-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年04月05日

表現の自由は絶対ではない。失われる利益が大きいなら規制もある。

橋下発言に抗議メール400件 わいせつ漫画規制(産経新聞) - Yahoo!ニュース
 東京都の青少年健全育成条例改正案について、橋下知事は「表現の自由は絶対ではない。失われる利益が大きいなら規制もある。子供を守るのが大人の責務で、表現の自由だけで議論を封鎖するのはおかしな話だ」と指摘。担当部署が実態把握に乗り出す。


posted by hirono at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

「「初動捜査の進「「初動捜査の進化を」足利再審無罪受け、警察庁長官がげき」:イザ!

「「初動捜査の進化を」足利再審無罪受け、警察庁長官がげき」:イザ!
会議には同庁幹部や都道府県警の刑事部長ら約120人が出席。安藤長官は(1)初動で捜査力を集中的に投入(2)DNA型データベースや防犯カメラなどの活用(3)虚偽の自白を生まない取り調べと供述の裏付けの徹底−などを求めた。

 時効見直しにも言及。「被害者の心情に沿うもの」との認識を示し「証拠物保管を徹底するように」と訓示した。


posted by hirono at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「「2ちゃん」の被害者へ関連本印税から賠償金」:イザ!

「「2ちゃん」の被害者へ関連本印税から賠償金」:イザ!
原告代理人斎藤裕弁護士(新潟市)は「2ちゃんねるの元管理人西村博之氏はこれまで同様の訴訟での損害賠償金支払い命令に応じていないとされ、画期的」としている。

 斎藤弁護士によると、西村氏が損害賠償金支払い命令に応じないため、書き込みに基づいた書籍の印税に着目。2ちゃんねる関連の書籍を平成20年6月に出版した新潮社を相手に、西村氏への印税を名誉棄損の被害者に支払うよう求め、東京地裁に提訴した。


posted by hirono at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

世論形成の場としてのツイッター・ブログ(堀義人 起業家の冒言)(GLOBIS.JP) - goo ニュース

世論形成の場としてのツイッター・ブログ(堀義人 起業家の冒言)(GLOBIS.JP) - goo ニュース
僕は、以前、コラム「世論形成の場としてのダボス会議」を書いた。ダボス会議は、トップダウンの世論形成の場である。世界を引っ張っていく、国際機関、政治家、中央銀行、金融・財界のトップ、宗教界、学界のトップが集っており、その議論を世界のメディアが報道する。ダボス会議での意見が、その後一年間のアジェンダを設定し、世論を形成していくのである。

一方、ツイッターとブログは、全く違う草の根世論を形成していく場だと思っている。ブログのみではそれほどのパワーを感じなかったが、ツイッターが加わり、僕は大いなる可能性を感じ始めている。

マスメディアが生まれてから今まで、個人が発言しても、メディアで取り上げられない限り、個々人の主張が広く伝わることは無かった。新聞・テレビなどができる前には、本などがその役割を果たしていたが、今は逆に、メディアを通して広まる本の方が圧倒的に多い気がしている。

だが、ITの進化に伴い、マスメディアの力が相対的に弱まり、個人の意見の集合体が世論を形成できるようになってきた。つまり、螺旋階段をぐるっと回って、古代ギリシャ時代の道端の議論で世論を形成したころに、感覚が戻っているのである。その感覚の延長戦上で物凄い多くのバイラル(口コミ)のコミュニケーションが繋がり、世論を形成するパワーになっているのである。


posted by hirono at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道関係

[Vim]正規表現でマッチする範囲を制限する

Vim-users.jp - Hack #70: 正規表現でマッチする範囲を制限する
Vim の正規表現には変わった機能として、マッチングの範囲を制限する機能があります。他の正規表現エンジンではあまり見かけない書き方ですが、使い方さえわかれば非常に便利な機能です。
\zs と \ze

\zs (start の s) と \ze (end の e) を使うことでマッチする範囲を限定することができます。例えば、

/function\s\+\zs\k\+

と検索すると、function に続く単語が検索されます。この際、function の部分はハイライトされません。なぜなら、\zs のある箇所からがマッチ対象になるためです。同様に \ze があった場合はそれ以降の文字列はマッチ対象から外れます。

 こちらで始めに目にして気になり調べてみました。これは結構使えそうです。
 例えば次のようなコードがあったとして、
for line in getline(1, 20)
        let getline_str = ""
          if line =~ "Date: "
            echo matchstr(line, 'Date: \zs.*')
          endif
        endfor

 :%s/.*\sget\zs.*\ze(/put/g
と実行すると、

for line in getput(1, 20)
        let getline_str = ""
          if line =~ "Date: "
            echo matchstr(line, 'Date: \zs.*')
          endif
        endfor
for line in getput(1, 20)
        let getline_str = ""
          if line =~ "Date: "
            echo matchstr(line, 'Date: \zs.*')
          endif
        endfor

のように変換されました。まともに単語だけ指定して置換するとgetline_strの部分も置き換わっているはずです。




posted by hirono at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Vim