-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年04月25日

検察のサポーターと化したメディアが疑惑を煽り、・・・・検察は暴走していく

『検察が危ない』を読んで - 江川紹子ジャーナル - BLOGOS(ブロゴス) - livedoor ニュース
  •  検察のサポーターと化したメディアが疑惑を煽り、国民が検察に過剰な”期待”をし、検察はその期待に煽られる。煽りが煽りを呼ぶ中、検察は暴走してい く……その構図は、今も続いている。

  • ゼネコン汚職の時に限らず、特捜事件となればメディアは大きく取り上げる。むしろ検察に先行して、疑惑を書き、疑惑を語り、世論を盛り上げる。検察を激励し、時に叱咤もしてみせる。
  •  検察を軍隊、司法記者クラブを従軍記者に喩えているのは、その根拠を読むと実に適切だと納得。このような関係があるので、検察を「正義」として賞賛する報道ばかりが溢れ、人々の”特捜信仰”がますます強くなっていく。特捜検察の問題は、メディアの問題でもあるとつくづく思う。
  •  他に本書が指摘している特捜検察の問題点で印象に残ったのは、
  • (1)起きていることは複雑なのに、事件のストーリーを単純化させる
  • (2)一人ひとりの検事が主体的にものを考えるのではなく、仕事環境がむしろ思考停止に追い込んでいく
  • (3)検察全体の問題であるにもかかわらず、不法な取り調べの問題は個人の検察官の不祥事に矮小化され、教訓が若い世代に引き継がれない
  • ――という点など。
  •  どれも、記述は具体的。筆者が検察出身だけに、その論は説得力がある。郵便不正事件の村木厚子・厚生労働省元局長の裁判を傍聴していると、一つひとつうなづいてしまう。ただ筆者は、守秘義務に抵触しないよう、そうした点に関しての具体的な記述は新聞記事や他人の著作をうまく引用するなど、工夫をこらしていて、執筆中の苦労がしのばれる。
  •  筆者は、特捜検察の捜査こそ、まず可視化をすべしと主張。私もこれに強く同意する。
  •  また筆者は、特捜部に多数の検事を常時配置している今のあり方にも疑問を呈しているが、特捜部解体も検討してみるべきではないかと考え始めている私は、この部分も大きくうなづきながら読んだ。
  •  メディアに登場する元検事は、基本的に今の検察のやっていることを肯定的に説明する人ばかりという印象だが、郷原氏のように、法律家として検察はいかにあるべきか、という視点で語ってくれる人が、ようやく現れたのだな、と思う。
  •  郷原氏の検察批判は、アンチ検察ではない。その言動の出発点には、検事という仕事への誇りと愛情がある。単に内部の事情に通じているというだけでなく、自分が長く携わった仕事への強い思いがあるからこそ、彼の著作物は多くの人の共感を呼ぶのではないだろうか。
  •  本書は、今後、検察がいかにあるべきかを、一人ひとりが考えるための材料をたくさん提供してくれている。

  •  国民が「特捜信仰」から解き放たれて、自ら考えるための一冊。とりわけ、この信仰の布教者となっているマスコミの方々には、ぜひ読んで欲しい。


posted by hirono at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察

逆鱗に触れたら二度と会見に出られなくなるという伝説の恐怖の記者クラブ

突如検察庁の会見が公開されることに??|堀江貴文オフィシャルブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」by Ameba
全国の検察庁会見を開放=記者クラブ外にも−最高検

司法記者クラブといえば、検察庁の超秘密会見を唯一聞く事が出来、彼らの逆鱗に触れたら二度と会見に出られなくなるという伝説の恐怖の記者クラブであるが、その記者クラブ以外にも検察庁が大盤振る舞いで会見を開放するというのだ。

首相官邸の会見が開かれれば、それは全国の官公庁をはじめとした公的組織にその流れは広がると、記者クラブに詳しいジャーナリストの上杉隆氏は言っていたが、図らずもその通りになりそうだ。しかし氏はtwitterでこう呟いている。「これまでも東京地検特捜部は最高検の方針を無視したことがある」と。上意下達がきっちりやられる官僚組織としては意外であるが、特捜部の取調べを受けたことのある筆者としては、あまり意外でもない気がする。


posted by hirono at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察

本人だけの問題として収められてしまったら、看護師を取り巻く環境は一向に改善されない

「“殺人ナース”が抱えたストレス 白い巨塔で一体何が…」:イザ!
 4月7日には京都地検が「看護師として常軌を逸した行動について容疑者の心的側面が起因している疑いがある」として京都簡裁に鑑定留置を請求し、認められた。京大は4月13日、木原容疑者が12日付で看護師を辞職したと発表した。

