-->
./
<!-- フラ&#65533;ュが見れな&#65533;のためにここに何か書&#65533; --> フラ&#65533;ュがインス&#65533;&#65533;ルされて&#65533;&#65533;たいで&#65533;&#65533;&#65533;

2010年02月16日

イレギュラーな事態に目をつぶることが許されない医師と弁護士の仕事

la_causette: イレギュラーな事態に目をつぶることが許されない医師と弁護士の仕事は経済学者の仕事ほど単純ではない。
 池田さんはどういう人生を歩んだ結果、医師や弁護士の業務が定型的だという認識に至ったのか興味があります。  実際には、医師や弁護士のように個別の案件に一つ一つ対処していかなければならない業務の場合、個々の案件の違いを見抜いてこれに対応させ、また、しばしば生ずるイレギュラーな事態にもその都度適切に対処していかなければなりません。それに、弁護士の場合、様々な手がかりを集めて相手の嘘を見抜いてそれを裁判官等の判断権者にアピールしていかなければいけません。そのような対処を適切に行わなければ、医師の場合は最悪の場合患者が死亡することになりますし、弁護士の場合は本来依頼者が負わなくともよい負担を背負い込まされることになります。この点、モデルを用いた単純な思考で事が足り、不都合な現実には目をつぶることが許される経済学者とは業務の質が異なるのです。  だから、多くの国や社会において、医師と弁護士についてはその質を確保するための工夫が凝らされてきたのです。  もちろん、そのための手法には国や社会、時代によって様々なバリエーションがあります。ただ、従前日本が採用してきた参入規制と報酬の上限規制の組み合わせというのは、そのための手段としては相当安上がりだったことは事実です(参入規制が緩やかな米国だと、弁護士費用のために、あのマイケル・ジャクソンですら財産を使い果たすほどの報酬を弁護士に支払っているわけです。)。
 久しぶりに小倉秀夫弁護士のブログからです。用語の意味がはっきりしなかったので、「イレギュラー」を調べたところ、「不規則、変則的」ということでした。選り好みをする弁護士は多い気がしますが...。それに医師より専門性の対象分野も広いように思われます。

Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 弁護士

2010年02月14日

button_toでボタンの使用とマウスオーバー

CSSの設定
#h_navigation .k_category_view .button { margin-bottom:1px; width:40px; height:19px; color: white; background:url("../images/buttons/k_view-40x19.png") no-repeat; cursor:pointer; }

#h_navigation .k_category_view .button:hover {  
   background-image: url("../images/buttons/select_category.png"); /* マウスオーバー時の画像 */  
  }  


Viewの設定
        <div class="inline">
          <%= button_to "", {:action=>:k_view,:id=>category.id}, {:style=>'border:0px',:class=>'button'} %>
          <b>&nbsp;<%=h category.name %></b>
          &nbsp;(<%=h @count[category.id]%>)
        </div>




 cssファイルで、border:0pxの設定をしてもInternet Explorer 8では、外回りの枠線が消えませんでした。

Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Rails

2010年02月13日

アクションのフルパスURLを生成

config/routes.rbに追記
map.popup '/popup_view', :controller => 'popup_view', :action => 'highslide'

Viewファイルに記入
<% action_path = "http://" + request.env['SERVER_NAME'] + popup_path + '/highslide'%>

使用例:



Powered by ScribeFire.



posted by hirono at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Rails

2010年02月12日

「検察側が菅家さんに無罪求刑、そして謝罪 足利再審」:イザ!

「検察側が菅家さんに無罪求刑、そして謝罪 足利再審」:イザ!
論告を読み上げた検察官は「論告は以上ですが、一言ご容赦いただけますか」と裁判所に発言許可を求め、立ち上がったまま、「真犯人ではない菅家さんを起訴し、17年あまりの長期間、服役を余儀なくさせ、取り返しのつかない事態になりましたことを、誠に申し訳なく思っております」と謝罪の言葉を述べ、頭を下げた。検察官席に座ったほかの検事2人も、同時に頭を下げた。

 その上で、「検察としてはこのようなことを2度と繰り返さないよう、捜査して参る所存です」と、冤罪(えんざい)を繰り返さない決意を述べた。

 菅家さんは想定外の謝罪にも表情を変えることなく、検察官の謝罪を聞いていた。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事裁判

2010年02月11日

「殺人未遂に懲役5年6月 石川県初の裁判員裁判」:イザ!

