-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年04月11日

弁護士から「このままでは、やっていけない」と悲鳴に近い声が上がるようになった。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100411/trl1004110702000-n1.htm

「1500人に削減を」新日弁連会長が誕生

 「弁護士の就職難が深刻化している。立ち止まって検証すべきだ」

 今年3月10日、日弁連の会長選で当選した宇都宮健児弁護士(63)=東京弁護士会所属=は東京・霞が関の弁護士会館で記者会見し、改めて、こう強調した。

 東京や大阪の弁護士会主流派が推す元日弁連副会長の山本剛嗣(たけじ)弁護士(66)=同=との一騎打ちで、異例の再投票の末に勝利を収めた宇都宮弁護士。「弁護士人口が急増し、就職難となっている」と訴えて、司法試験合格者を現状の年間約2千人から1500人程度に削減することを提唱した。それが大きな勝因となったのは明らかだった。

 年間1000人程度だった司法試験合格者を平成22年をめどに3千人程度とすることを、法曹界での議論の末、政府が閣議決定したのは14年。「3千人」はまだ実現していないが、2千人程度まで増やされた結果、弁護士から「このままでは、やっていけない」と悲鳴に近い声が上がるようになった。
posted by hirono at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 弁護士

弁護士側から「これ以上、弁護士が増えると困る」と反発が強まる

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100411/trl1004110702000-n1.htm

 弁護士の数を増やすべきか、減らすべきか、法曹界で議論が再燃している。政府は「法的紛争の増加が予想される」として、裁判官、検察官も含めた「法曹人口」全体を拡大すべき−という立場で、司法試験合格者を現状の年2千人程度から3千人程度に増やすことを閣議決定している。これに対して、弁護士側から「これ以上、弁護士が増えると困る」と反発が強まり、「日本弁護士連合会」(日弁連)に合格者1500人論を掲げる新会長が誕生した。「なんでも裁判にするギスギスした『訴訟社会』になる」という反対論も根強い。果たして適正な弁護士の数とはどれくらいなのか。(菅原慎太郎)
posted by hirono at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 弁護士

国民生活センターによると、別れさせ屋を含む探偵業者への苦情相談は...

別れさせ屋は93年、東京・銀座の探偵業者(44)が始めた。夫の浮気に悩む妻が「浮気相手と別れさせて」と依頼するケースが多い。関東在住の女性(48)は、男性工作員が浮気相手の女性に近づき一度は離別させたが、3日後に復縁。別の業者に駆け込み、今度は女性工作員が夫に接触して別れさせた。「自分の力ではどうにもならない。子供もいるので、家庭を壊したくなかった」。女性は目に涙を浮かべ、別れさせ屋に頼った経緯を振り返った。  97年にテレビ番組で紹介されたことがきっかけで、業者が増え始めた。関東在住の20代女性は不倫相手の上司と妻を別れさせるため、名古屋市の業者に着手金を10万円払った。その後数カ月間で計290万円を請求され消費者金融のローンを組まされた。大阪市の業者に依頼した関西在住の妻は「2人は片時も離れない。最高に難しいケース」と150万円を追加請求されたが、まともな調査はされず損害賠償を求めた。  国民生活センターによると、別れさせ屋を含む探偵業者への苦情相談は、05年度に1666件とピークを記録し、その後も1000件以上で推移。探偵業者で作る社団法人・日本調査業協会の高橋新治倫理委員長(60)は「別れさせ屋でトラブルになっても依頼主の多くは動機が不純のため、訴訟では救済されにくい。別れさせ屋は法規制されるべきだ」と訴える。
「男と女の感情を巧みに利用する別れさせ屋。」ともあります。
 前にみた記事では、確か91年と書いてあったと思いますが、どちらが正しいのでしょう。銀座から始まったと、具体的に書いてあるので、こちらの方が正確な気もします。
posted by hirono at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

jQueryテストのソースコード

参考:http://allabout.co.jp/internet/javascript/closeup/CU20081030A/index2.htm ソースコード
<div id="test1">
  <div style="display:none">jQuery トグルになってます。表示/非表示</div>
  <button >可視化</button>
</div>

<script type="text/javascript">
 jQuery(function($){
   $("button","#test1").click(function () {
     $("#test2 div")
        .toggle()
        .css({ 
           "background-color":"#A0B5FF",
           "color"           :"#A3FF6C",
           "font-size"       :"28px",
           "padding"         :"8px",
           "width"           :"200px"
        })
   })
 });
</script>
posted by hirono at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

jQuery テスト

参考:http://allabout.co.jp/internet/javascript/closeup/CU20081030A/index2.htm

jQuery 表示/非表示トグルになっています。
posted by hirono at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

mapae TBテスト

 トラックバックの送信テスト。http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/向け。

\C-cwt

 管理画面では送信成功を確認したが、トラックバック送信先のココログフリーでは反映されていない。
posted by hirono at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

裁判官の仰天告白 「真犯人の確率80%でも有罪

今週木曜日夜のNHK「クローズアップ現代」で名張毒ぶどう酒事件を取り上げていて、私も見ましたが 、上記のような元裁判官のコメントには、私も違和感を感じたのは事実です。

確かに、「絶対、間違いない」という事件ではないからこそ争われ、難事件になるわけですが、そうであ るからこそ、裁判所が、合理的な疑いの有無ということを慎重に見て、10パーセント、20パーセント の中に合理的な疑いというものがあれば、いくら黒っぽくても黒を判断してはならないというのが鉄則で しょう。

とは言え、裁判官にもいろいろな人はいて、検察官の起訴、立証に誤りはないはずだという先入観にとら われているタイプもまだまだ少なくないのは事実であり、そういった発想が、上記のような「A裁判官」 のようなコメントに現れてきているのではないか、という印象も、私は受けています。

法廷に検察官が2名いる法廷、というものの怖さ(1名は裁判官)は、経験したものでなければわからな いでしょう。
 落合弁護士のブログからです。

 NHKでやっていたみたいです。 http://www.j-cast.com/tv/2010/04/09064209.html
posted by hirono at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事裁判

テストmapae

 久しぶりにEmacsのmapaeから投稿。
あああああああああああああああああああ あああ あああ Test
aaaaaaaaaaaaaaaa
posted by hirono at 01:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記