-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年12月01日

検察側と弁護側は「国家と零細企業の差」判決後の会見で元裁判員

【裁判員 千葉地裁】検察側と弁護側は「国家と零細企業の差」判決後の会見で元裁判員 - MSN産経ニュース
 判決後の会見には、裁判員と補充裁判員の経験者の男女計6人が出席。裁判員経験者の女性は、検察側と弁護側の立証について「検察側はカラーで図のある書類、要点がまとまっていた。弁護側はワープロ打ち1枚。国家権力と零細企業の差のような印象」と語った。

 やはり、という気がしますが、一方の検察も小所帯のはずです。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員制度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33956226

この記事へのトラックバック