「殺人未遂に懲役5年6月 石川県初の裁判員裁判」:イザ!
 勤め先の経営者を刺し殺そうとしたとして、殺人未遂などの罪に問われた元飲食店従業員、加島正人被告(35)に金沢地裁は10日、懲役5年6月(求刑懲役10年)の判決を言い渡した。石川県初の裁判員裁判で、起訴内容に争いはなく、量刑などが争点だった。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員制度

診断書と被害届を出すように説得したという

「宮城3人殺傷 美沙さんは今月初旬に暴行されけが」:イザ!
 捜査本部によると、元交際相手の少年は友人の無職少年(17)=同=と共謀し、10日朝、南部さん宅から車で沙耶さんを連れ去り、監禁した疑いがもたれている。元交際相手の少年が沙耶さんをめぐるトラブルから美沙さんら3人を殺傷したとみて、殺人容疑でも調べている。逮捕容疑について、元交際相手の少年は「おれは関係ない」と否認しているという。  沙耶さんらは少年の暴力を同署に計12回にわたって相談する一方、「よりが戻った」とも連絡。同署は少年に2回、沙耶さんに近づかないよう警告した。9日夜に姉の美沙さんの通報で駆けつけた署員が、沙耶さんの手足に暴行の跡を発見、診断書と被害届を出すように説得したという。  また、刃物で刺され死亡した大森実可子さん(18)と重傷を負った男性(20)は、美沙さんらに頼まれて南部さん宅に泊まり、事件に巻き込まれた可能性が高いことが分かった。近所の女性は「家族が女性ばかりだから、男性らに助けを求めたようだ」と話した。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件

民主国家にふさわしい検察制度にしていかなければならない

「「検察の暴走、別件逮捕だ」 民主・福田氏が石川被告捜査を批判」:イザ!
 民主党の福田昭夫衆院議員(栃木2区)は11日、栃木県日光市内で開いた自身の政治資金パーティーで、政治資金規正法違反の罪で起訴された石川知裕衆院議員に対する東京地検特捜部の捜査について、「明らかに検察の暴走だ。別件逮捕だ。あくまでも逮捕をして、自白を強要させる、そういう取り調べはもうやめるべきだ」と述べ、検察批判を展開した。 関連記事 * 民主衆院2期生が石川容疑者逮捕を批判… * 民主の「ファシズム」 顕在化の恐怖 記事本文の続き その上で「民主国家にふさわしい検察制度にしていかなければならない。私はそういう思いで石川君の支援をしていこうと考えている」として、取り調べの全過程を録音・録画する刑事訴訟法改正案(可視化法案)の必要性を訴えた。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察

2010年02月10日

主張の分かりやすさ、検察8割・弁護側5割 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

主張の分かりやすさ、検察8割・弁護側5割 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
裁判員裁判での弁護側の主張や立証が分かりにくいと感じた裁判員経験者の割合が、検察側の主張などを分かりにくいとした人の9倍に上ったことが、最高裁が9日に公表したアンケート結果でわかった。  アンケートには、昨年11月末までに判決が出た77件の裁判で裁判員を経験した442人が回答。「法廷での説明などの分かりやすさ」を尋ねたところ、検察側の主張や立証を「分かりにくかった」とした人は5人(1・1%)だったのに対し、弁護側は44人(10・0%)に上った。  一方、81・9%が検察側の主張や立証を「分かりやすかった」と回答。弁護側は52・3%にとどまった。  10月末までの45件を対象とした調査では、弁護側を「分かりにくい」とした人は5・4%で、その後、大幅に増えた格好だ。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判員制度

