-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年11月20日

検察側も弁護側も、裁判員に伝わりやすいよう感情を込めて主張を展開

“棒読み法廷”一変 長崎地裁 裁判員裁判 結審 弁護人、涙の弁論 検察官は求刑繰り返す(西日本新聞) - Yahoo!ニュース
長崎県内初の裁判員裁判は3日目の19日、検察側の論告求刑と弁護側の最終弁論などがあり、結審した。分かりやすい言葉で被告の悪質性を主張した検察側と、身ぶり手ぶりを加え、感情を込めた弁論に徹した弁護側。被告も涙ながらに反省の弁を述べた。結審後、裁判官と裁判員は量刑を決めるため評議に入った。判決は20日午後2時から言い渡される。  「社会で頑張るチャンスをください」‐。涙ながらに訴えかける被告の姿に、裁判員6人の視線はくぎ付けになった。目を赤くしたり、苦渋の表情を浮かべたり。卑劣な犯行を印象付けようとする検察側と、被告を弱くもまじめな人柄だと強調する弁護側。双方の主張の間で、裁判員は人を裁く難しさにあらためて直面したようだった。  この日は、検察側も弁護側も、裁判員に伝わりやすいよう感情を込めて主張を展開した。棒読みが当然だった法廷内のやりとりは一変した。

 棒読みが当然だったとは知りませんでした。

posted by hirono at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員制度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33751739

この記事へのトラックバック