-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年03月26日

文字列(単語)を指定してカーソルを移動する関数

(defun h-jump-search-word (word &optional n)
  "次の指定単語に移動"
  (interactive "sWord:\nP")
  (re-search-forward word nil t n) (goto-char (match-beginning 0)))

 一応、前置引数(ESC 数値、もしくはC-u 数値で指定)で、マッチする回数を指定できるようにしました。移動系はviより便利とは思えず、不便を感じるので作ってみました。
 正直、Emacsのコマンド操作で多用するCtrl+xとかESC+xを打つのも苦痛なので、viを使うことが多かったのですが、Emacsもviとは異なる利便性が高いので、これで不便なところをある程度カバーできそうです。個人的に、移動系の操作はviに、入力系はEmacsに軍配があがると考えています。viはコマンド操作と入力にESCでの切り替えが伴うので、どうしても不便を感じることがあります。

 ちなみにコマンドはCapsLock :に割り当てました。CapsLockを押し、少し間をおいて:を押す必要がありますが、Ctrlとの組み合わせよりは使いやすく、割り当てキーの衝突も深く考えないですみます。また、同じようなことがviだとコマンドモードで、/と打つだけで同じことができ、さらにnで、該当箇所を移動することができます。Emacsだとデフォルトの前方検索はCtrl+sになります。

 いくつかあるEmacsのviモードを使うという手もありますが、ほかに問題の起こることも少なくないので久しく使っていません。以前はF12キーに、トグルを割り当て切り替えて使っていたこともありました。




Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Emacs-Lisp

Fragments of Reality - ElScreen

Fragments of Reality - ElScreen

Emacsは環境としてさまざまな用途に使えるため、 ひとつのEmacsで複数の仕事を同時に行うことがよくあります。 予定表を確認しながらWanderlustMewで複数のメールを書いたり、 irchatで打ち合わせをしながらコードを書いたり、といった場合です。

このような使い方をしていると、しばしば 「『今の状態(*)』を保存したまま別のバッファに移りたいなぁ」 という状況に出会うことでしょう。 (*)は、ウィンドウの分割のされ方やそれぞれのウィンドウに割り当てられるバッファなどの設定のことで、正確には window-configuration といいます。

あまり知られていませんが、 Emacsには window-configuration-to-register / jump-to-register という関数が用意されていて、 window-configuration を保存したり復元することができます。 しかしこれらのインターフェイスは原始的なもので、 とても使いやすいものとは言えません。

ElScreenは window-configuration-to-register / jump-to-register と同様のことを、 GNU Screenのようなより洗練されたインターフェイスで提供することを目的としたものです。 例えば、ElScreenを使えばC-z C-aという非常に短いシーケンスで以下のふたつのスクリーン(window-configuration)を切り替えることができます。

  Fedora8の方ではだいぶん前にインストールしていたのですが、Ubuntu9.10の方ではインストールしていないことに気がつき、インストールしました。しばらくEmacs自体使い込んでいなかったのですが、タブ操作が手軽に使えてかなり便利です。Emacs23で使っています。

 パスの通ったところにファイルを起き、設定はこれだけで使えています。
;; elscreen
(setq elscreen-prefix-key "\C-o")
(load  "elscreen" "ElScreen" t)





Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Emacs

2010年03月25日

「振り込め詐欺「キング」に懲役20年 東京地裁」:イザ!

「振り込め詐欺「キング」に懲役20年 東京地裁」:イザ!
振り込め詐欺で計約1億4600万円をだまし取ったなどとして組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)などの罪に問われた、グループ内で「キング」と呼ばれた元リーダー、戸田雅樹被告(31)の判決公判が24日、東京地裁で開かれた。菱田泰信裁判長は「振り込め詐欺集団を主宰し主導的で重要な役割を果たした責任は極めて重大」として懲役20年(求刑懲役23年)を言い渡した。


posted by hirono at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事裁判

「無罪教諭のわいせつ行為、2審も認定し賠償額増額」:イザ!

「無罪教諭のわいせつ行為、2審も認定し賠償額増額」:イザ!
担任だった教諭(50)=依願退職=にわいせつ行為をされたとして、千葉県浦安市の市立小学校に通っていた知的障害のある女性(18)と両親が、元教諭と県、市に計約2000万円の賠償を求めた訴訟の判決が24日、東京高裁であった。一宮なほみ裁判長は、県と市に60万円の支払いを命じた1審千葉地裁判決を変更、賠償額を330万円に増額した。


記事本文の続き 元教諭は強制わいせつ罪で起訴されたが無罪判決が確定している。民事では1審に続き刑事裁判と食い違う結論となった。


posted by hirono at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法

「セクハラで弘前大准教授を停職12カ月 女子学生の体触る」:イザ!

