-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年02月02日

事件によっては検察庁にとって厳しい事態を招きかねない

2010-02-02 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」
多数の被疑者や参考人を取り調べていると、1件1件についてはっきりと記憶しているのは困難で、そういったメモが残っていないとなかなか記憶喚起ができないものです。

記事にもある通り、供述メモについて、証拠開示の対象になるという判例も出ているので、最近の検察庁では、開示しなくて済むように捨てろ、という方針になってどんどん捨てているのでしょうか。しかし、捨ててしまうと、供述の任意性、信用性を積極的に立証する根拠も失われてしまい、さらに言えば、そういう大事なものを捨ててしまうのは持っているだけの価値がなく、逆に持っているとまずかったからではないかという、マイナスの推定(被告人、弁護人からはプラスの推定)が働きかねず、事件によっては検察庁にとって厳しい事態を招きかねないのではないか、という印象を受けるものがあります。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察

「ノエビア副社長をストーカー容疑で逮捕」:イザ!

「ノエビア副社長をストーカー容疑で逮捕」:イザ!
 以前交際していた女性の夫に繰り返し嫌がらせのメールを送ったとして、兵庫県警生活安全企画課は2日、ストーカー規制法違反や脅迫などの疑いで、大手化粧品メーカー、ノエビアの副社長で、子会社の常盤薬品工業社長、大倉尚容疑者(43)=神戸市東灘区住吉本町=を逮捕した。容疑を認めているという。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件

ATOK X3 for Linuxでキーバインドの変更

/インストール先ディレクトリ/atokx3up2/bin/IIIMF/iiimf-gtk_trunk_r3104-js3_i386.deb

というファイルを探し出して、
dpkg -i iiimf-gtk_trunk_r3104-js3_i386.deb
でインストール。

うまくいかない場合
 これで、iiim-propertiesという起動コマンドが使えるようになるはずですが、今回はライブラリが足らなかったのか、エラーは出なかったもののなぜかコマンドがインストールされていませんでした。

tar zxvf (ATOK X3 for Linuxのパッケージディレクトリ)bin/tarball/IIIMF/iiimf-properties-trunk_r3104-js3.i386.tar.gz

 tarアーカイブを展開すると「usr/bin/iiim-properties」という実行ファイルができているので、このiiim-propertiesをコマンドサーチパスの通ったディレクトリに移動、もしくはコピー。たとえば、
sudo cp usr/bin/iiim-properties /usr/local/bin/
と実行。

 コマンドを実行すると、GUIが起動するので、そこで設定を変更。




Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト