-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年11月07日

あえてその資料を押収させ、捜査員に心理的圧力を加えることもあるとい

「弘道会捜索 捜査員の家族情報も収集…警戒強める当局」:イザ!
 捜査関係者によると、組員には捜査員への接触を禁じるなど組織統制を強化。取り調べを受ける際には完全黙秘を通し、家宅捜索では捜査員の立ち入りを拒否するなど、徹底した抵抗活動を展開している。捜査員の住所や家族に関する情報を収集し、家宅捜索であえてその資料を押収させ、捜査員に心理的圧力を加えることもあるという。  実際に押収資料の中に自分の家族の名前を見つけ、「そこまでやるのかと、愕然(がくぜん)とした」と周囲に話す捜査員もいるという。  こうした強硬姿勢に対し、捜査当局は活動資金を封じるために、供給源となる建設会社や不動産会社など関連企業への摘発を進める。大阪府警は10月に弘道会関連の在阪企業グループで幹事社を務める建設会社代表の男(54)を下請け参入に絡む詐欺容疑で逮捕し、他の関連企業の実態把握を進めている。  捜査関係者は「組の資金稼ぎが建設業や株取引といった合法的分野にも広がり、周辺者ら準構成員の認定がさらに難しくなっている」と指摘、「一般の企業活動を装った資金稼ぎを許せば、暴力団の勢力拡大につながり、今後も取り締まりを強化していかなければならない」と話した。

 近頃、暴力団関係のニュースや話題というのはネットでもテレビでもほとんど見かけたおぼえがないのですが、警察にはこういう事情もあるようです。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33487387

この記事へのトラックバック