-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

新潟でも裁判員裁判が始まるが、弁護士側にいまだ多くの課題が残っている。 - 雪の街だより

新潟でも裁判員裁判が始まるが、弁護士側にいまだ多くの課題が残っている。 - 雪の街だより
 弁護人側の課題は実に多い。最大の課題は裁判員裁判を引き受ける弁護士が不足していることだ。たとえば、長岡地域

で裁判員裁判対象事件の弁護人をしてもいいという弁護士は、3人しかいない(ちなみに上越は6人が承諾している)。とこ

ろが、長岡では既に3件の事件が起訴されており、既に承諾した3名が起用されており、次に事件が起こったら誰がその裁

判員事件を担当するのかという切実な問題が生じている。そのため、新潟地域から弁護人を選任するという考え(これは、

被疑者への接見が頻繁にできない不都合が生ずる)や法テラスのスタッフ弁護士に担ってもらおうか、という考えまででてく

る状況である。この課題は、上越にも等しくあてはまる。

 どうして、こんな弁護人のなり手がいなくなってしまうような制度を弁護士会として賛成してしまったのか。かくいう自分は、

この制度の導入をめぐる議論があった当時はまったく無関心であった。無知、無関心のツケは余りにも重過ぎる。



Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 弁護士

布川事件:三者打ち合わせの席で対応と検察 申し入れ書に /茨城(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

布川事件:三者打ち合わせの席で対応と検察−−申し入れ書に /茨城(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
3月6日11時45分配信 毎日新聞
 利根町布川で67年に大工の玉村象天さん(当時62歳)が殺害された「布川事件」で、再審が確定した桜井昌司さん(63)と杉山卓男さん(63)の弁護団が水戸地検に謝罪などを要求した申し入れ書に対し、水戸地検は5日、弁護団に文書で「3月19日の三者打ち合わせの席で対応したい」と回答したと明らかにした。新倉英樹・水戸地検次席検事は、法廷外での弁護団とのやり取りを避けたと説明した。再審公判の事前協議は3月19日に水戸地裁土浦支部で開かれる予定。【原田啓之】


Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察

過大報酬、弁護士を懲戒処分=業務停止4カ月-愛知県弁護士会

時事ドットコム:過大報酬、弁護士を懲戒処分=業務停止4カ月−愛知県弁護士会
 過大な弁護士報酬を受領したとして、愛知県弁護士会は6日までに、同会所属の深見章弁護士(66)を業務停止4カ月の懲戒処分とした。  同会によると、深見弁護士は強制わいせつ容疑で逮捕された依頼人と1時間当たりの報酬を5万円とすることで合意し、依頼人の親から2004年8月〜05年6月、計約2190万円を受領したが、同会は300万円程度が適正な報酬だったと判断した。処分は2日付。  深見弁護士は「懲戒処分には従う」と述べているが、過大分とされた約1890万円は経済的な事情などを理由に返還していないという。  依頼人は一審で実刑判決を受けた後、被害者との間で示談がまとまり、二審の執行猶予付き有罪判決が確定している。  深見弁護士は08年1月にも、顧客に過大な経費を請求し、精算しなかったなどとして、同会から業務停止1カ月の懲戒処分を受けたことがある。  細井土夫愛知県弁護士会会長の話 弁護士に対する社会的信用を傷つけるもので残念。今後も会員に対する適切な指導監督をしていく。(2010/03/06-18:38)

Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 弁護士

万引の誤認逮捕相次ぐ 「目撃証言」過大評価、裏付け怠る (1/2ページ) - MSN産経ニュース

万引の誤認逮捕相次ぐ 「目撃証言」過大評価、裏付け怠る (1/2ページ) - MSN産経ニュース
 東京都足立区のスーパーで昨年12月に発生した万引事件で、警視庁西新井署は40代の女性を誤認逮捕した。同署は逮捕後約1カ月間の捜査を経てようやく「誤認」を認めたが、目撃証言を過大評価するあまり、現場に真犯人が残していた自転車の捜査を尽くさないなどの初動捜査のミスが、背景にはあった。全国で相次ぐ万引の誤認逮捕。捜査の現場で何が起きているのか。

 ■目撃証言うのみ

 足立区の事件は同月20日午後7時20分ごろ、東武伊勢崎線西新井駅前のスーパーで起きた。女が手提げバッグにコードレスアイロンなど計15点(約3万円相当)を入れて店外に持ち出す姿を警備員が目撃。駐輪場の自転車に乗ろうとした女に警備員が声をかけると、女は自転車と、被害品が入ったバッグを残して逃走した。

 警視庁によると、西新井署員が警備員に事情を聴いたところ、以前スーパーを訪れたことがあり、顔を認識していた都内の40代の女性が犯人であると警備員が名指し。同署は店の防犯カメラの映像で警備員に確認を求めたが、「間違いない」と繰り返した。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察