-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年10月27日

(市民生活に)直接影響することなので、当然われわれが考えるべきだ

「通過偽造審理で「市民の参加は当然」」:イザ!
一万円札8枚を偽造したとして、通貨偽造・同行使の罪に問われた無職加藤幸一郎被告(41)の裁判員裁判で、大阪地裁は26日、懲役2年6月(求刑懲役4年)の実刑判決を言い渡した。  判決後の記者会見には裁判員を務めた男女5人が参加。通貨偽造事件を審理した感想について「(市民生活に)直接影響することなので、当然われわれが考えるべきだ」などといずれも肯定的な意見を述べた。

 大阪では裁判員制度に対して否定的というか参加したくない傾向が強いという記事を読んだ覚えたがありました。刑事裁判の世界でも東京と大阪では、ずいぶん違いがあるそうです。落合弁護士のブログでも時々取り上げられていたと思います。確か大阪の方が判決の相場が軽かったと思います。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員制度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33213176

この記事へのトラックバック