-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2009年10月14日

事件は検察が用意したシナリオで進んだ

「出版・ブログ…佐藤栄佐久被告、積極的に“無罪”発信「戦いは現在進行形だ」」:イザ!
 著書は「知事抹殺−つくられた福島県汚職事件」(平凡社)のタイトルで9月に発売された。参議院議員から知事に転身した経緯や、東京地検による捜査、有罪に至るまでが触れられている。特に捜査段階での検察側とのやりとりを詳しく描き、「全く身に覚えがない。事件は検察が用意したシナリオで進んだ」などとしている。出版後にはジャーナリストを招いて地元の郡山市内のホテルで講演会を開いた。

 また、最近になって、自身のインターネットサイトを開設。更新回数こそまだ数えるほどだが、サイト内のブログでは、「(知事を辞してから)3年間はあっという間に過ぎ去った」「戦いは現在進行形だ」などと検察との戦いを続けることを宣言している。

 いろいろ参考になりそうです。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 捜査・取り調べ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32919134

この記事へのトラックバック