-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年10月23日

賠償責任を巡り県と市が争った裁判で、最高裁が初判断

「市立中教諭の体罰、賠償負担は「県でなく市」 最高裁が初判断」:イザ!
 同小法廷は「市町村が設置する中学の教諭が職務上、故意または過失によって、違法に生徒に損害を与えた場合、都道府県はいったん賠償した損害の全額について、市町村に負担を求めることができる」と判示。判決は市町村立の小中学校で起きた同様のケースでも影響しそうだ。  1審福島地裁は県と市の割合を1対2としたが、2審は「教育活動で発生した賠償費用は学校の経費を負担する市が全額負うべきだ」と結論づけた。
 責任の所在、範囲という意味で参考になりそうです。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33136524

この記事へのトラックバック