-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年11月23日

裁判員裁判:準強姦傷害、求刑通り被告に懲役8年 検察メモ「生々しい」 /東京 - 毎日jp(毎日新聞)

裁判員裁判:準強姦傷害、求刑通り被告に懲役8年 検察メモ「生々しい」 /東京 - 毎日jp(毎日新聞)
 芸能事務所のスカウトを装って女子中学生をホテルに誘い、睡眠薬を飲ませて暴行したとして、準強姦(ごうかん)傷害罪に問われた無職、潮忍(うしおしのぶ)被告(36)に対する裁判員裁判で、東京地裁(秋吉淳一郎裁判長)は20日、求刑通り懲役8年の判決を言い渡した。裁判員からは、検察側が被告の行為の詳細をメモで配って示したことについて、「そこまで見せる必要があったのか」と批判的な声も出た。  判決は「低年齢の女性をだまし、睡眠薬を準備しており計画的。手足をロープで縛り、そのまま放置して逃げるなど行為も卑劣」と指摘。「再犯の恐れはない」などと刑を軽くするよう求めた弁護側の主張を「断定できない」と退けた。秋吉裁判長は言い渡し後、「被害者や家族が平穏に生活できるようプライバシーに配慮するように」と説諭した。  判決後、裁判員3人が会見に臨んだ。検察側のメモについて、無職男性(26)は「生々しすぎる。今後も記憶に残り、きつい」と指摘した。30代の会社員男性も「目を覆うところがあった」と話した。女性パート従業員は「抵抗はあったが、事実を知ることが一番で、特に負担は感じなかった」と語った。裁判員裁判による性犯罪の審理に関しては、無職男性は「被害者と同性の人がやったほうがいい」と提案した。  検察側は「かなり工夫したが、正確な事実認定をしてもらわないといけないので、やむを得なかった」と説明した。【安高晋】 〔都内版〕


posted by hirono at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員制度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33819787

この記事へのトラックバック