-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年03月03日

生活保護5千世帯超え 石川県内、45年前の水準

北國新聞ホームページ - ホッとニュース
 長引く景気低迷を背景に、石川県内で生活保護を受給する世帯が増え続けている。今年 1月末の受給世帯数は5061世帯に上り、45年ぶりに5千世帯を超えた。各市や県の 福祉事務所では保護世帯を支援するケースワーカーが不足し、1人当たりの担当世帯数が 国基準の80世帯を上回る市もある。自治体も厳しい財政状況で増員は難しく、セーフテ ィーネットの足元が県内でも揺らぎ始めている。  生活保護申請は景気後退が鮮明となった一昨年秋以降、増加が著しく、1月末現在で前 年同期と比べると、475人増えている。  これに伴い、ケースワーカー不足が深刻化している。社会福祉法ではケースワーカー1 人当たりの担当世帯数は80世帯と定められているが、県内の2市と1福祉センターで現 在、基準を上回る。県内平均は78世帯となる。  生活保護世帯数が県内最多の2759世帯を数える金沢市。ケースワーカーは08年度 に26人、09年度に27人と年々増やしているが、受給者の急増には追いつかず、1人 当たりの担当世帯数は国基準を大幅に上回る102世帯である。


posted by hirono at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

■金沢弁護士会所属会員に対する業務妨害に関する声明

金沢弁護士会 弁護士会からの意見表明
 本日、金沢弁護士会に所属する弁護士が、その法律事務所において、男に刃物で腹部を刺されて傷害を負う事件が発生した。容疑者は直ちに逮捕されたとのことである。  「民事事件に関して恨みがあった」と容疑者が供述しているとの報道もあり、これが事実であるとすると、弁護士業務に関連して、凶悪な犯行に至ったということである。我々は、このように弁護士の業務を暴力で妨害し、弁護士に傷害を負わせるという本件犯行について、強く糾弾するものである。 弁護士は、訴訟手続や交渉を通じ、法に基づき社会の紛争を解決することを職責としており、弁護士活動の安全が何よりも確保されなければならない。 暴力による弁護士業務の妨害は、基本的人権を擁護し社会正義を実現することを使命とする弁護士制度に対する不当な攻撃であり、司法制度や法秩序に対する重大な挑戦であって、決して許すことはできない暴挙である。 当会は、弁護士業務への妨害に対する対策を強化するとともに、卑劣な妨害行為に決してひるむことなく、弁護士の使命を貫徹し、法の支配を実現するため邁進する決意であることをここに表明する。                    平成21年4月16日                      金沢弁護士会                        会長 北川 忠夫             
 前にも、ブログのエントリで取り上げているかもしれません。

posted by hirono at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 弁護士

asahi.com: 金沢弁護士会へ郵送で脅迫状-マイタウン石川

asahi.com:金沢弁護士会へ郵送で脅迫状-マイタウン石川
2010年03月03日

◆県警が警戒◆

 金沢弁護士会(金沢市大手町、北川忠夫会長)に、弁護士に危害を加えるとの内容の脅迫状が届いていたことが2日、わかった。同会から相談を受けた県警は同日、弁護士会館前で警戒にあたった。

 同会役員によると、脅迫状は1日に事務局に郵送で届いた。内容などから、送り主は同会所属の弁護士が担当していた刑事事件の被告人の可能性が高いとみられ、要求に応じないと弁護士や同会職員に危害を加えるなどの内容が書かれていたという。


 昨日(3月2日)のお昼のNHKニュースで知りました。

posted by hirono at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 弁護士