-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年04月09日

量刑よりも、自分の主張を理解してもらう方に関心が強いのでは」と分析する。

「死刑判決の小泉毅被告 心の中を推測すると… 専門家に聞く」:イザ!
 小泉被告は公判中、「決起は未完成。生まれ変わったらまたやる」など、被害者の感情を逆なでするような発言を続けた。この点について、新潟青陵大学大学院の碓井真史教授は「量刑よりも、自分の主張を理解してもらう方に関心が強いのでは」と分析する。また、聖学院大学の作田明客員教授は、「自分の生命にも他人の生命にも無頓着。犯行時も死刑になると思っていたはず」と話す。

 さらに両教授は、平成20年の秋葉原無差別殺傷事件や13年の大阪教育大学付属池田小事件も例に挙げながら、死刑を望んで事件を起こす人の共通点に言及した。

 碓井教授は「彼らは人生につまずいたとき、自信を失った原因を社会のせいにする傾向がある。その原因は、学歴や職業、動物行政など何でもいい」という。

 また、作田教授は「『自分は優れた人間だが、能力を発揮できないのは機会がないためだ』というように、挫折の原因を機会のせいにしている。彼らの犯罪行動は、基本的には自己顕示のためだ」と話す。


posted by hirono at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会