-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年04月15日

弁護士の仕事は依頼者との情報格差が大きいため、依頼者が仕事を評価することは困難

弁護士は多ければよいのか?−新聞の不勉強度
 弁護士の数が増え、相対的に仕事量が減ると、次に起きることは需要を掘り起こすことです。既に消費者金融に対する過払い金返還請求ではテレビ広告が目立つようになりました。しかし多額の手数料を受け取るケースなどトラブルがあり、金融庁は、弁護士の団体に対し、広告のあり方について自主的な改善を要請する方針とされています。  米国では大規模リコールによって所有する車の評価額が低下したとしてオーナー数百万人がトヨタを相手取って集団訴訟を起こしたとされ、賠償額はAFPによると最大300億ドル(APでは30億ドル)に上る可能性もあると報道されています。日本の感覚ではちょっと考えられませんが、弁護士が仕事を作り出す必要に駆られればこんなことも起こるのでしょう。こうなればどう見ても商売です(法化社会という言葉は司法改革の目標として使われましたが、まさか米国をお手本にしたものではないでしょうね)。  6倍もの増員によって強い競争状態が生まれれば、特権的職業という意味は薄れ、社会的地位や経済的な安定性も低下すると思われます。一方、弁護士の仕事は依頼者との情報格差が大きいため、依頼者が仕事を評価することは困難であり、任せ切りにならざるを得ません。そのため、弁護士には高い職業倫理が求められます。命を預ける医師が経済合理性を追求しては困るのと同様、弁護士が経済合理性だけで仕事をしたのではちょっと困るわけです。仕事が不足する状況で高い職業倫理を保つことができるでしょうか、衣食足りて礼節を・・・ですから。  要するに、増員そのものはよいとしてもその量はどのくらいが適当なのか、ということを頭から無視した議論は意味がないと思います。根拠の希薄な3000人合格、6倍増員を無批判に信じ込むような議論は有害ですらあります。  これらの社説を読む限り、各紙が司法改革を十分理解しているとは思えません。司法改革は国民生活に重大な影響をもつ問題であり、一知半解のまま報道すれば世論をミスリードすることになりかねず、見過ごせない問題です。  社説は新聞社の意見を代表し、また新聞社の見識を示すものです。それだけにこれらの社説を読むと暗い気持ちになります。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 弁護士

弁護士が違法な提訴、賠償支払い命じる判決 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

弁護士が違法な提訴、賠償支払い命じる判決 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 東京弁護士会の竹内良知弁護士(67)から違法に提訴され精神的苦痛を受けたとして、竹内弁護士の事務所があるマンション管理会社の役員の男性が、慰謝料など40万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が14日、東京地裁であった。  宮島文邦裁判官は、「法律的根拠を欠いていることを知りながら提訴したことは明らかだ」と述べ、請求全額の支払いを命じた。  竹内弁護士は昨年3月、男性から虚偽の事実に基づく懲戒請求をされたとして、損害賠償を求め提訴したが、男性から反訴され、請求を放棄。今年2月には、同じマンションを巡るトラブルに絡み、拳銃のようなものを構えている自分の写真を管理会社に渡したなどとして東京弁護士会から業務停止1か月の懲戒処分を受けている。同様の写真が印刷された名刺は、同地裁にも証拠として提出していた。 (2010年4月14日22時05分 読売新聞)
 拳銃の話は前に、ネットの記事でみたような覚えがあります。はっきりとは覚えていないのですが。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 弁護士

今や弁護士だけではなく、あらゆる専門家が変わってしまった。

イデア綜合法律事務所 | 進みつつある司法占領?〜金子大阪弁護士会会長の「混合法人」報告レジュメその2 (坂野弁護士ブログ)
IPによる、外国巨大ローファームによる日本の法律事務所支配について、特にどうだって良いという意見の方もおられるだろう。しかし、外国の巨大ローファームは、慈善事業で日本に進出してくるわけではない。あくまでビジネスのため、儲けるためだ。



