-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年11月09日

個人メディアがマスメディアを凌駕する時代|堀江貴文オフィシャルブログ

個人メディアがマスメディアを凌駕する時代|堀江貴文オフィシャルブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」by Ameba
私のtwitterでの情報発信は即時性の高いものや重要度がさほど高くないものを優先的に発信し、じっくり発信したいものはブログで出している。そのうち有料メールマガジンなどもはじめようと思っている。そして私がフォローしている人の一部は既に有料メルマガの発信を始めている。これがどういう意味を持つのか。 それは、個人が一つの大きなメディアになるということを意味する。twitterのフォロワーでの話しであるが、日本の大手新聞社の一角を占める毎日新聞のフォロワー数よりも私のフォロワーのほうが多いのだ。そして、メルマガやブログなどでマネタイズが可能になる。既にアフィリエイト広告などでかなりの収益が上がるようになっている。しかも、スタッフは私一人である。経費はほとんどかからない。 もちろん、新聞社は取材などの経費やスタッフが必要なのだろうが、私はそういった部分も記者クラブ開放などを通じて独立したフリーランスがウェブも活用しながら独自に収益化していくと考えている。現状は、上杉隆氏や神保哲生氏、そしていくつかの独立系報道プロダクションやフリーランスなどなど限られた数しか収益化できていないが、いずれもっと多くの個人か数名の一次情報取材メディアが収益化していくと思われる。 それらが、twitterやRSSリーダなどを媒介として読者に選別されていくのだ。 それはもちろんロングテール構造であり、一部少数のドミナント個人メディアが巨大化する。それらの収益力は莫大なものになる。また、そのインフラを支えるのも少数のドミナントだ。twitterやgoogleがそれにあたる。収益面ではappleやamazon、楽天などもそれに加わるだろう。 その時マスメディアはどうなっているのだろうか。 この記事も参考にして欲しい。

 個人的に合わないところも多い人物ですが、参考にさせていただく有用性も少なくはないと考えています。  個人的は、twitterをやることはないと思います。合わないので。  メールについては、今日珠洲から戻る外がすっかり暗くなったバスの中で、あれこれ具体的に考えていました。前代未聞と思われる構想があります。

Powered by ScribeFire.

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33532372

この記事へのトラックバック