を認めているからだ。実質審理するのは量刑判断になるため、最終日の評議は情状面の評議に多くの時間を割くことになる。  起訴事実を認めた今回の事件の裁判は迅速に進むと思われたが、2日間の審理を経て裁判員が臨んだ評議は予定を約1時間延長した。今後、否認事件や被告人の責任能力が争点となる事件、死刑求刑がある重大事件など、より複雑な裁判が行われることが予想される中、十分に裁判員が審理を尽くせるかは疑問が残る。  また市民参加をうたう裁判員制度で、敷地内での取材を規制したほか、裁判員を終えた人たちの記者会見で録音を禁じるなど裁判所の運営には識者から疑問の声も上がっており、裁判の公開の在り方が問われる形となった。(謝花史哲)
 まるで運転免許センターの講習の感想みたいです。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員制度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34294009

この記事へのトラックバック