-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年11月13日

index.texの内容

マインドマップvymからTexファイルを生成の続きになります。ちょっと問題が起こったので別途投稿します。問題の起こるコードが含まれていたためかサーバからエラーが返って投稿できず、もしかすると以下のコードも完全にHTMLとして表示されていないかもしれません。

\documentclass[a4paper,10pt]{jarticle}
\usepackage{atbegshi}
\AtBeginShipoutFirst{\special{pdf:tounicode EUC-UCS2}}


\usepackage[left=40mm,right=25mm,top=35mm,bottom=30mm]{geometry}
\setcounter{secnumdepth}{4}
\makeatletter
\renewcommand{\paragraph}{\@startsection{paragraph}{4}{\z@}%
{1.5\Cvs \@plus.5\Cdp \@minus.2\Cdp}%
{.5\Cvs \@plus.3\Cdp}%
{\reset@font\normalsize\bfseries}}
\makeatother

%\newcommand{\記}{\begin{center} 記 \end{center}}
\newenvironment{sg}{\Huge}{}
%引数をとるマクロ
\newcommand{\fl}[1]{\framebox[1cm]{\textgt{\small #1}}}
%defの書式 文字を重ねる。
\def\hh{廣\llap\}
%文字を小さくする。
%\newcommand{\sss}[1]{{\tiny #1}}
\usepackage{enumerate}
\usepackage{url}
%\usepackage{html}
\usepackage{eclbkbox}
\usepackage{eclclass}

\newenvironment{qt}{
\vspace{1zh}
\begin{breakbox}
\begin{quote}\footnotesize
}{
\end{quote}
\end{breakbox}
\vspace{2zh}}

\title{刑事事件に対する再捜査の要望申立書}
\author{廣野秀樹\thanks{石川県鳳珠郡能登町宇出津山分1-60}}
\date{}
\renewcommand{\postpartname}{}
\renewcommand{\prepartname}{}
% \\[2ex]% 2行分の空行を入れる。
\usepackage[dvipdfm,
% colorlinks=true,
bookmarks=true,
bookmarksnumbered=false,
bookmarkstype=toc]{hyperref}
% 日本語しおりが字化けしないために
%\AtBeginDvi{\special{pdf:tounicode EUC-UCS2}}

\parindent = 0pt

\begin{document}

\maketitle
\begin{flushright}
\today
\end{flushright}

\begin{flushleft}
〒920-8553 石川県金沢市鞍月1丁目1番地\\
\large{石川県警察本部長殿}\\
\end{flushleft}

\vspace{2.0cm}

\begin{flushright}
〒927-0431 石川県鳳珠郡能登町字宇出津山分10-3\\
申立人 廣野秀樹\\
\end{flushright}
\vspace{1.0cm}

申立人を被疑者として、平成4年4月、金沢西警察署が行った傷害・準強姦の被疑
事件の取り調べ及び捜査には、左記の通り、極めて重大かつ深刻な欠陥及び不備
があり、不当な人権侵害とともに、不正な侵害行為を行った関係者らに不当な利
益を与えているので、事実に即した公正妥当な法的救済、法的解決の大前提とし
て、真相の解明に向けた事件の再捜査を求めます。

\vspace{1.0cm}

\begin{center} 記 \end{center}

\newpage

\setcounter{tocdepth}{4}

\tableofcontents

\newpage

\include{work/work}

\end{document}

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | LaTeX
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33608979

この記事へのトラックバック