-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年03月27日

宇都宮健児日弁連新会長の課題はモンスター弁護士の排除

PJ NEWS | 794 -
この兵庫県弁護士会の決議と同日に日経BP社が運営する安心・安全情報ポータル「SAFETY JAPAN」には悪の弁護士が増えているという衝撃的な記事が掲載された(夏原武「「モンスター弁護士」急増中。「借金整理を頼めばかえって損」「自ら詐欺主導」「夫婦で8億脱税」など。 今後弁護士が信用できなくなる「理由」を、全部書く!」SAFETY JAPAN 2010年3月23日)。
http://www.nikkeibp.co.jp/article/sj/20100318/216607/

記事では依頼人を食い物にする弁護士や、偽造した代理権委任状で交渉の相手方から金を詐取した弁護士の事例が紹介される。このようなモンスター弁護士出現の背景として法曹人員増加を指摘する。また、避けた方がいい弁護士として「広告をばらまいているような弁護士」に言及する。これらは宇都宮氏の問題意識と重なる。

この記事の優れた点は弁護士業務全体の問題としてモンスター弁護士に警鐘を鳴らしている点である。これまで依頼人を食い物にする弁護士も弁護士広告の問題も債務整理の分野を中心とする傾向があった。弁護士にとって過払い金返還請求は労せずに利益を得られる分野であり、モンスター弁護士が債務整理に群がったことは事実である。しかし、上限金利引き下げや総量規制、消費者金融業者の業績不振により、過払い金返還バブルは崩壊しつつある。

過払い金返還バブルの崩壊と共に債務整理に群がったモンスター弁護士も消滅してくれれば問題ないが、彼らは別の分野で儲けようとするだろう。債務整理を主力としていたモンスター弁護士が債務整理市場の縮小によって弁護士業務一般に進出していく。モンスター弁護士は債務整理という特殊な分野に限定される問題ではない。

モンスター弁護士が弁護士業務一般に進出する害悪は、債務整理分野の比ではない。モンスター弁護士の被害者は依頼人と交渉・訴訟の相手方に大別される。依頼人はだまされた面があるとしても、その弁護士を自ら選択した結果である。これに対して、交渉・訴訟の相手方は悲惨である。その弁護士を自ら選択したわけではなく、相手方の弁護士を変えさせることはできない。虚偽主張や不正を平気で行うような弁護士と戦わなければならない。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 弁護士

中日新聞:崩れる「求刑8掛け」 裁判員判決で量刑に異変:社会(CHUNICHI Web)

中日新聞:崩れる「求刑8掛け」 裁判員判決で量刑に異変:社会(CHUNICHI Web)
 刑事裁判に「国民の良識」を取り入れようと昨年5月に始まった裁判員制度。刑の重さをめぐり、これまで裁判官が培ってきた量刑相場や裁判例に対して、裁判員が異を唱える場面が相次いでいる。市民感覚で、裁判が変わりつつある。

 「過去の裁判例も参考にしたが、国民感情では軽いと感じられることも考慮した」

 2月下旬、女子高校生への強姦(ごうかん)致傷罪などに問われた溶接工の男(36)に懲役9年(求刑懲役10年)を言い渡した名古屋地裁の裁判員裁判。芦沢政治裁判長は判決理由でこう言及した。裁判員も判決後の記者会見で、同種犯罪の量刑傾向について「軽い」と口をそろえた。

 「一般常識を判決に反映させたかった」と40代の男性裁判員。30代の女性裁判員は「求刑を聞いて、そんなに軽いんだと驚いた。いきなり量刑を重くするのは難しいだろうが、徐々に国民目線を取り入れてほしい」と期待を込めた。

 愛知県弁護士会刑事弁護委員会の岩井羊一副委員長は「性犯罪では裁判員制度が始まる前から重罰化の傾向があったが、裁判員が加わることで、厳罰を訴える被害者側の声がより反映されるようになった」とみている。

 裁判官だけによる従来の裁判では「求刑の8掛け(0・8倍)」が量刑相場とも言われてきた。だが裁判員裁判では、相場が「軽い」と批判され、求刑通りや8掛け以上の判決が出る事例が性犯罪事件を中心に目立つ。逆に身内同士のいさかいによる傷害致死事件では、求刑の半分以下の軽い刑が出たケースもある。

 量刑の幅が広がるのは法曹関係者の間で予想されてきた。名古屋地検幹部は「口頭のやりとりが中心となる裁判員裁判では、公判の雰囲気などに応じ求刑自体も幅が出つつあるのでは」と指摘する。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員制度

足利事件:菅家さん無罪 第三者機関で検証を−−京都弁護士会長が声明 /京都 - 毎日jp(毎日新聞)

足利事件:菅家さん無罪 第三者機関で検証を−−京都弁護士会長が声明 /京都 - 毎日jp(毎日新聞)
足利事件の再審で、いったん無期懲役刑が確定した菅家利和さんに無罪が言い渡されたことを受け、京都弁護士会(村井豊明会長)は26日、警察や裁判所から独立した第三者機関を設置し、冤罪(えんざい)が起きた過程を検証するよう国に求める会長声明を発表した。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 捜査・取り調べ

リージョン内のダブルクォーテーションと改行をすべてエスケープ

(defun h-Double-quotation-escape-region (start end)
  "リージョン内のダブルクォーテーションをすべてエスケープ"
  (interactive "r")
  (let ((s (make-marker)) (e (make-marker)))
         (set-marker s start) (set-marker e end)
    (goto-char s)
  (save-excursion
    (save-restriction
      (narrow-to-region start end)
      (goto-char (point-min))
      (while (search-forward "\"" nil t)
        (replace-match "\\\\\""))))
  (save-excursion
    (save-restriction
      (narrow-to-region s e)
      (goto-char s)
      (while (search-forward "\n" nil t)
        (replace-match "\\\\ \n"))))))

 JavaScriptの場合、変数に改行を含めて代入する場合、改行をエスケープしておく必要があるみたいです。
 実行するとこんな感じになります。

(defun h-Double-quotation-escape-region (start end)\
  \"リージョン内のダブルクォーテーションをすべてエスケープ\"\
  (interactive \"r\")\
  (let ((s (make-marker)) (e (make-marker)))\
         (set-marker s start) (set-marker e end)\
    (goto-char s)\
  (save-excursion\
    (save-restriction\
      (narrow-to-region start end)\
      (goto-char (point-min))\
      (while (search-forward \"\\"\" nil t)\
        (replace-match \"\\\\\\"\"))))\
  (save-excursion\
    (save-restriction\
      (narrow-to-region s e)\
      (goto-char s)\
      (while (search-forward \"\n\" nil t)\
        (replace-match \"\\\\ \n\"))))))\

 実際にJavaScriptの変数の代入には、まだ使っていませんが、たぶん大丈夫だと思います。
 問題があれば、また修正します。



posted by hirono at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記