-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年03月06日

富山県警警部補を近く釈放 「逃亡の恐れない」 - MSN産経ニュース

富山県警警部補を近く釈放 「逃亡の恐れない」 - MSN産経ニュース
2010.3.5 21:17

 女子高生につきまとったとして軽犯罪法違反の疑いで現行犯逮捕された富山県警公安課警部補坂越正明容疑者(42)について、石川県警は「容疑を認めており、身元も明らかで逃亡の恐れはない」などとして任意捜査に切り替え、近く釈放することが5日、石川県警への取材で分かった。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 警察

「別れさせ屋」、探偵業法に基づき指導へ - Infoseek ニュース

「別れさせ屋」、探偵業法に基づき指導へ - Infoseek ニュース
違法性が高いとされながら法規制がない「別れさせ屋」について、30都府県の警察が「探偵業法」で規制可能と判断していることが、読売新聞の調査でわかった。

 別れさせ屋を巡っては刑事事件に発展するケースが相次いでおり、全国の警察に先駆けて警視庁は近く、都内の探偵業者に悪質な〈別れさせ行為〉をしないよう同法に基づき一斉指導する方針だ。

 別れさせ屋は、素性を偽って夫婦など男女の一方と恋愛関係を結んで離別工作を行う。大半は探偵業者が手がけているとされ、費用は一般の調査業務の10倍以上の200万円前後という。

 こうした行為自体は、同法が定める「身辺調査と依頼人への報告」という探偵業務に当たらず、探偵業者が手がけても規制対象にはならない。しかし、業界関係者によると、工作に際して対象者や相手方の身辺調査は不可欠で、依頼者に報告して口裏合わせなどの協力を求めるという。

 読売新聞が2月、全国の警察に取材したところ、工作過程で対象者の身辺調査などが確認された場合、大阪、愛知など30都府県の警察が同法の適用対象に「あたる」または「あたる可能性がある」と回答。そのうえで、違反があれば摘発する考えを示した。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

押尾学被告:「すべて見たい」 公判前手続き出席へ - 毎日jp(毎日新聞)

押尾学被告:「すべて見たい」 公判前手続き出席へ - 毎日jp(毎日新聞)
 昨年8月、合成麻薬MDMAを一緒にのんだ飲食店従業員田中香織さん=当時(30)=が死亡した事件で、保護責任者遺棄致死罪などに問われ裁判員裁判となる元俳優押尾学被告(31)の公判前整理手続き第1回協議(非公開)が5日、東京地裁(山口裕之裁判長)であり、押尾被告も出席した。

 押尾被告は弁護人に「すべての手続きを見たい」と話し、次回協議以降も出席する意向という。


 被告人本人も出席できるとは、意外でした。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事裁判