「セクハラで弘前大准教授を停職12カ月 女子学生の体触る」:イザ!
 弘前大(青森県弘前市)は25日、女子学生の体を触るなどのセクハラ行為があったとして、30代の男性准教授を同日付で停職12カ月の懲戒処分とした。准教授は全面的に否定しているという。

 弘前大によると、准教授は平成21年8月、学会の出張に同行した女子学生に、宿泊先などで複数回、体を触ったり性的な関係を求めたりした。


posted by hirono at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

「名古屋の弁護士が脱税容疑5千万円 交渉相手から謝礼とり起訴」:イザ!

「名古屋の弁護士が脱税容疑5千万円 交渉相手から謝礼とり起訴」:イザ!
 愛知県内の不動産契約をめぐり依頼人の交渉相手から謝礼を受け取ったとして、弁護士法違反罪で起訴された鈴木順二被告(62)=名古屋市瑞穂区=が、弁護士として得た所得の一部を申告せず約5千万円を脱税したとして、所得税法違反容疑で名古屋国税局が名古屋地検に告発していたことが25日、分かった。


posted by hirono at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 弁護士

弁護人は記者会見で「メモが供述調書の評価にどういう意味があるか考えていない」と批判した。

取り調べメモ「すべて廃棄」=厚労省元局長公判で検事ら−大阪地裁(時事通信) - Yahoo!ニュース
 林谷検事は、メモの廃棄は個人の判断とした上で、「供述調書と同じ内容が多く、プライバシーにかかわる情報が書かれている」と理由を説明。メモが証拠開示の対象になることについては、廃棄したときに知っていたと認めた。
 村木被告の部下の元係長上村勉被告(40)を担当した国井弘樹検事(35)も証人尋問で「メモは起訴の翌日にシュレッダーにかけた。取り調べの経過の参考になるものではない」と述べた。
 公判では、上村被告や上司らが相次いで、村木被告の関与を認めた捜査段階の供述内容を否定している。弁護人は記者会見で「メモが供述調書の評価にどういう意味があるか考えていない」と批判した。


posted by hirono at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察

検事ハ法憲及人民ノ権利ヲ保護シ良ヲ扶ケ悪ヲ除キ裁判ノ当否ヲ監スルノ職トス」

【山河有情】前検事総長・但木敬一 主権在民下での検察 - MSN産経ニュース
 制定された治罪法は完成度が高く面白みに欠けるが、律令制度とフランス法をまぜこぜにした明治5年制定の「司法職務定制」は気持ちが表に出ていて興味深い。「検事ハ法憲及人民ノ権利ヲ保護シ良ヲ扶ケ悪ヲ除キ裁判ノ当否ヲ監スルノ職トス」「検事ハ衆ノ為メニ悪ヲ除クヲ以テ務トス」。140年近く経ても、検事の基本的使命に変わりがあるはずがない。また検事の職務の内容と限界も明らかにし、公訴権を付与すると同時に裁判の判断に介入することを禁じている。

 私が感心させられたのは、「孤弱婦女ノ訟ニ於テハ殊ニ保護注意シ貧富貴賤平当ノ権利ヲ得枉屈(おうくつ)無ラシム」というくだりである。検事は、弱者が枉屈する(道理を曲げて屈服する)ことのないよう配慮しながら、貧富貴賤にかかわりなく万民平等の権利が実現されるよう職責を果たさなければならない。明治維新後間もない時期に、これを検事の職務とした熱い思いを忘れてはなるまい。

 以後140年近く検察はよくその期待に応えてきたであろうか。検事は、国家の刑罰権の発動を求める行政官であるとともに、法と証拠と良心にのみ拘束されて職務を遂行する司法に属する官吏でもある。準司法官と呼ばれ、個々の事件の捜査や処理だけでなく、種々の分野でその独立性を尊重されてきた。

 主権在民の今日、なおその独立性が認められるかどうかは、検察が平等公正を貫き、国民から信を受け続けられるかどうかにかかっているといえよう。(ただき けいいち)


posted by hirono at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察

[Emacs-Lisp]リージョン内のダブルクォーテーションをすべてエスケープ

Emacs-Lisp関数
(defun h-Double-quotation-escape-region (start end)
  "リージョン内のダブルクォーテーションをすべてエスケープ"
  (interactive "r")
  (save-excursion
    (save-restriction
      (narrow-to-region start end)
      (goto-char (point-min))
      (while (search-forward "\"" nil t)
        (replace-match "\\\\\"")))))

適用前
<title>js test</title>
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css" />
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript" />

適用後
<title>js test</title>
<meta http-equiv=\"Content-Style-Type\" content=\"text/css\" />
<meta http-equiv=\"Content-Script-Type\" content=\"text/javascript\" />




posted by hirono at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Emacs

インデントの操作

GNU Emacs Manual - Multi-line Indent
C-M-q
リスト内のすべての行の字下げをやり直します(indent-sexp).
C-u TAB
最初の行の字下げが正しくなるように,リスト全体を同時に横方向に動かします.
C-M-\
リージョン内のすべての行の字下げをやり直します(indent-region).


posted by hirono at 03:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Emacs

動的略語展開用ファイルの読み込み

Meadow/Emacs memo: テキストの補完入力 — abbrev ,定型句
;;動的略語展開単語用ファイル 2010年3月25日
(setq filename-for-abbrev '("~/.abbrev_word.txt" "~/.abbrev_data.txt"))

;;(defun find-file-for-abbrev ()
(progn
  (let ((list filename-for-abbrev) filename buf cbuf)
    (setq cbuf (current-buffer))
    (while list
      (setq filename (car list))
      (setq list (cdr list))
      (if (get-buffer filename)
          ()
        (progn
          (setq buf (find-file-noselect filename))
          (set-buffer buf)
          (rename-buffer
           (concat " *" (file-name-nondirectory filename) "*") t))))
    (set-buffer cbuf)))


 実行は、スペースキーの右にある「変換」キーに割り当てています。
(global-set-key [(henkan)] 'dabbrev-expand)



posted by hirono at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Emacs

2010年03月24日

prototype.js の開発者向けメモ-バージョン 1.5.0 対応

prototype.js v1.5.0 の使い方
prototype.js は Sam Stephenson によって書かれた JavaScript ライブラリです。 この熟考の上記述された標準に準拠したコードは、Web 2.0 において特徴となるリッチでインタラクティブなウェブページを制作する際の重荷を、あなたの肩から取り去ってくれるでしょう。

もしこのライブラリを使ったことがあるなら、充実したドキュメントがこのライブラリの売りではないことに気がついたはずです。 私は他の開発者と同様に、ソースコードを読み、試行錯誤しながら prototype.js を理解しました。 自分が学んでいる間にメモを取り、それを他の人たちと共有することは価値があるのでは、と考えたのです。

加えて、このライブラリによって提供されているオブジェクト、クラス、関数、拡張機能についての 非公式リファレンス も提供しています。

ここで提供する例とリファレンスを読んでいると、プログラミング言語 Ruby に詳しい開発者は Ruby のビルトインクラスと、このライブラリが実装している拡張が非常に似ていることに気がつくかもしれません。


posted by hirono at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | prototype.js

Mozilla Japan - Firefox アドオン - goo 辞書

Mozilla Japan - Firefox アドオン - goo 辞書
goo辞書で検索した語句の履歴が表示され簡単にアクセスできます。履歴は英和、和英、国語の辞書別に表示。検索回数の多い上位10件が「よくひかれる項目」として表示されます。
またページ上の文字を選択して右クリックから辞書を利用できます。


posted by hirono at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

え゛、判検交流って法的根拠も書面による確認もないままに行われていたのか…唖然 - 情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)

え゛、判検交流って法的根拠も書面による確認もないままに行われていたのか…唖然 - 情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)
●判検交流については、最高裁から法務省に出向している裁判官は、平成21年度で29人もいる。判検交流は昭和20年、30年代というのは非常に少なく、検察からの出向も合わせて、1人、2人だったが、30年代、40年代に、だんだんふえ、40年代の後半に2けたになり、ついには、50人を超えるまでに至った。その理由は、中島政希議員によると、40年代後半になって、国を相手にした訴訟がふえ、民事に強い検事がいないので裁判官から補充するためだったという。

●判検交流については法的根拠、書面による合意はないらしい。この点、中島議員も指摘しているが、戦前は、司法省の中に裁判所もあり検事局もあったが、戦後、憲法ができて、司法権と行政権と分かれて、三権分立になった。戦前のように、知らない間に判検交流が何十人もふえていって、判事と検事が行ったり来たりしている状況なのに、法務省と最高裁で話し合った文書とか、あるいは最高裁の中で裁判官会議で決めたとか、何もないのだという。

