-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年03月19日

複数の効果を同時に実行する

Script.aculo.usで実現できる、さまざまな視覚効果(4/5):CodeZine
 同時に複数の効果を表示するには、「Parallel」というものを利用します。これは、引数にあらかじめ用意しておいた効果の配列を同時に実行するものです。例えば、Opacity,Move,Scaleの3つの効果を同時に実行させる場合を考えてみましょう。


posted by hirono at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | JavaScript

現在の検察庁の体質を示している

弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」
プライバシーを含め、必要に応じて真相を解明するのが捜査である上、取調べの際に作成していたメモが存在していても、その後の公判で慎重に取り扱われることは確実でプライバシー侵害の恐れは極めて低く(皆無といっても良いでしょう)、取調べの経過を隠ぺいするために、意図的に廃棄したと判断されても仕方がないでしょうね。

被疑者や関係者が、手帳やメモなどを廃棄すると、証拠隠滅などと騒ぎ立て、逮捕、勾留までしたりするのに、自分たちが持っている重要資料は廃棄しても平気、という感覚は、かなり問題でしょう。現在の検察庁の体質を示しているようで、興味深くも情けないものがあります。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察

杜子春伝

杜子春 - Wikipedia
峨眉山の頂上に一人残された杜子春は試練を受ける。鉄冠子が帰ってくるまで、何があっても口をきいてはならないのというのだ。虎や大蛇に襲われても、彼の姿を怪しんだ神に突き殺されても、地獄に落ちて責め苦を加えられても、杜子春は一言も言わない。怒った閻魔大王は、畜生道に落ちた杜子春の両親を連れて来させると、彼の前で鬼たちにめった打ちにさせる。無言を貫いていた杜子春だったが、苦しみながらも杜子春を思う母親の心を知り、耐え切れず「お母さん!」と一声、叫んでしまった。

叫ぶと同時に杜子春は現実に戻される。洛陽の門の下、春の日暮れ、すべては仙人が見せていた幻だった。これからは人間らしい暮らしをすると言う杜子春に、仙人は泰山の麓にある一軒の家と畑を与えて去った。
原作との相違点 [編集]

原作の「杜子春伝」では、杜子春は地獄に落ちた後、女に生まれ変わって誕生するが、やはり全く物を言わず、結婚して子を産んでも喜びの声一つ発しなかったため、怒った夫が赤ん坊を叩き殺し、そこで妻(杜子春)が悲鳴を上げたところで現実に戻り、仙人は声を出さなかったら仙薬ができ仙人になれたのに、と言って突き放す。芥川は、親が地獄の責め苦を受ける場面に変えて、「あの時もし声を出さなかったら、お前を殺していた」と仙人に言わせ、児童向けの内容にすると共により人間味を前面に出した物語にしているが、反面、多少の教訓臭が感じられないでもない。


 芥川龍之介の小説だったともしらず、原作の存在についても今回初めて知りましたが、「即天武后」に出ていたのが原作だったようです。


posted by hirono at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記