-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年04月12日

「墓前で泣き崩れ…龍馬“許嫁”千葉佐那の墓にファン殺到」:イザ!

「墓前で泣き崩れ…龍馬“許嫁”千葉佐那の墓にファン殺到」:イザ!
墓碑には表に「千葉さな子墓」、裏側には「坂本龍馬室」と刻まれている。豊次が佐那から「私は龍馬の許嫁でした」と聞かされていたためだ。

 これまで清運寺には剣道を学ぶ女性が願掛けに訪れる程度だったが、「龍馬伝」の放送が始まった今年から、墓参者が増え出したという。

 女性住職の田中宏昌(こうしょう)さんは、「まったく予想外でした。3月の彼岸のときには、墓前までの道が狭いこともあって、順番待ちで墓参していただくまでになりました」と驚く。

 中には墓前で泣き崩れる女性もいるといい、今年に入ってのべ2000人が訪れた。

 何か記念をという墓参者のために寺では昨年、「千葉さな子 坂本龍馬室」と記した携帯ストラップを作成。当初は知り合いにプレゼントする程度だったが、ここにきて飛ぶように売れ、計400個の追加注文をした。

 田中住職は語る。

 「以前は龍馬の格好の男性が来て驚いたこともあります。龍馬を想って生涯独身を貫いた凛とした生き方に共感するのでしょう。かつては(龍馬夫人の)お龍ばかりに注目が集まっていましたが、佐那のことも多く知られることになったのはよかったです」

 ◇

 清運寺はJR甲府駅北口から徒歩13分。中央道甲府昭和インターから20分。「特に寺に声をかけなくても結構ですが、ただ見るだけでなく、お手を合わせてください」(田中住職)


posted by hirono at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

[テレビ]フジテレビ50周年特別企画 わが家の歴史

http://tv.yahoo.co.jp/program/234752/?date=20100411&stime=2104&ch=c428
# フジテレビ50周年特別企画 わが家の歴史 # 作三谷幸喜 柴咲コウ 佐藤浩市 松本潤 佐藤隆太 堀北真希 榮倉奈々 長澤まさみ 大泉洋/藤原竜也 内野聖陽/天海祐希 富司純子 西田敏行/役所広司 # 政子(柴咲コウ)と大造(佐藤浩市)の間に生まれた実は愛されてすくすくと成長していた。大造は仕事も順調で、東京と博多を往復する激務をこなす日々を送っていた。宗男(佐藤隆太)は芸能界で仕事を得て、波子(堀北真希)は雑誌の編集長に抜擢され、房子(榮倉奈々)はあこがれの手塚治虫(藤原竜也)のアシスタントになった。義男(松本潤)は大学に戻り、亡くなったゆかり(長澤まさみ)を吹っ切るため、一心にロケットの研究にいそしむ。ところがある日、ゆかりにそっくりな夜の女を宗男が目撃。それを聞いた義男はゆかりを探し続ける…。大造は胃の不調を訴えながら、忙しさを理由に検査を拒んでいた。政子が大造を説得、病院へ連れていく。結果は末期の胃癌。政子は、博多にいる本妻・千晶(天海祐希)へ知らせる。大造本人には事実を伏せて博多の病院へ入院させることになった。気丈に振る舞う政子。そして大造を笑顔で見送ろうとする八女家一家。幼い息子のためにも回復したい大造。何があっても生きて欲しい八女家一家。  家族の祈りは通じるのか…。
 三夜連続のドラマだったと思います。初日は「3丁目の夕日」を観たのでみれませんでした。
posted by hirono at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記