-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年10月23日

ほとんど触れなかった場合、「捜査続行を意味し、立件を本気で目指している可能性が高い」

「押尾被告「空白の3時間」に検察側追及あるか」:イザ!
 現在、警視庁は保護責任者遺棄致死罪などの適用を視野に捜査を急いでいるが、大澤氏は検察側が冒頭陳述などで“空白の3時間”についてほとんど触れなかった場合、「捜査続行を意味し、立件を本気で目指している可能性が高い」と語る。逆に詳細な言及があった場合は「起訴は断念したとみていいでしょう。法廷で押尾被告を情状面で責める材料として使うだけとなる」と説明。  薬物使用罪のみの裁判なら即日結審もありうるが、検察側が死亡経緯に関し立件を視野に入れているなら、「『余罪捜査中なので即日結審しないように』と裁判所に求めるのでは」とみている。  また、板倉宏日大名誉教授(75)は、女性死亡に関して保護責任者遺棄致死罪が適用されれば「重大な罪として裁判員裁判が適用され、薬物使用罪と併合審理に。公判は長引き、判決も実刑8年ぐらいにはね上がるのでは」と分析。検察側の出方に、遺族と国民の視線が注がれている。 記事本文まで戻る
 参考になりました。自分の問題と引き合わせていろいろ考えます。金沢地方検察庁は、共謀共同正犯による殺人未遂事件の立件を本気で目指しているのでしょうか。確かに、これまでの裁判で言及されずに来ました。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33137174

この記事へのトラックバック