  「専門家が、正義を失いかつて弁護士と医者、会計士は自らを公的責任を伴う民間プロフェッショナルとみなしていた。自分の事務所のためだけでなく、社会全体にとって善か否かを考えながら責任感を持って行動していた。弁護士は、時間を浪費する訴訟ややみくもな買収を考え直すよう依頼人に助言することさえあった。今や弁護士だけではなく、あらゆる専門家が変わってしまった。」とニューズウイーク紙(日本版)で嘆かれているように、現在のアメリカの弁護士は、時間を浪費する訴訟や、闇雲な買収であっても、儲けのためなら依頼者に勧める現状すらあると思われる。

 アメリカのお話みたいです。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 弁護士

いまや「弁護士=法律のプロ」とは限らない。「法曹リスク」という新たなリスクを社会にもたらしつつあるのだ。

他人事では済まない「新聞沙汰」の恐怖 | 解決!法律塾
かように数字合わせ的に新人弁護士が大量に生まれてくると、玉石混淆の状態に陥ることが危惧される。実際、司法修習の教官の間で話題になっている「質の低下」にまつわるエピソードがある。

自動車の借り主を持ち主と信じてその自動車を買い受けても、自動車の所有権は買い手に移る。これを動産の「即時取得」という。一方、不動産である土地に関しては、買い受けただけでは不十分。先に別の者に登記をされてしまえば原則として所有権を主張できない。これは法学部の学生なら誰でも知っているイロハのイ。それなのにロースクール組の修習生に「不動産も即時取得できる」と堂々と主張する者がいて、開いた口が塞がらなかったそうだ。

いまや「弁護士=法律のプロ」とは限らない。司法制度改革は大訴訟社会の到来とともに、「法曹リスク」という新たなリスクを社会にもたらしつつあるのだ。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 弁護士

法曹人口の拡大策、その発端は検察官不足の解消にあった。

他人事では済まない「新聞沙汰」の恐怖 | 解決!法律塾
どうしてそうなったのかというと、司法制度改革のなかで、法曹人口の拡大策がとられたから。表向きの目的は、本来司法が解決すべき事柄の8割が政治的な決着や行政指導などで解決されている「2割司法」の状況を打開することだった。しかし、種明かしをすると、その発端は検察官不足の解消にあった。

第43期の司法修習生である私の同期は約500人。1年前に修習を終了した第42期では、採用枠50人に対して実際検事の道を選んだのは20人にも満たなかった。各都道府県にある地方検察庁のトップが検事正だから、「これなら全員検事正になれるね」という冗談が出るほど、検事は人気がなかったのだ。バブルが弾ける前ということもあり、大手の弁護士事務所から高給での誘いが多かったうえ、検事は転勤が多くて敬遠されていたようである。

そこで02年3月に閣議決定された司法制度改革推進計画のなかで、「10年ごろには司法試験の合格者を年間3000人程度とする」との目標が定められ、新たな法曹養成機関として法科大学院(ロースクール)の新設も決まった。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察

2010年04月14日

[ドラマ]Mother #1「児童虐待からの脱出渡り鳥になった二人」

Mother - Yahoo!テレビ.Gガイド [テレビ番組表]
# Mother #1「児童虐待からの脱出渡り鳥になった二人」
# その時、女は決意した 。 虐待を受けている少女を誘拐し、その子の母親になることを 。 このドラマを、すべての女性たちへ捧げます
# 奈緒は大学で渡り鳥の研究に励んでいたが、研究室が閉鎖され仕方なく小学校で教師をしていた。そこで出会った生徒の怜南は無愛想な奈緒の事をなぜか慕っていた。怜南と接するうちに、奈緒は気づく。彼女の身体にいくつか痣があることを。それが何を意味するかは直感でわかった。周囲の大人は見て見ぬフリをしていた。初めは傍観していた奈緒だったが、ある事件をきっかけに重大な決意をする。怜南を誘拐し彼女の母親になることを…
# 出演 松雪泰子/山本耕史、酒井若菜、倉科カナ、芦田愛菜(子役)/尾野真千子、川村陽介、市川実和子、音尾琢真、田中実、綾野剛/高畑淳子/田中裕子
# スタッフ 【脚本】坂元裕二 【演出】水田伸生


posted by hirono at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月12日

「墓前で泣き崩れ…龍馬“許嫁”千葉佐那の墓にファン殺到」:イザ!

