-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年10月23日

娘の死に関する真相の一端でも知りたい、押尾被告の初公判に女性遺族が傍聴券求め並ぶ

「押尾被告の初公判に女性遺族が傍聴券求め並ぶ」:イザ!
 なぜ死ななければならなかったのか。銀座のクラブホステスだった女性(当時30歳)が8月2日に死亡して以来、「真相を知りたい」と言い続けてきた遺族。23日早朝、岐阜県の農村地帯から東京・霞が関の東京地裁に向かう。  女性の母(52)が22日、サンケイスポーツの取材に応じ、「初公判はあくまで押尾被告の麻薬事件に対する裁判で、娘の死に関して裁くものではないのは分かっています。もちろん(法廷に)遺族席はありません。でも、とにかく娘の死に関する真相を知りたいんです」と胸中を吐露。被告に対する憎しみより、娘の死に関する真相の一端でも知りたい思いを強調した。  約20席の一般傍聴券の抽選締め切りは午後零時半。それに間に合うよう夫(死亡女性の父=61)と息子(同弟=29)夫妻の4人で乗用車に乗り、岐阜県から名神高速や東名高速を経由する片道約520キロをひた走る。「交通費や滞在費はすべて自腹です」(弟)。抽選に外れた場合、どうするかなど具体的なことは何も決めていないという。
 直接の被害者という立場ではなく、薬物使用という死をも招く危険性のある行為を自ら行っていた、という事情もありそうですが、なぜ死ななければならなかったのか、ということになると当然納得はいかないことだと思います。

Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事裁判
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33136692

この記事へのトラックバック