-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年10月18日

「ポリちゃん想定問答集」、そんなふざけたタイトル、関与はない

asahi.com(朝日新聞社):JR脱線事故、事情聴取用に「ポリちゃん想定問答集」 - 関西交通・旅ニュース
 JR宝塚線(福知山線)脱線事故をめぐり、JR西日本の担当者が、事故の捜査をしていた兵庫県警の事情聴取が始まる前に、対応マニュアルを作成していたことがわかった。「ポリちゃん想定問答集」と名づけられていたという。また、取り調べを受ける社員らに対して、事故の関係資料や社員の供述内容をまとめたメモを配っていたことも判明。捜査当局は、社内で口裏合わせをした疑いもあるとみている。

 JR西によると、「ポリちゃん想定問答集」は、同社の安全運行に携わる担当者が作成した。この担当者は社内の調べに対し「自分の頭の整理のために会社の公式説明などをまとめた」と説明しているという。問答集は、神戸地検が同社を昨年10月と今年5月に家宅捜索した際に、押収した資料の中に含まれていたという。

 JR西は「いつごろ作られ、どのような内容だったのかは資料が押収されているので詳しくわからない。そんなふざけたタイトルは個人資料だったからであり、組織的な関与はない」と説明している。


 思わず、漫画のタイトルかと思ってしまいました。警察もずいぶんと舐められたものですが、検察の捜索で押収されたという経緯も気になるところです。もっとも、同社の安全運行に携わる担当者に、警察と検察の区別がなかったということも考えられますが、「会社の公式説明をまとめた」と言っている作成者に対して、会社の側が「そんなふざけたタイトルは個人資料だったからであり、組織的な関与はない」と説明しているあたりも、人間性を含めた問題の根が深いのかもしれません。


Powered by ScribeFire.

 次のような報道もありました。ずいぶん印象も異なる気がします。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/314027/

妻と妹を亡くした浅野弥三一さん(67)=兵庫県宝塚市=は、調査を社外に託しているJR西の姿勢を批判し「組織ではなく幹部の問題。なぜ幹部間で自己分析ができないのか。そんな鉄道会社では先が思いやられる」と話した。

 一方、事故捜査に絡みJR西が神戸地検や兵庫県警の聴取を受ける社員に対し、事前に資料を配布していた問題で、資料には聴取を終えた社員の供述内容をまとめたメモも含まれていたことが判明。メモは弁護士にも配布していた。これとは別に、個人で自分用に資料を作成し「ポリちゃん想定問答」などといった名称を付けていた社員がいたという。

 佐々木社長は「会社としてこう答えるよう指示したことはない」として、口裏合わせはなかったとの認識を示している。


posted by hirono at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 捜査・取り調べ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32989583

この記事へのトラックバック