「墓前で泣き崩れ…龍馬“許嫁”千葉佐那の墓にファン殺到」:イザ!
墓碑には表に「千葉さな子墓」、裏側には「坂本龍馬室」と刻まれている。豊次が佐那から「私は龍馬の許嫁でした」と聞かされていたためだ。

 これまで清運寺には剣道を学ぶ女性が願掛けに訪れる程度だったが、「龍馬伝」の放送が始まった今年から、墓参者が増え出したという。

 女性住職の田中宏昌(こうしょう)さんは、「まったく予想外でした。3月の彼岸のときには、墓前までの道が狭いこともあって、順番待ちで墓参していただくまでになりました」と驚く。

 中には墓前で泣き崩れる女性もいるといい、今年に入ってのべ2000人が訪れた。

 何か記念をという墓参者のために寺では昨年、「千葉さな子 坂本龍馬室」と記した携帯ストラップを作成。当初は知り合いにプレゼントする程度だったが、ここにきて飛ぶように売れ、計400個の追加注文をした。

 田中住職は語る。

 「以前は龍馬の格好の男性が来て驚いたこともあります。龍馬を想って生涯独身を貫いた凛とした生き方に共感するのでしょう。かつては(龍馬夫人の)お龍ばかりに注目が集まっていましたが、佐那のことも多く知られることになったのはよかったです」

 ◇

 清運寺はJR甲府駅北口から徒歩13分。中央道甲府昭和インターから20分。「特に寺に声をかけなくても結構ですが、ただ見るだけでなく、お手を合わせてください」(田中住職)


posted by hirono at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

[テレビ]フジテレビ50周年特別企画 わが家の歴史

http://tv.yahoo.co.jp/program/234752/?date=20100411&stime=2104&ch=c428
# フジテレビ50周年特別企画 わが家の歴史 # 作三谷幸喜 柴咲コウ 佐藤浩市 松本潤 佐藤隆太 堀北真希 榮倉奈々 長澤まさみ 大泉洋/藤原竜也 内野聖陽/天海祐希 富司純子 西田敏行/役所広司 # 政子(柴咲コウ)と大造(佐藤浩市)の間に生まれた実は愛されてすくすくと成長していた。大造は仕事も順調で、東京と博多を往復する激務をこなす日々を送っていた。宗男(佐藤隆太)は芸能界で仕事を得て、波子(堀北真希)は雑誌の編集長に抜擢され、房子(榮倉奈々)はあこがれの手塚治虫(藤原竜也)のアシスタントになった。義男(松本潤)は大学に戻り、亡くなったゆかり(長澤まさみ)を吹っ切るため、一心にロケットの研究にいそしむ。ところがある日、ゆかりにそっくりな夜の女を宗男が目撃。それを聞いた義男はゆかりを探し続ける…。大造は胃の不調を訴えながら、忙しさを理由に検査を拒んでいた。政子が大造を説得、病院へ連れていく。結果は末期の胃癌。政子は、博多にいる本妻・千晶(天海祐希)へ知らせる。大造本人には事実を伏せて博多の病院へ入院させることになった。気丈に振る舞う政子。そして大造を笑顔で見送ろうとする八女家一家。幼い息子のためにも回復したい大造。何があっても生きて欲しい八女家一家。  家族の祈りは通じるのか…。
 三夜連続のドラマだったと思います。初日は「3丁目の夕日」を観たのでみれませんでした。
posted by hirono at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月11日

弁護士から「このままでは、やっていけない」と悲鳴に近い声が上がるようになった。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100411/trl1004110702000-n1.htm

「1500人に削減を」新日弁連会長が誕生

 「弁護士の就職難が深刻化している。立ち止まって検証すべきだ」

 今年3月10日、日弁連の会長選で当選した宇都宮健児弁護士(63)=東京弁護士会所属=は東京・霞が関の弁護士会館で記者会見し、改めて、こう強調した。

 東京や大阪の弁護士会主流派が推す元日弁連副会長の山本剛嗣(たけじ)弁護士(66)=同=との一騎打ちで、異例の再投票の末に勝利を収めた宇都宮弁護士。「弁護士人口が急増し、就職難となっている」と訴えて、司法試験合格者を現状の年間約2千人から1500人程度に削減することを提唱した。それが大きな勝因となったのは明らかだった。

 年間1000人程度だった司法試験合格者を平成22年をめどに3千人程度とすることを、法曹界での議論の末、政府が閣議決定したのは14年。「3千人」はまだ実現していないが、2千人程度まで増やされた結果、弁護士から「このままでは、やっていけない」と悲鳴に近い声が上がるようになった。
posted by hirono at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 弁護士

弁護士側から「これ以上、弁護士が増えると困る」と反発が強まる

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100411/trl1004110702000-n1.htm

 弁護士の数を増やすべきか、減らすべきか、法曹界で議論が再燃している。政府は「法的紛争の増加が予想される」として、裁判官、検察官も含めた「法曹人口」全体を拡大すべき−という立場で、司法試験合格者を現状の年2千人程度から3千人程度に増やすことを閣議決定している。これに対して、弁護士側から「これ以上、弁護士が増えると困る」と反発が強まり、「日本弁護士連合会」(日弁連)に合格者1500人論を掲げる新会長が誕生した。「なんでも裁判にするギスギスした『訴訟社会』になる」という反対論も根強い。果たして適正な弁護士の数とはどれくらいなのか。(菅原慎太郎)
posted by hirono at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 弁護士

国民生活センターによると、別れさせ屋を含む探偵業者への苦情相談は...

別れさせ屋は93年、東京・銀座の探偵業者(44)が始めた。夫の浮気に悩む妻が「浮気相手と別れさせて」と依頼するケースが多い。関東在住の女性(48)は、男性工作員が浮気相手の女性に近づき一度は離別させたが、3日後に復縁。別の業者に駆け込み、今度は女性工作員が夫に接触して別れさせた。「自分の力ではどうにもならない。子供もいるので、家庭を壊したくなかった」。女性は目に涙を浮かべ、別れさせ屋に頼った経緯を振り返った。  97年にテレビ番組で紹介されたことがきっかけで、業者が増え始めた。関東在住の20代女性は不倫相手の上司と妻を別れさせるため、名古屋市の業者に着手金を10万円払った。その後数カ月間で計290万円を請求され消費者金融のローンを組まされた。大阪市の業者に依頼した関西在住の妻は「2人は片時も離れない。最高に難しいケース」と150万円を追加請求されたが、まともな調査はされず損害賠償を求めた。  国民生活センターによると、別れさせ屋を含む探偵業者への苦情相談は、05年度に1666件とピークを記録し、その後も1000件以上で推移。探偵業者で作る社団法人・日本調査業協会の高橋新治倫理委員長(60)は「別れさせ屋でトラブルになっても依頼主の多くは動機が不純のため、訴訟では救済されにくい。別れさせ屋は法規制されるべきだ」と訴える。
「男と女の感情を巧みに利用する別れさせ屋。」ともあります。
 前にみた記事では、確か91年と書いてあったと思いますが、どちらが正しいのでしょう。銀座から始まったと、具体的に書いてあるので、こちらの方が正確な気もします。
posted by hirono at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

jQueryテストのソースコード

参考:http://allabout.co.jp/internet/javascript/closeup/CU20081030A/index2.htm ソースコード
<div id="test1">
  <div style="display:none">jQuery トグルになってます。表示/非表示</div>
  <button >可視化</button>
</div>