2010年02月09日

Title: PDF作成関数のエラー修正



Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Emacs

2010年02月08日

強力な無料のデフラグ・ツール「UltimateDefrag」 - 注目のフリーソフト/シェアウエア:ITpro

強力な無料のデフラグ・ツール「UltimateDefrag」 - 注目のフリーソフト/シェアウエア:ITpro
■「UltimateDefrag」はフリーソフトながら,高機能なディスク・デフラグ・ツールである。デフラグ機能に加え,よく使うファイルをハードディスクの高速なエリアに配置するなどの機能も併せ持っている。
■最初は派手なユーザー・インタフェースに驚かされるが,ディスク上の状態をわかりやすく把握しながら操作できる。ビギナーズからパワーユーザーまでにお薦めのツールである。


posted by hirono at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト

2010年02月07日

死刑制度容認85・6% 「廃止」大幅に上回る

「死刑制度容認85・6% 「廃止」大幅に上回る」:イザ!
2010/02/06 17:59
 死刑について、「場合によってはやむを得ない」と容認する声が85%を超え、否定的な意見を大幅に上回っていることが6日、内閣府の発表した「基本的法制度に関する世論調査」で分かった。また、政府の法制審議会で「廃止」が検討されている殺人などの公訴時効についても初めて調査され、54・9%が「短い」と回答。結果について、法務省は「死刑は肯定的に受け止められ、時効制度見直しも求められている」と説明している。

 死刑制度について、「場合によってはやむを得ない」と肯定する回答が85・6%で、「どんな場合でも廃止すべきだ」の5・7%を大幅に上回った。 平成16年の前回調査で肯定したのは81・4%で、約4ポイント増。死刑についての世論調査は昭和31年から9回目で、質問はやや異なるものの、死刑容認 派は今回が過去最多だった。

 死刑容認の理由(複数回答)では、「被害者や家族の気持ちが収まらない」「凶悪犯罪は命をもって償うべきだ」 「廃止すれば犯罪が増える」が多かった。廃止の理由(同)では「生かして償いをさせた方がよい」「裁判に誤りがあったとき、取り返しがつかない」との回答 が目立った。




Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

2010年02月02日

事件によっては検察庁にとって厳しい事態を招きかねない

2010-02-02 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」
多数の被疑者や参考人を取り調べていると、1件1件についてはっきりと記憶しているのは困難で、そういったメモが残っていないとなかなか記憶喚起ができないものです。

記事にもある通り、供述メモについて、証拠開示の対象になるという判例も出ているので、最近の検察庁では、開示しなくて済むように捨てろ、という方針になってどんどん捨てているのでしょうか。しかし、捨ててしまうと、供述の任意性、信用性を積極的に立証する根拠も失われてしまい、さらに言えば、そういう大事なものを捨ててしまうのは持っているだけの価値がなく、逆に持っているとまずかったからではないかという、マイナスの推定(被告人、弁護人からはプラスの推定)が働きかねず、事件によっては検察庁にとって厳しい事態を招きかねないのではないか、という印象を受けるものがあります。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 検察

「ノエビア副社長をストーカー容疑で逮捕」:イザ!

「ノエビア副社長をストーカー容疑で逮捕」:イザ!
 以前交際していた女性の夫に繰り返し嫌がらせのメールを送ったとして、兵庫県警生活安全企画課は2日、ストーカー規制法違反や脅迫などの疑いで、大手化粧品メーカー、ノエビアの副社長で、子会社の常盤薬品工業社長、大倉尚容疑者(43)=神戸市東灘区住吉本町=を逮捕した。容疑を認めているという。


Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件

ATOK X3 for Linuxでキーバインドの変更

/インストール先ディレクトリ/atokx3up2/bin/IIIMF/iiimf-gtk_trunk_r3104-js3_i386.deb

というファイルを探し出して、
dpkg -i iiimf-gtk_trunk_r3104-js3_i386.deb
でインストール。

うまくいかない場合
 これで、iiim-propertiesという起動コマンドが使えるようになるはずですが、今回はライブラリが足らなかったのか、エラーは出なかったもののなぜかコマンドがインストールされていませんでした。

tar zxvf (ATOK X3 for Linuxのパッケージディレクトリ)bin/tarball/IIIMF/iiimf-properties-trunk_r3104-js3.i386.tar.gz

 tarアーカイブを展開すると「usr/bin/iiim-properties」という実行ファイルができているので、このiiim-propertiesをコマンドサーチパスの通ったディレクトリに移動、もしくはコピー。たとえば、
sudo cp usr/bin/iiim-properties /usr/local/bin/
と実行。

 コマンドを実行すると、GUIが起動するので、そこで設定を変更。




Powered by ScribeFire.

posted by hirono at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフト