-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年11月13日

「市民感情が入れば、刑は重くなるに決まっている」と指摘

河北新報ニュース 佐々木被告「量刑妥当、文句ない」 宮城県初の裁判員裁判
 佐々木被告は「(指摘は)確かにそうだと思う」と納得した様子を見せた。裁判員全員のメッセージとして裁判長から語り掛けられた「あなたのように不遇な少年時代を過ごした人のために社会貢献していけば、被害者遺族に気持ちが届くかもしれない」との説諭も含め、「一般の人の視点だと感じた」という。  半面、裁判員裁判について「市民感情が入れば、刑は重くなるに決まっている」と指摘。「自分のずるい面から考えれば、プロ(裁判官)だけの方がいい」と、複雑な思いも口にした。  被告が弁護人の隣に座る例が多い裁判員裁判で、佐々木被告は法壇の正面に着席した。「無実なら弁護人の隣に座るが、自分は罪を認めていたからだ」と説明した。  控訴については「すっきりした形で刑を確定させたい。窃盗の裁判が終われば、殺人の控訴を取り下げようと考えている」と真意を明かした。併合罪関係にある両事件が分離審理されたことでは「よく分からないが、一緒に審理してもらえればよかった」と述べた。  佐々木被告は公判前、「正直に話したくても話せなくなる」として、取り調べの録画・録音に反対する手紙を河北新報社に送っていた。公判で裁判員に「いま一番会いたい人は」と問われると、取調官の名前を挙げた。  佐々木被告は「手紙に書いた思いは今も同じ」と語った上で、「腹を割って話すのは簡単ではない。取調官は自分を一人の人間として見てくれ、諭してくれた」と信頼感を強調した。

 このような考え方の人や、被告人は少なくないように思われます。むしろ一般的なのかもしれません。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 捜査・取り調べ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33613196

この記事へのトラックバック