<script type="text/javascript">
 jQuery(function($){
   $("button","#test1").click(function () {
     $("#test2 div")
        .toggle()
        .css({ 
           "background-color":"#A0B5FF",
           "color"           :"#A3FF6C",
           "font-size"       :"28px",
           "padding"         :"8px",
           "width"           :"200px"
        })
   })
 });
</script>
posted by hirono at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

jQuery テスト

参考:http://allabout.co.jp/internet/javascript/closeup/CU20081030A/index2.htm

jQuery 表示/非表示トグルになっています。
posted by hirono at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

mapae TBテスト

 トラックバックの送信テスト。http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/向け。

\C-cwt

 管理画面では送信成功を確認したが、トラックバック送信先のココログフリーでは反映されていない。
posted by hirono at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

裁判官の仰天告白 「真犯人の確率80%でも有罪

今週木曜日夜のNHK「クローズアップ現代」で名張毒ぶどう酒事件を取り上げていて、私も見ましたが 、上記のような元裁判官のコメントには、私も違和感を感じたのは事実です。

確かに、「絶対、間違いない」という事件ではないからこそ争われ、難事件になるわけですが、そうであ るからこそ、裁判所が、合理的な疑いの有無ということを慎重に見て、10パーセント、20パーセント の中に合理的な疑いというものがあれば、いくら黒っぽくても黒を判断してはならないというのが鉄則で しょう。

とは言え、裁判官にもいろいろな人はいて、検察官の起訴、立証に誤りはないはずだという先入観にとら われているタイプもまだまだ少なくないのは事実であり、そういった発想が、上記のような「A裁判官」 のようなコメントに現れてきているのではないか、という印象も、私は受けています。

法廷に検察官が2名いる法廷、というものの怖さ(1名は裁判官)は、経験したものでなければわからな いでしょう。
 落合弁護士のブログからです。

 NHKでやっていたみたいです。 http://www.j-cast.com/tv/2010/04/09064209.html
posted by hirono at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事裁判

テストmapae

 久しぶりにEmacsのmapaeから投稿。
あああああああああああああああああああ あああ あああ Test
aaaaaaaaaaaaaaaa
posted by hirono at 01:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2010年04月10日

証拠不足を理由に取り合ってもらえず、警察署から出てきたのを待ち受けていたのは別の暴力団関係者だった。

「覚醒剤密売人の被告「子供と住もうと」裏家業ズルズル…」:イザ!
 検察側の冒頭陳述などによると、もともと、被告は元妻と8〜15歳の3人の子供との5人暮らし。しかし、約2年前、養育上の問題を理由に児童相談所の職員が被告宅から子供を引き取ろうとした際、これを止めようとしてもみ合いに。職員の歯が折れるなどしたため被告は傷害容疑で逮捕され、子供たちも施設入りを余儀なくされたという。

 逮捕後も家族と再び暮らす日を夢見ていたという被告は、なぜ薬物犯罪に手を染めてしまったのか。

 コンピューターソフトの開発技術を持っていた被告は、留置場で知り合った暴力団関係者の男に、経営するスナックの売り上げ管理ソフトの作成を依頼される。仕事を探していた被告はこれを快諾したが、男からの要求は徐々にエスカレート。カードの決済処理を次々と頼まれるようになり、不正請求の片棒を担がされていたことに気づいた被告は、神奈川県警に通報したという。しかし、証拠不足を理由に取り合ってもらえず、警察署から出てきたのを待ち受けていたのは別の暴力団関係者だった。

 「もうかる予定だったものがもうからなくなった。(密売人として)働いて借金を返せ、と言われました」

 こうして、被告は密売人として働きだす。“パクられ要員”と呼ばれ、摘発される危険性が高い新規顧客への受け渡しを担当。一方、“借金”は減るどころかノルマ未達成を理由に増え続け、逮捕時は「所持金もなく、服もボロボロだった」(弁護人)という。


posted by hirono at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察