 鑑定留置に関して、院内からは賛同の声が多く聞かれる。ある関係者は「ちゃんと精神鑑定で調べてほしい。ストレスなら誰だって、感じているが、それだけで殺人を起こすとは到底考えられない。木原容疑者の犯行は、何らかの精神的な疾病による行動かもしれない」と推測する。また、「京大病院の労働環境が今回の事件を生み出したと結論づけるのは早急だ」との本音も聞かれる。

 会見で任和子看護部長は「夜勤帯は少ない人数でもあるし、患者さんの病態の変化は予測がつかない。若手看護師が、きちんと適応できるように力を入れている」と強調した。しかし、実際には京大病院は看護師のメンタルヘルスに特化した独自の取り組みは行っておらず「まだまだ不十分」と厳しい評価をする専門家も多い。

 看護師のメンタルヘルスなどを行う「東京メンタルヘルス」で役員を務める武藤収氏は「事件がきっかけで、看護師のストレス問題や労働環境に対して国民が関心を抱くようになった。しかし、精神鑑定によって、本人だけの問題として収められてしまったら、看護師を取り巻く環境は一向に改善されない」と警鐘を鳴らす。さらに「『ストレスから殺人は起こらない』と断言する人もいるが、同じような例はこれまでにもたくさんある。病院は責任を逃れようとしているように思える」と、病院の対応を批判する。

 今回の事件が起こった一端には、変わってしまった「患者と病院の関係」を指摘する声もある。

 京都府立医大病院の産業医は「年々、患者が病院を過信する傾向が高まり、病院側は小さなミスでも患者から訴えられるという不安を常に抱えるようになった」と指摘。「責任逃れのために、院内の人間関係が殺伐として、心が病み、このような犯罪が起きるのも自然なことだ。今後、再発を防止するには、患者との関係から変えていかなければならない」と話している。


posted by hirono at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

「検察は刑事責任を問う以上、正確な証拠に基づいて過失を判断している。審査会も同様であるべきだ」

「「ともに泣く検察」実現できず JR西の歴代3社長が強制起訴」:イザ!
「検察は刑事責任を問う以上、正確な証拠に基づいて過失を判断している。審査会も同様であるべきだ」。慎重に言葉を選びながらも、この後、再審査に移る審査会に異例ともいえる注文をつけた。

 ある地検幹部は捜査の結果を覆した「民意」への戸惑いを「これだけの事故なんだから、経営トップは起訴されるべきだという結論ありきだ。起訴をする機関が、われわれとは別にできたみたいだ」と話した。


posted by hirono at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察

宮崎刑務所:受刑者虐待、記録も改ざん 職員5人書類送検 - 毎日jp(毎日新聞)

宮崎刑務所:受刑者虐待、記録も改ざん 職員5人書類送検 - 毎日jp(毎日新聞)
2010年4月24日 10時29分

  •  宮崎刑務所(宮崎市)は23日、受刑者を収容した保護室の室温を上げて虐待し記録を改ざんしたとして、幹部職員5人を特別公務員暴行陵虐と虚偽公文書作成容疑で宮崎地検に書類送検した。このうち元処遇部長の男性(当時55歳)は事件の捜査中に自殺している。福岡矯正管区は元処遇部長を除く4人と当時の畑江裕二所長(57)を懲戒処分にした。
  •  福岡矯正管区が昨年11月に、不適正処分の疑いがある別のケースを調査中に発覚。元処遇部長は、取り調べを受けていた今年3月2日に遺書を残して自殺した。調べに「明らかな虐待だったので、分からないように記録書を作り替えた」などと供述していたという。

  •  福岡矯正管区の国吉高虎・第1部長は「組織ぐるみととらえられても仕方がない。非常に申し訳ない」と話している。【川上珠実】



Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

弁護士が自己破産 負債3億円…未処理の依頼20件 : ニュース : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

弁護士が自己破産 負債3億円…未処理の依頼20件 : ニュース : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
村上弁護士は1975年、弁護士登録。2003年、依頼者に高利の手形割引先を紹介し、高額の報酬を請求したとして2か月業務停止になるなど、02〜08年に計4回、同弁護士会から懲戒処分を受けた。管財人らによると、業務停止処分後、依頼が減少。不動産運用の失敗もあった、という。
(2010年4月23日 読売新聞)


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 弁護士

事件放置、無断で控訴取り下げ… 京都弁護士会が弁護士に退会命令 - MSN産経ニュース

事件放置、無断で控訴取り下げ… 京都弁護士会が弁護士に退会命令 - MSN産経ニュース
2010.4.23 16:14

  • 京都弁護士会は23日、受任した訴訟を放置したり、無断で控訴を取り下げたりしたなどとして、同会所属の谷角浩人弁護士(51)を退会命令の懲戒処分にしたと発表した。処分は21日付。
  • 谷角弁護士は懲戒委員会などの審査に「体調不良で出頭できない」と回答したという。16年と20年にも、事件を放置したとして業務停止6カ月などの懲戒処分を受けた。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 弁護士