-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年11月07日

裁判員裁判、課題山積み : 富山 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞

裁判員裁判、課題山積み : 富山 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 ■時間の制限  今回、2日目に設けられた被告人質問は1時間だった。弁護側は、「質問を省いたところもある。もう1日(日程が)あっても良かった」とし、検察側も「限られた時間での主張、立証に難しさを感じた」と、双方が時間の制約の厳しさを訴えた。  これに対し、富山地裁は、「裁判員の負担軽減」を考え、スケジュール通りの進行を優先。合計7時間という評議時間も、裁判員は「短いとは思わなかった」と話す。  ただ、公判中に頻繁に休憩を入れる一方、弁護側の追加質問や検察側の追加論告を地裁側が認めないなどの場面もあり、弁護側からは「誰のための刑事裁判なのか」「裁判員のために時間を制約するのは問題では」といった疑問の声も漏れる。  また、検察側からは、事実関係に争いがある否認事件などの場合、短時間で審理が尽くせるか危ぶむ声もある。検察、弁護側双方が十分に主張できるような、柔軟な対応が求められそうだ。 (2009年11月4日 読売新聞)


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員制度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33479845

この記事へのトラックバック