【ヤメ蚊】判検交流が法的根拠のみならず、文書によるルールすらないまま行われていることについては、まったく、知らなかった。国が訴えられた時に、検察官では民事に台頭できないからというのなら、補充は弁護士からなすべきだろう。事件単位で依頼すれば済む話ではないのだろうか。裁判官が国側の代理人として出てくれば、同僚の裁判官はどうしても人情から国側に有利な判決を下してしまいがちとなるのは避けられない。
 中島議員も、この後、【行き来するについて口約束ですか。法務省の方から、国を相手にする訴訟が多くなって民事がわかる人がいないからちょっと検察に人を出してくれよと裁判所に頼んで、はいそうですかと、こうやって裁判所がこたえたのか。こんな口約束で三権のうちの二権の人のやりとりをやっていていいものなんですかね。私は、これは法治国家として、また憲法の建前からいって、まことにおかしな話だなと思いますね。】と痛烈な批判を加えた。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法

google中国の検閲に協力拒否: Matimulog

google中国の検閲に協力拒否: Matimulog
勇気ある会社だ。私的検閲官となることを拒み、10億の巨大市場を事実上諦めるとは。


Powered by ScribeFire.

autocomplpop.vimのON/OFFをトグルする

autocomplpop.vimのON/OFFをトグルする - くふんとなく(旧)
inoremap ,t \ (exists('#AutoComplPopGlobalAutoCommand#InsertEnter')) ? "\:AutoComplPopDisable\" : "\:AutoComplPopEnable\"

 オンの状態だと、gvimで日本語の入力ができません。しかし自分の環境の場合、この方法だとvimでは動作するものの、gvimではだめでした。
 もう一つ紹介されている、
inoremap ,s <ESC>:AutoComplPopDisable<CR>a
inoremap ,q <ESC>:AutoComplPopEnable<CR>a
nnoremap ,s :AutoComplPopDisable<CR>
nnoremap ,q :AutoComplPopEnable<CR>
だとgvimでも動作しました。





Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Vim

[git]push.default オプション

git push の警告 - metalglue
リポジトリとブランチを指定しない git push は危険なので,次のメジャーリリースでは引数なしの動作が config されていない場合は拒否されるようになる.その予告として 1.6.3 から上記の長い警告が出るようになった.

回避するには push.default オプションを明示的に指定すればよい.

$ git config push.default matching


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | UNIX/Linux

いかにも、親方日の丸でお気楽な公務員がやっている、いい加減な仕事、という印象

2010-03-24 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」
いかにも、親方日の丸でお気楽な公務員がやっている、いい加減な仕事、という印象を受けますね。自分さえお気楽な公務員生活を送ることができれば良く、子供の夢とか希望といったことなどには無頓着だったのでしょう。

子供の夢は踏みにじっても、金に対しては貪欲であることは、かねてより

不正損害8億解消せず 県議会代表質問

http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/politics_economy_kiji.php?i=nesp1267148752

等で報じられていて、こいつらは何をやっているんだ、と率直に怒りを感じます。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

サービスの質を低下させる危険を伴っていることを見据えることができない俗流経済学というのは、百害あって一理のない学問分野

la_causette
 池田信夫さんは、「弁護士が多いほど競争によってサービスの質も上がる。」と述べています。

 いかにも俗流経済学者が言いそうな話ですが、実は実証された話ではありません。また、論理的にいっても、「弁護士の仕事は依頼者との情報格差が大きいため、依頼者が仕事を評価することは困難」である以上、サービスの質を高めることは競争に勝ち残るためのポイントとはならないからです。

 そして、競争を必要以上に厳しくすることで、その職業に就くことのコストパフォーマンスを悪化させると、新規にその分野に参入する人材の質は通常悪化します。特に、その分野に参入するためには相当長期にわたる職業訓練を受けなければならない職種では、この傾向は高まります。もちろん、「ローリスク・ミドルリターン」から「ハイリスク・ハイリターン」へ転換するにとどまるのであれば、コストパフォーマンスの質が変化するにとどまりますから、山っ気のある秀才が集まってくる可能性があります。ただ、懲罰的損害賠償制度のように一攫千金がもらえる制度を導入すれば「ハイリスク・ハイリターン」への転換を果たすことができると言いうるものの、過払い金返還請求専業事務所による荒稼ぎすら許すことができない我が国の国民性のもとで、製造物責任や不当解雇等に関して懲罰的損害賠償制度を導入できるのだろうかというと、かなり悲観的です。

 昨今の法曹養成制度改革は、法科大学院制度を導入し、さらに修習貸与金を導入することにより、法曹資格を取得するまでのコストを増大させる一方、新規資格取得者の大幅増員により新規資格取得者の賃金水準を引き下げるということで、「ハイリスク・ローリターン」への転換を目指してきました。それがむしろサービスの質を低下させる危険を伴っていることを見据えることができない俗流経済学というのは、百害あって一理のない学問分野だなあとしみじみと考えてしまいます。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 弁護士