-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年10月17日

「価値観が4日で大きく変わった」「犯罪防止につながると思う」

裁判員裁判:懲役8年6月 被告へメッセージ、謝罪の意思忘れずに−−地裁 /岐阜 - 毎日jp(毎日新聞)
 「価値観が4日で大きく変わった」「犯罪防止につながると思う」−−。一般市民から選ばれた裁判員が参加する県内初の裁判員裁判は9日、岐阜地裁(宮本聡裁判長)で判決を迎え、被告に懲役8年6月(求刑・懲役12年)を言い渡した。判決後、6人中5人の裁判員が会見に応じ、それぞれの思いを語った。【三上剛輝、山田尚弘】  初めに殺人未遂罪などに問われた岐阜市の配送業、杉山幸保被告(43)に量刑が言い渡された。理由を読み上げる間、裁判員6人中2人は被告の顔を見つめ、他の裁判員は緊張した面持ちで手元の書面に目を落としたまま。最後に宮本裁判長は杉山被告に語りかけた。「裁判員と裁判官が話し合ったあなたへのメッセージを送ります。起こしたことの重大さを認識し、謝罪の意思を忘れないで更生に努めてください」  この間、杉山被告は宮本裁判長の顔を見つめ、直立不動で聴き入った。閉廷後は目を潤ませていた。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員制度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32988544

この記事へのトラックバック